Hisashi Shirahama Official Blog


<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2019.04.19 Friday

平成最後のギグ

JUGEMテーマ:LIVE



平成最後のギグ

だから何!?と突っ込まれても
返す言葉が無いんだが・・・
兎に角僕にとっては最後である
それだけだ
だからいつもより真面目に演るとか
そーゆーことは断じてありえないし
2~3年もすれば、2019年4月という
西暦の記憶だけが残るだろう
僕にとって年号で憶えているのは生まれ年だけだ

See you at Show Boat.

最初に出て30分ばかりアコギ1本で演ります
2曲ばかしクロスと一緒にセッション

 


2019.04.19 Friday

5.17リハ、明日は4.20

JUGEMテーマ:LIVE




5.20リハ初日

暁ちゃんと僕、高さん、西川くんは一緒にプレイするのは初めて
裕ちゃんと高さん、小山くんも初めて
アイデアを出し合い、各々宿題として持ち帰る
次に顔合わせるのは令和になってから







↑ このメンツで今年はひた走ります

 


2019.04.17 Wednesday

市議選

JUGEMテーマ:健康


↑ 東京 10:00 a.m 曇り 19℃


選挙活動激化

最近は選挙カーからの爆音
「・・・です。おはよーございます!」
で叩き起こされる。
昭和からなーんも変わらぬ風物詩
おそらくは令和まで持ち越されることだろう
こういった手法を一切とらずネットだけで自己PRする議員が
一人くらいいてもいいんぢゃないかと思うんだがブツブツ・・・

選挙公報を読む限りにおいてはどの候補者も大差ない。
子育て支援、介護、防災
何をやってくれるのかよくわからん人は
実行力! 実現力!
を連呼
まぁ市議選だからさ、原発や憲法が対抗軸になることはないけどさ
共産党だけがかなり具体的な方針を打ち出していた
「小中校の教室および体育館にエアコン設置」

「国保値上げ阻止」
何をやるにしても金のかかることだからさ
まずは市の財政を見直すところからやって欲しいな
市民の誰からも愛されていないうすらみっともないゆるキャラ予算とかさ
使い切り予算とかさ
10年近くやって未だ終わらない市役所新庁舎の工事とかさ



↑ 術後、性格が穏やかになるとゆー話だったが、このコは例外 流血事件いまだ止まず


今週末いよいよ!
Beat Crossing#2

詳細:http://pandars.net/news.html
 

2019.04.16 Tuesday

上着が要らない季節

JUGEMテーマ:健康


↑ 東京 4:00 p.m 快晴 21℃


いい季節になってきた

今年初、半袖Tシャツでジョギング
それでも汗が噴き出してくる
気持ちいーなー



↑ すっかり葉桜


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

※詳細:http://pandars.net/news.html

平成最後のギグだ!

2019.04.16 Tuesday

こなつロス?

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京の夕暮れ


こなつロス?

NHK朝ドラはオフクロの介護を始めた頃に「ゲゲゲの女房」をやっていて
以来「ごちそうさん」まで観たかな
オフクロが死んでからは全く観なかったんだが・・・
草刈正雄さんとなつの子役(こなつ)の何とも言えない演技にハマってしまった
今週からは高校生になったなつ(広瀬すずさん)の話
広瀬さんの演技も素晴らしいけど・・・
こなつちゃんの演技、もうちょっと観たかったな



↑ Heron「Yellow Roses」

ゼップやフー、その他まだまだハードなバンドが人気だった1970年に
ヘロンはデビュー
森の中でレコーディングしたというこのアルバムは中二のボクの興味を凄く惹いた
映画「フレンズ」の田舎のシーンともリンクして
なんてゆーか・・・ボクの思春期に凄く影響を与えたバンドだった
1970年、良い時代だった
 

2019.04.15 Monday

タイガー・ウッズの凄さ

JUGEMテーマ:スポーツ


↑ 東京 10:00 a.m 16℃でさらに上昇中


タイガー・ウッズという人

酔っ払い運転で捕まった動画が拡散したのってついこないだぢゃなかったか?
あの時のウッズのうつろな目を見た人は例外なく
「ウッズは終わった」と感じたに違いない(勿論僕もその一人だった)
海外メジャー制覇は11年ぶり15勝目、本大会では14年ぶり5回目だそう
凄いね!

タイガーがメジャー初優勝したのもこのマスターズだった(1997)
ゴルフ界の歴代優勝者たちが集まる由緒正しいこの大会で
白人種以外が勝つのをよく思わない自称名士は沢山いて
ちょっとした騒ぎになったから、憶えている人も多いと思う
最年少優勝の記録を作って例のグリーンジャケットを着たタイガーに
「彼(黒人)に緑は似合わない」
とか
「祝賀会でウォーターメロンは出さないでくれよな」
とか
歴代優勝者(白人)の発言や行動で、紳士のスポーツだったゴルフは
あっという間に地に落ちた

タイガーの此度の復活ドラマを見ていると
アメリカ人と日本人の寛容さの違いがほの見えてくる
例えば直接的被害者のいない犯罪に関しては
アメリカ人は実に心が広い
だが被害者が無抵抗な子供であったならその寛容さは一変する
性犯罪者は一生監視され、国内であればどんな小さな町に逃げ込んでも
素性は簡単に見破られることになる
日本はと言うと被害者ある無しに関わらず実刑に対して
世間の風当たりは強い
かと思いきや実の娘に性的暴力を繰り返す父親に対しては
平気で無罪判決を言い渡す
ヘンな国だなぁ
タイガー優勝からちょっとばかし話逸れたけど
最近性犯罪への量刑があまりにも軽い事案が続いているからさ



4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

 

2019.04.14 Sunday

静かな休日


↑ 東京 3:00 p.m 16℃ セミアコのメンテ終了



↑ コステロ with チェット・ベイカー「You don't know what love is」

最初に聴いたのはコルトレーンのバージョン
マイルズ、ソニー・ロリンズも演っている
そして勿論ベイカーも
コステロのバージョンもいいなぁ〜凄く

 


2019.04.13 Saturday

春戻る

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京 10:00 a.m 快晴 16℃ エアコン要らずの1日になりそうだ


ライブまであと1週間

プロジェクトの録音が一段落して
これから来週土曜のBeat Crossingに向けてリハだ
ボケっとしていると1週間なんてあっという間に過ぎる
(小学校の頃の1週間は今の10年くらいに感じたもんだが)
周りの仲間、知人のアーティストらは年間50〜100本くらいライブやっているけど
僕にはとても真似できない
彼等とどこがどう違うかというと、大抵の人はサポートミュージシャンとして引っ張りだこってことかな
僕はというと21世紀でサポートやったのなんてサイコデリシャスだけで
それ以降は一切やっていない
まぁやりたくてもこればっかりはね、オファーが無い限りどうもならんし
なにより性格が向いてないらしい
自分ぢゃそんなこと露ほども思っちゃいないんだけどね



↑ エルビス・コステロ「Ship Building」

アトラクションズ名義で1983年にリリースしたアルバム「Punch the Clock」に収録され
日本でのみシングルカットされた
コステロ個人は英国で出したかったんだろうけど
内容がフォークランド紛争に関してだったから断念したようだ
だがアルバムは大ヒット
チェット・ベイカーが参加していることでも注目を浴びた
余談になるけど2008年に出した「Momofuku」というアルバムタイトルは
先月までやってた朝ドラ「まんぷく」のモデルになった安藤百福からとっている
面白い人やね、コステロって
ちなみに「まんぷく」は久々に面白くて飛び飛びで観ていたな
(今やっている「なつぞら」は録画して観ている)



4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421
   

▲top