Hisashi Shirahama Official Blog


<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.04.03 Friday

犠牲者続々と

JUGEMテーマ:追悼


↑ マルサリスファミリー「Struttin' with some barbecue」


エリス・マルサリス死去

マルサリス兄弟というとウィントンとブランフォードばかり注目されるが
他にも二人いた(実は知らなかった)
というのもウィントン、ブランフォードはジャズを学術的に分析し尽くして
ニューオリンズ臭を感じさせない都会的な音楽を作り上げてしまったからだ
とーちゃんのエリスは彼等をどう見ていたんだろうか
コロナ感染から生還出来なかった
享年85歳
R.I.P.


クルマを洗う

どうせ家から出られないのなら洗車でもするか
・・・と午後から洗いからワックスがけまで
ふぅ・・・真面目にやったら3時間以上かかったわい

若い頃は見栄でファイヤーバード・トランザムを乗り回していた
ナイトライダーで有名なあのアメリカンマッスルカーである
ガソリン1リッターあたり2〜3キロしか走らない
化石燃料を食い散らかし
CO2をまき散らす実に罪深いクルマだった
今はニッサンのワゴンに乗っている
別にニッサン車に熱い思い入れがあるワケではない
ギターが横置きに積める小排気量のクルマはひどく少ない
いわば消去法的に選んだだけなんだが
まぁそこそこ走りは良いし室内も広い
荷物も沢山積める
次はハイブリッドだな


最低最悪女?

有名なブロガーさん(僕は知らない)が
首相夫人を
「最低最悪の女でも一つだけ良いことをした。
*ベの子供を産まなかったことだ」
と評したことがちょっとした問題になったらしい(削除済み)
まぁボクも結構悪口書いているから、ってワケでもないんだが
そのくらい言われても仕方ないんじゃないの!?
と思う
なんたって国民の財産をタダ同然で売り渡そうとした挙句
死者まで出ているのだから
おまけにあの土地は未だに有効利用されないままだしな
 


2020.04.03 Friday

やっている感が大事!?

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 先週末の雪を乗り越えた花たち ミスティックローズがグングン伸びてきた


やっている感で数百億が消える

此度のマスク配布案はさすがに批難轟々である
官邸にはもはや優秀な人間は1人も残っていないんだろう
今回も経産省出身のボンクラ官僚がアベに提言したらしい
さすがに党内からも疑問の声があがった
マスクを届ける最優先の場所は当然のこと医療機関である
だが専門家はそろって
「病院で布マスクは100%使わない」
という
おおかた医療機関に売りつけるつもりでいた布マスクが
大量に残ったから国民にタダで配ればちっとは静かになると思ったんだろう
族議員の影もちらつく

布マスクは既にお手製が流行り始めている
1000歩譲って国が配布するってんなら各自治体に下ろせばいい
ワケあって作れない人は市役所の窓口に出向き
家族分貰ってくりゃいいじゃないか
来週から新学期始める小中学校もあるらしいから
最初の授業はマスク作りだな



↑ 5年間愛用したチューナー


機材の入れ替え時

2月の福岡・大分でのライブで少々トラブったチューナー
スイッチを踏むとアンプに行く信号はミュートされ
チューニングメーターが反応する
しかも6弦いっぺんにズレが表示されるスグレモノ
最近、一度踏んでも切り替わらなくなってきた
バラしてスイッチを交換しようと思ったんだが
ネジが特別のもので裏パネルを外せなかった
しつこく2〜3度踏み込めば切り替わるんだが
本番中に勝手にミュートするようになると困るしな
入れ替え決定
 

2020.04.02 Thursday

世は更けて

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 日本でブレークする前のシカゴ
バンド名がシカゴ・トランジット・オーソリティだった頃の映像
ブラス3人のパーカッションが見事なんだよなぁ
テリー・キャス(故人)がSG弾いている映像も初めて見た
(テリーは僕のフェイバリット)
ドラムのダニエル・セラフィン(故人)も凄い
曲はスペンサー・デイヴィス・グループの「I'm a man」
スティービー・ウインウッドとジミー・ミラーのペンによるこの曲は
1967年に全米でトップ10に入った
この時ウィンウッドは19歳
ジミー・ミラーはストーンズのプロデューサーとして数々の名作を生みだした


この時にしか出来ない事をやる

確かにスケジュールの変更は多いものの
個人的にはあんまし被害被っていない
5月にトーキョーエフエムホールで予定されていたギタ女フェス
これが秋以降に延期になったことで今年後半のスケジュールが
ややこしくはなったくらいかな
いきなり可能性のある若いアーティストを抱えることになったから
彼等の資料やらオケ作りでそれなりに楽しい自宅謹慎ではある

 


2020.04.01 Wednesday

4月バカ

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 4月のスケジュールは2本!


根性論に気をつけよう

去年、ワンチームなる言葉が流行ったが
政治家や企業トップがこれを使うのを聞く度に
違和感を感じたのはワシだけではあるまい
あの笑わない稲垣選手が
「ぶつかり合いの中で徐々に芽生えてくるもの。
長くハードな練習を経てようやく個々の特性が生き
チームが強くなる」
的な言い方をされていた

政治家の言い様だと
「国のために自死しろ」
に聞こえる

英国はフリーランスに対して月2500ポンドを上限に
所得の8割を補償
ドイツは映画館、クラブ、アーティスト個人経営のスタジオにも
既に500億ユーロ(6兆円)を支出
家賃、暖房費に100億ユーロを支援
デンマーク、オランダは収入の9割を補償
まぁヨーロッパには文化発祥の地という誇りがあるんだろうな


この先にあるもの

都立校の新学期はGW明けに決めたようだが
特効薬が見つからない限り感染増加は続く
この状況でメリットなるものがあるとしたら
生活が脅かされることによって
モリカケや桜問題、司法への不当介入を続けた政権に対して
無関心だった人達が
「このままではいけない」
と反省し、せめてスマホの政治ニュースくらい覗くようになれば
すこしはこの国も良い方に動くかもしれない


※4.16 ギタ女フェスは無観客でやります
 


2020.03.31 Tuesday

払い戻ししなかったチケットは寄付!?

JUGEMテーマ:政権与党について



補償なき自粛要請

昨夜の小池さんの緊急会見では
「ライブハウス、カラオケ、ナイトクラブ、キャバクラには行かないように」
と特定の職種が狙い撃ちされた感あるが・・・
コンサート、スポーツなどのイベント自粛が続いている
僕らが演るようなライブハウスからスタジアムまで
規模は様々だが、自粛要請と補償はセットで考えるべき問題だ
だが文化芸能への対策は都も国も全く示してくれない
中小零細企業への貸付はするようだがそれも3年の猶予の後
過酷な返済が待っている


アベはこの国からアートを消し去る気だ

先週のアベの会見だが
音楽業界についてとんでもないことを言っていた

「音楽関係者とこれまで7回会い状況を把握しました。
中止によって大きな負債を抱えた主催者もおられた。
こうした死活問題に直面する人達から
それでも歯を食いしばって試練に立ち向かっていく
という力強い決意を伺うことが出来ました。
文化の火は絶やしてはなりません。
但し感染拡大の防止が最優先です。
これが終息し回復期に入った時には思い切った政策を打ち出します」

早い話が音楽関係者には一時金含め補償などせんよ
とまぁそーゆーことらしい
回復期がいつになるか見当もつかないが
その時思い切った政策を発動しても
持ちこたえている人が一体何人いるやら・・・

江川紹子さんが
「思い切った政策について今判っていることは?」
との問いに
「税金で補償するというのは難しいのでそれに代わるものを検討中」
だと

この1ヶ月余りで飛んだ公演、試合は8万件を超えた
その予定来場者数は5800万人
それが全部泡と消えたわけだ
この窮状に文化庁長官は
「明けない夜は無い。今こそ共に前に進みましょう」
とワケワカランチンの声明
前にも後にも進めない人が大勢いるということを
アベ政権はまるで解ってないな
この夜が明けた時に演奏の場やアーティスト
観客がいなくなっていたら何にもならないじゃないか

唯一の具体策といえば
「払い戻ししなかったチケットの売り上げは主催者が貰っていいよ」
というもの
これは寄付とみなし「税負担を減らしてあげるよ」と
酷い話だ
アーティストを支えるファンの純粋な気持ちにつけ込む以外に
何も手立ても無いのか
 

2020.03.31 Tuesday

4月から変わること

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ アラン・メリル「Walk away Renee」


4月から変わること

つまり明日からということなんだが
無保険の自転車は都内を通行出来なくなる
ウチは東京都でも23区外だから
ここいら辺を乗り回す分には問題ないが
近い将来規制されるだろうな

それとレジ袋
7月から有料になるレジ袋は前倒しで明日から始まる店が多い
マイバッグ持参を習慣にせないかんな


↑ 志村けんさん同様、一昨日コロナで亡くなったアラン・メリル
母親はあのヘレン・メリル
米ポップバンドのレフトバンクがWalk away Reneeで大ブレークした後
オーディション合格するも程なくして解散
日本での活動を挟んで渡英、アローズ結成
その時に書いた「I love R&R」はジョーン・ジェットがカバーし
全米1位の大ヒット
合掌・・・
 


2020.03.31 Tuesday

ロックアウトXデー

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ だからなんでそーゆー寝方するかな!?


小池都知事の緊急会見

昨夜8時過ぎに唐突に行われた会見だったが
先週のそれと殆ど内容は変わらず
ロックアウト宣言のリハーサルだったのかな!?

危惧すべきは政府の特措法に基づく戒厳令だ
休校要請は専門家会議を開かずにアベの一声で行われたから
現場は大混乱
あの時よりも事態は深刻になっているも
どうやら新学期は例年通りで授業再開しても構わないらしい

特に罰則規定の無い政府要請だけでもこの混乱だ
縛りの強い政府勧告が出たら間違いなく組織のほぼ全てが従うだろう
それだけ強い権限が1人の人間(内閣総理大臣だ)に集中するんだから
当然のことプロセスの透明性、詳細な公文書が必然となる
だが此度の森友再調査の拒否、未解決の桜を見る会を鑑みるに
(或いは法務省、検察の違法人事を見るに)
全ての過程は密室で行われ、例え公文書が作られても
信用など出来る代物ではないだろう
都合が悪ければ書き換え廃棄が出来るのだから
そんな怖ろしいことをよくもまー日本は許しているな、と
目出度い国民だなぁ

 


2020.03.30 Monday

来年の夏かよ

JUGEMテーマ:スポーツ


↑ 時たまヘンテコリンな寝方をする噛み猫ミカン


人類がコロナウィルスに打ち勝った証!?

アベの言うことはホンにワカランな(タダの戯言だ)
東京オリンピックを人類がウィルスに勝った証にするだってぇ!?
とんでもないやつだ
ワクチンが開発され、天然痘と同じく完全に封じ込められたとき
その時に言うんならまだしも
まだまだ犠牲者は増えるだろうし
終息の兆しすら見えない段階で
オリンピック云々を持ち出すこと自体
不謹慎極まりない
それにオリンピック憲章にある通り
栄誉はアスリート個人に贈られるものだ
開催国じゃない

それにしても・・・
結局夏開催か
竹田恒和の招致裏金疑惑は解明されないままだ
さっさと謝って開催辞退するって道もあると思うんだがブツブツ・・
 

▲top