Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.21 Monday

三浦雄一郎さんは凄い

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京 1:00 p.m 快晴 10℃


三浦雄一郎さん、無念の下山

86歳の年齢を考えると、残念ではあるけど
失敗なんて口が裂けても言えない
アコンカグアは標高6961M
この2日間、6千M地点に留まっていただけでも凄いことだ
惜しみない拍手を贈りたい


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html 



↑ ここのところ急激に体重が増加したようで、こうして膝の上で寝られると足がシビれてくる

 


2019.01.21 Monday

ショスタコーヴィッチを聴く

JUGEMテーマ:戦争・紛争



↑ ショスタコーヴィッチ作曲 交響曲2番 op.14「October」

ショスタコーヴィッチを最初に聴いたのはこの2番だったから
​どうしても「聴くんなら2番からだよ」ということになる。
5番から聴いていたら「やっぱ5番でしょ」
と言っていたかもしれない
演奏はアズサ・パシフィック大学オーケストラとあるが
どこの国か知らないが、まぁいわゆる音大だな
確かに若い音ではある
OB&OGも混じっているようだけど

ショスタコーヴィッチはソヴィエトの作曲家で
2つの世界大戦の頃に最も活躍した人
15もの交響曲を書いてマーラー以降最も偉大な20世紀の作曲家
・・・と言われている。
時期が時期だっただけに、ソヴィエト政府御用達作家
の汚名を着せられたこともあったようだ。
ちょうどワグナーがドイツ民族を鼓舞したのと同じように

2番は10月革命を祝う曲として政府から依頼されて作った
・・・ということになっている。
確かに曲の構成は混沌から始まり徐々に協調へと向かっていく
だが、漠然とした不安感のようなものがこの曲の根底にずっとある
(書かれたのは第一次大戦終了の9年後、第二次大戦が始まる12年前だ)
だから政府の依頼をクリアしつつ
体制批判をこっそり盛り込んでいたんじゃないかなぁ
聴いていると、そんな気がするんだけど

シェーンベルクの影響をバッチリ受けているのも判るな
それにしても・・・マーラー以降に作られた交響曲って
演っている人はあんまし楽しくないんぢゃないかなぁ・・・
指揮者は面白そうだけど
それはつまりバッハやモーツァルト(あるいはブラームス)のように
パートの主従関係が演っている人にも解るのと違って
主役を食うようなカウンターのメロディが脈絡も無く現れたり
12音技法によってマイナーとメジャーのメロが容赦なく入れ替わるからさ

自分の役割を追求したら「なんだ、随分つまんない役どころだな」

と憤慨するプレーヤーもいそうだ

時計を見ると午前2時半
イドを覗き込む時間にビールをちびちび飲みながら
ショスタコーヴィッチの魂の音楽はまだ続いている
こーゆーのって人生の喜びではあるんだが・・・
身体には悪いな

 


2019.01.20 Sunday

受験生、お疲れさん

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 正午の東京 晴れ ポカポカ陽気ってほどぢゃないけど・・・

ダイエットひと月と20日目:10キロ減で1.26ライブを迎えそうだ この1週間で体力作り


今年のセンター試験は混乱もなく終わったようぢゃの!

新聞に載っていたテスト問題をちょとやってみた
まぁまぁスラスラ出来るのは英語くらいかのぅ(一応これでも英語科卒)
ワシが大学受験した年は共通一次試験導入の直前だった

文部省(現文科省)のこれまでの教育改革、様々な試験方式の結果、
統計上は日本人の平均学力、知力は低下の一途という。
それはそうかもしれないけれど、現代社会で憂うべきは
学力より職業倫理の著しい低下のほうぢゃないかなぁ



↑ パンジー危うし!




↑愛用のローランド2080が死んだ・・・

ここ10数年、シンセ音源の殆どはプロペラヘッドのソフトを使っているんだが(つまり楽器そのものは無い)
コードで繋いで音を出す楽器の持つ空気感というか、アナログなかんじ(これはデジタルシンセだが)
が必要な楽曲も少なくない
小山卓治の曲にはそういったエレメントが必要不可欠なんだが・・・
一昨日に、このJV2080、とうとう死んでしまった
予兆はあったから「ああ、やっぱりな」ってカンジで驚きはしなかったが
最近のソフトシンセ(パソコンの中だけに存在する)はかなり良いけど
音が硬いっつーか・・・なのでそれをステレオで流した音をマイクで録ったものを使っている
途中で空気が入るとデジタルの音でも血が通ってくるのよね
思い込みかも知れませんが




↑ ウチのみかんを眺めていると「猫もいいな」と思ったりします。 ギターは弾けませんが


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)
チケット残り僅かとなりました

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html
 

2019.01.19 Saturday

ひとつ前の戦争を戦う

JUGEMテーマ:政権与党について


↑ 東京 10:30 a.m 快晴 7℃


将軍達は一つ前の戦争を戦う

・・・は今日の天声人語に載ってた格言
誰に言っているかというと勿論アベ政権
そして原発メーカー(日立、三菱、東芝)と経産省。
此度のイギリス、トルコへの原発輸出大失敗を猛烈に皮肉った言葉だ。

(以下原文より抜粋)
「2000年代、スリーマイルとチェルノブイリの事故の記憶が薄れ
世界で原発ルネッサンスが巻き起こり
日本も官民あげて原発輸出に躍起になった。
東日本大震災の後もあろうことか旗を振り続けた」


福島の実態を目の当たりにして、世界は反原発に大きく動いた。
原発事業に大きく依存しているフランスでさえも縮小に舵を切っている。
当然、安全基準は厳しくなり価格は高騰
事故後の補償の難しさは日本が手本を示した通り
「原発は割に合わない」が世界の新基準になっているのだ

そもそもだよ、故郷を永久に失った人の気持ちを
少しでも考える人間らしい感情があるのなら
あんなものを売り込もうなんて気にはならないと思うんだがなぁ。
「海の向こうで何があっても関係ない」
というのが政府見解(だからアベだよ)のようだ

アベと仲良しの日立会長の中西は経団連のトップでもある。
英国への売り込みによっぽど自信があったんだろう
「外交のアベ」の後ろ盾もあるし、と。
だが、福島第一原発の4号機は日立製
今回売り込んだものは同タイプのものだったと聞く。
んなもん、悦んで買うバカがいるわきゃねーだろ

中西会長は最近「海外で売れなければ国内で」と方向転換
「原発再稼働をどんどん進めるべきだ」
と、とんでもない発言をしている(が、大した騒ぎになっていないのはどーゆーことだ!)
このアホの脳ミソは20世紀以降働いていないようだな。
日立が第二の東芝にならなかったのは大変けっこーなことだが
こんなんが会長やってたら先はないな


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html
 

2019.01.18 Friday

追い込み中

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 2:00p.m 快晴 関東の空っ風が吹き渡る

ダイエットひと月と18日目、ライブまであと8日


高知商を処分!?
https://www.sanspo.com/baseball/news/20190118/hig19011812380001-n1.html

これが問題になるんなら、佐川宣寿と柳瀬唯夫は死刑だな
それにしても高野連といい、JOCといい、スポーツ庁といい
レスリング協会といい、至学館のおばはんといい、
相撲協会といい、鈴木大地といい、馳浩といい
スポーツに関わっている組織はなんでこうも爽やかではないのか!?
そのくせ選手には清貧を押し付けるんだよな


勤労統計不正

一昨年モリカケスパから始まって、去年は裁量労働制に関わるデータの改ざん
今度は勤労統計の不正ときた。
メディアもなにのんびり芸能ニュースなんて垂れ流してんだ!?
政府の出すデータがハナっから信用出来ないことが白日の下に晒されたんだよ
そのウソのデータを元に悪法が審議も尽くさずに次々と制定されてしまった

消えた年金の時と同じくらい騒ぎになると思いきや
随分とまぁ国民も心が広くなったもんだよなぁと呆れている

政権はもともと是正する気などない
その証拠に、どれも解明されていないどころか
関わった連中は1日も勾留されとらんぢゃないか


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)

#oyamatakuji - shirahamahisashi
↑日々是響音元年

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html



2019.01.17 Thursday

R.I.P

JUGEMテーマ:自然と共に生きる



阪神淡路大震災より24年

合掌・・・




↑ いくら減塩とは言え煮干しはネコの健康には良くないとか



小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)
チケットあと僅か

#oyamatakuji - shirahamahisashi
↑日々是響音元年

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html
 


2019.01.16 Wednesday

リハ本格開始

JUGEMテーマ:LIVE


↑ 小山卓治作「ハヤブサよ」の再録中 シンセJV2080がブチ壊れやがった・・・

#oyamatakuji - shirahamahisashi
↑日々是響音元年

おっと・・・それより前に↓

小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)
チケットあと僅か
詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html

1.26 vs 小山卓治の選曲もほぼ終わり
本格的にリハーサル開始
昨年のメニューの3分の2以上は入れ替えたかな
演る前にネタばらしするのはちーと反則か知れませんが・・・

↓こーゆーのも演る予定


↑僕がARBに入った直後にリリースされた「One and only dreams」の収録された

ライブで演った記憶がないし、僕のソロでもやらなかったけど
急に演りたくなった
♪ Life is very short and there is no time to・・・
ってことやね
 

 


2019.01.16 Wednesday

英国、米国どっちも凄まじいな

JUGEMテーマ:経済全般


↑ 東京 11:30 a.m 快晴 今日は暖かいな

ダイエットひと月と16日目:10キロ減 今日からまた小鳥のような食生活を送る


EU離脱協定案否決

圧倒的反対で否決された
離脱派、残留派の両方から否定された格好のメイさん
退陣か!?
民主的な選挙で離脱が決まったのに何騒いでんのか・・・
25年前に戻るだけの話だろう
世界中が私的利益のために右往左往しているのが
なんともみっともない


ホワイトハウス晩餐会
https://news.nifty.com/article/world/worldall/12198-166441/

予算凍結はホワイトハウスの料理人にも及んでいたんだなぁ
毎年行われる大学アメフト優勝チームらを招待しての晩餐会のテーブルには
ピザ、ハンバーガー、フライドポテトの出前ファストフード

トランプさん
「オレのおごりだ。遠慮なく食ってくれい!」
と言ったかどーかは知らないが
トランプさんがジャンクフード好きなのは衆知の事実らしい。
「全てアメリカ産」と自慢されても
選手はさぞかしガッカリしただろう。
彼等の目に映ったのは庶民的大統領、身勝手な暴君
どっちだったんだろう?



↑ これ加工してません


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html

 

▲top