Hisashi Shirahama Official Blog

ここは白浜 久のブログです。
犯罪的書き込み、好ましくない発言は削除されます。
御了承の上、御入室下さい。

<< December 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2014.12.24 Wednesday

Happy Christmas!

JUGEMテーマ:師走を走る


メリークリスマス!

南相馬からシャンパンが届いた

Thank you, Hara-machi Sessions !

出来るならばこの書き殴りブログを我慢強く読んで下さっている方達と

一緒に呑み祝いたいところですが

写真で御勘弁を!

それにしても・・・

事故から4年が過ぎようとしているのに

東京五輪や武器輸出で舞い上がっている場合じゃないだろう

・・といいたくなるがそれ以上に自分の非力さがまことにもって無念である


今日はもう一つプレゼントが届いた

復興Tシャツのモデルをかって出てくれた実咲ちゃんのサイン入りCD

今月発売された彼女のグループPhotographは売れ行き好調だそう

考えてみると僕がバンド始めたのって彼女達の年の頃だったよなぁ・・・

光浩さんなんか15〜6でデビューだからなぁ

人生色々だなぁ・・・

兎に角今夜くらいは世界がまだ終わらないで

テロリスト達も東電も九電も

被害者も加害者も

病に臥せっている人達も

哀しみや苦しみから暫し離れて

Happy Christmas!



2014.12.23 Tuesday

R.I.P. Joe!

JUGEMテーマ:追悼



ジョー・コッカーが亡くなった

初めてジョーを観たのは映画「ウッドストック」

エアギターの元祖とも言えるあのパフォーマンス

だがそれよりもあの圧倒的なパッション、表現力

唄というものがこんなにも痛く心に突き刺さるものなのか

そう感じた瞬間だった

享年70歳

合掌・・・


↑Feelin' alright

この曲はグラファンもカバーしている

ジョーのバージョンもいいなぁ

オリジナルはトラフィックだがウィンウッドではなくデイブ・メイソン作


2014.12.23 Tuesday

革命は終わった

JUGEMテーマ:師走を走る



最近、というかここ2〜3年はジャズとクラシックを交互に聴いて

たまにロックを聴くというリズムが定着してしまった

ウッドストックの熱がまだ冷めない70年代前半は面白かったなぁ

日本ではロックはカウンターカルチャーに分類されていたから

演るほうも聴くほうもそれなりに覚悟が要った

日米安保を巡って日本中の学生が体制に石を投げつけていた時代だ

若者、特にインテリは多かれ少なかれポリティカルである事が

ポリティカリー・コレクトであったわけだ

ところが連合赤軍みたいなのが現れて仲間同士殺し合う状況を見せられると

子供心に芽生えてきていた政治的関心はこの僕でさえ一気に萎え、いつしか消えてしまった

結局革命は失敗し、パトカーをひっくり返していた学生達は

何事も無かったかのように教室に戻っていった

ロックやジャズもまた然り

時代が進むにつれカウンターカルチャーはメインストリームに呑みこまれ

カウンターのカウンター、そのまたカウンターとロックやジャズは

細かく分類化され(ジャズファンク、パンカビリー、オルタナティブ、エトセトラ・・)

いつしか政治色はすっかり消えて無くなり都会的な服装と軽快な音で時代を飾った

フュージョンなんてコマーシャルソングと変わらない只のゴミぢゃないか!

・・と思っていたから70年代後半は本当に聴く音楽が少なかったなぁ

ロックも同様な途を辿ったと言える(これが僕が音楽をやめて官僚を目指した最大の理由だ)

69年に起きたあの化学反応もジム・モリソン、ヘンドリックス、ジャニスの死によって

幾分色褪せ、80年代に入ってからは完全にコマーシャリズムに墜した

グッバイ、レボリューション!

ハロー、ショービジネス!

ってなカンジだ

21世紀になった今はどうだろう?

少なくとも歪んだエレクトリックギターに時代の苦悩やポリティカルな臭いは

皆無

というより表現すべき何かがあって演っているプレーヤーに出会うのは

この時代とても稀なことだ

Good-by, revolution!


↑バド・パウエル「クレオパトラの夢」

バド自身のペンによる曲

意味深なタイトルだけど、聴いているとなんとなく納得してしまう

バドはセロニアス・モンクが逮捕された時

「あんた達は世界一偉大なアーティストに無実の罪を着せようとしているんだぞ」

・・と警官に立ち向かった際に警棒で頭を強打され

以降ずっと後遺症に悩まされ’66年、42歳でこの世を去った

ジャズがまともだった時代の人にしては長生きしたほうかも知れない

バドのアルバムは一枚しか持っていない

「Blues in the closet」

タイトルがカッコいい

ドアーズの「ソウルキッチン」と同じくらいクールだ!


※クールって最近若者が使っている「ヤバい」と同じカンジかなぁ

なら使いたくないなぁ

恋した時も、音楽聴いている時も、電車に乗り遅れた時も

何でもかんでも「ヤバい」で済ませている若者に

ボキャブラリーを増やしてキチンと状況説明しろっ!

・・と言いたくなるのはワシだけだろうか!?


2014.12.20 Saturday

景気対策に戦争か

JUGEMテーマ:戦争・紛争



選挙からまだ1週間も経っていないというのに・・・

政府が武器産業に本腰を入れる

資金貸付に低金利ときたもんだ

日刊ゲンダイの記事

ゲンダイと東京新聞だけが大きく扱っていたようだ

防衛相は「雇用拡大で景気回復になる」とにこやかに会見

恐ろしい国になったものだ

マララさんの言葉が思い出される

Why is it that countries which we call “strong”

are so powerful in creating wars but so weak in bringing peace?

Why is it that giving guns is so easy but giving books is so hard?

Why is it that making tanks is so easy, but building schools is so difficult?


日本が戦争に手を染めず平和国家の道を歩んでいたのも束の間

70年足らずで戦争を創り出す”大国”へと大きく舵切りした

晋三クンにイスラム国やタリバンを批判する権利など200%無いな


本日未明、イスラエルはガザへの空爆を開始した

この世界は一体何処へ向かっているのだろう!?


↑パールジャム「Masters of War」


2014.12.19 Friday

告知です


福島復興支援Tシャツのモデルの廣野実咲さんのグループPHOTOGRAPH

レコ発ライブが今週末あるので興味ある方は是非観にいってあげてちょー

ワシの活動とこれほどかけ離れているジャンルは無いと思いますが・・・

カツカレーとグリーンサラダ

ティラノザウルスとクリオネ

「死霊のはらわた」と「小さな恋のメロディ」

・・・くらいの違いはあるかも

どっちの世界も知っている人はきっと幸せな人


本日19時:タワレコ錦糸町店
明日20日14時、16時:タワレコ渋谷店
明後日21日15時:タワレコ渋谷店


2014.12.19 Friday

風邪

JUGEMテーマ:健康

風邪である

急務はないから外出は控えよう

流石師走

ニュースがテンコ盛り


アギーレさん、どうなるんかいな!?

僕はサッカーには疎いんだが

日本代表監督、カズにやって欲しいな


キューバ危機!

社会が大嫌いだった僕もこのくらいは知っていた

ベトナム戦争、米ソ対立、冷戦

小学生時代は政治色濃い6年だったなぁ、好むと好まざるに関わらず

反米国家とゆーとイコールテロ国家みたいに教えられてきたが

キューバの医療水準は世界一とも言われる

そして教育についても

貧しくとも(長い制裁のせいだ)指導者が立派だと社会主義国家でも

ちゃあんとやっていけるんだなぁ


村上春樹の雑文集を買った

随分前に出ていた本(3年前かな?)

昨夜読んだ部分で共感した点は・・・

我々(と一括りにしては申し訳ないが)表現者とカルトの違い

文学や芝居、音楽は幕が下りれば観衆はそれぞれの現実に戻っていく

素晴らしい芸術に出会う毎に現実世界の色合いも(少しくらいは)違ってみえる(筈だ)

だがカルトは想像と現実の二つの世界の出入り口を塞いでしまう

・・・・

そだね、そのとーりだね


今日はオフクロの9回目の月命日

川嶋”Funky"一秀氏はちょうど僕より1年前に母を亡くしているが

先日「そろそろ現実に戻らなきゃなぁ」としみじみ語っていたが

その気持ち、なんとなく分る

僕等はもしかすると現実とカルトの境界線をウロウロしている人種なのかも知れない

それは自分ではなく受け取る側が決めることなんだが


2014.12.18 Thursday

休息!

JUGEMテーマ:健康


昨日は屋外でずっと悪友ヒロノの'78ストラトのネックを削っていたので

今日は少々風邪気味(クシュン)

自宅謹慎していようかと思ったが首吊り、ぢゃない整形外科の頸椎牽引に行く

早や2ヶ月になり10kgから始めた負荷もようやく15kgになったが、物足りない

「死なない程度にもっと過激にやってつかーさい」とドクターに再三・・

頼んではみたものの

「あせらずゆっくりと」

こりゃあ治療は春までかかりそうだなぁ・・・


↑昨年群馬の友人から見事な梅を頂き、早速ホワイトリカーに漬けて早や1年半

長く寝かせたほうが美味しいんだろーけど

気が短いワシは我慢出来ずに今月に入って開けてしまった

おいちぃ・・・

今日のように体調が悪い時は炭酸で割って蜂蜜入れれば立派な風邪薬である

2瓶作ったんだが一本目のが写真のように三分の一程度まで減ってしまった

正月までもつかなぁ・・・


▲top