Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.10.31 Saturday

半年で様変わり

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 福岡行の便は満席 雲一つない空

今日は田川

今日は5時起き、それでも3時間は寝られたかな。
自宅からバス停まで2〜3分、最寄りの駅まで6〜7分。
駅から羽田まで80分。
ふう・・・
半年前に九州行った時はコロナ騒ぎの入口付近だったなぁ。
願わくばこれが出口であって欲しいが・・・
 


2020.10.30 Friday

♪ All my bags are packed

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ すこしおもしろくなってきたニャ〜ねこたわー


カーブミラー

駐車場から出て最初のミラーが政治家の性根みたく思いっきりひん曲がっていて
左側から一方通行をぶっ飛ばしてくるクルマがさっぱり見えない。
ミラーの柱に連絡先が記されたシールがある筈なんだが
それも剥ぎ取られていた。
アタマきて近くの交番に行って修理手続きをしてきたんだが・・・
対応してくれた警官は良い人やったけど
管理会社によって修理の速度がバラバラらしく、いつになるか分からないという。
まぁそうだろうな。
ボクも忙しくて1ヶ月以上ほったらかしていたから強くは言えない。
だが、あの交差点(一方通行の挙句狭い)は生活道路
利用する住民は結構いると思うんだけどなぁ
これまで事故が無かったとも思えないんだがブツブツ・・・


荷造り

今回の九州入りはギタ女関連の録音や来年のプロジェクト用のリハのため
暫く滞在するため荷物の殆どは録音機器。
衣替えの季節だから服は向こうで買うことにした。
それでも大きいツアーバッグがパンパン。
お・・・重い!



小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、前田宏樹氏が特別参加!
そろそろ予約締切です。コロナ対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


2020.10.29 Thursday

ライブ迫る

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 明後日から始まる九州ライブで使う弦とマスクを追加購入


フランスで猛威

尋常じゃない欧州のコロナ第二波。
フランスは1ヶ月の外出制限を発表、
ドイツも外食やコンサートなどの営業を禁止。
イタリア、スペイン、イギリスも引き締めを図っているなぁ。
ハワイだけは「日本人、いらっさ〜い!」と陽気だ。

日本はとゆーとGo Toキャンペーンが相変わらずザルで
今度はクーポン不正取得だと。悪知恵だけはよーはたらくわい。
観光業界の打撃はまぁ分るが、そこに投入される血税で一番得するのは
この最中に旅行に行ける余裕のある人種だけなんぢゃないかなぁ。
何処にもいけず悶々としている人向けに
映画やライブ、スポーツ観戦のチケットにもGo Toキャンペーンがあっても
いいんぢゃなかろーか。
明後日からライブに出掛ける身としては切に思うのであった。


小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、前田宏樹氏が特別参加!
そろそろ予約締切です。コロナ対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


2020.10.28 Wednesday

国会大荒れ

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ Autumn in N.Y.


スガ氏棒読み

ようやく始まった国会だが、総裁選の時にスガは
「政治空白を作ってはいけない」と声高だったが
総理になって最初にやったことが1ヶ月の政治空白と
メディアの締め付けによる事実上の官邸会見拒否(と記憶している)
凄いね

コロナ対策についての回答は
「来春までに医療関係者を中心にワクチンの無料配布を予定している」と。
未だ出来てもいないワクチンだが、随分とまぁいい加減な答弁だな。

モリカケ桜についての回答は
「全て解決済み」とな。

2020年に指導者の30%を女性にするとゆー女性活躍推進法
これは「コロナでつまずいた」んだと。
は?
コロナ前から数値は全く伸びてなかったとの指摘は完全無視して
女性活躍の勢いを止めることなく推進すると言い切った(しかも棒読み)
女性の自殺が急増している状況は認識しているんだろか?

心に寄り添う?

スガ政権は「福島県民、沖縄県民の心に寄り添う」んだそうである。
そのために安全な原発に100%依存し、
辺野古埋め立てを着実に進めていくんだそうである。
言ってることとやってる事がここまで乖離するのは
この8年間ずっとだったから国民は慣れてしまったかも知れない。
が、ちーとはマトモな大人が追及せんと(特にメディア)
これからの社会を生きていく子供達が可哀そ過ぎる



小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、前田宏樹氏が特別参加!
御予約はお早めに。コロナ対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


2020.10.27 Tuesday

所信表明演説

JUGEMテーマ:政権与党について

 


温室ガス2050年にゼロ

所信表明としてはどうなんだろか?
喫緊の課題をクリアしてから言って欲しかったとゆーか・・・
それでも敢えて取り組みたいとゆーのなら
脱原発、クリーンエネルギーの積極導入
これを先に言うべきではなかろーか。
スガの口ぶりだと
「火力発電所全廃して原発に100%依存する」
と言っているに等しいぢゃないか。

野党は異口同音
「何も伝わらない」
そんなこたぁ分ってますってばさ。
問題なのは野党のヴィジョンも同じくらいに
全く国民には伝わってこないという現状。
こっちのほうがよっぽど深刻だよ。


小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、ニューオリンズ帰りの前田宏樹氏が特別参加!
御予約はお早めに。対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定

 


2020.10.26 Monday

秋空

JUGEMテーマ:自然と共に生きる





今週末から九州ライブ

村上春樹氏がエッセイで
「才能は健康を呼び込めないがその逆はありうる」
的なことを書いていたが、その通りだと思う。
ここ30年くらいはツアーに関わらずジョギング、水泳、ジムで
高い代謝をキープしていたが、さすがに還暦過ぎたらガクッと落ちた。
そこに追い打ちをかけるようにコロナ到来。
マスクをしてジョギングするのは苦しいし、第一楽しくない。
しないで走ればアタマの悪そうなじじいが「チッ」と舌打ちしやがるし。
いまはすれ違う時だけさっとマスクを口にずり上げている(面倒臭いなぁブツブツ)



↑ 一昨日の西日本新聞に掲載された記事 今日本社から届いた



↑ 目の血管がブチッ 1週間以内に直らなかったらサングラスでライブだなぁブツブツ・・・



小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、ニューオリンズ帰りの前田宏樹氏が特別参加!
御予約はお早めに。対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


2020.10.26 Monday

R.I.P.ジェリー・ジェフ・ウォーカー

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ Jerry Jeff Walker & Nitty Gritty Dirt Band「Mr. Bojangles」

R.I.P

ジェリージェフウォーカーはミスターボジャングルズの作者として知られる。
1968年自身のアルバムで発表し、それをニッティグリッティーダートバンドが
1971年に大ヒットさせた。
あのサミーデイヴィスJrのショーでは生涯欠かせない演目になっていた。
ディラン、ビリー・ジョエルもカバーしている。
そしてボクも
Mr. Bojangles

中学の時によくラジオでかかっていたな。
ミュージックライフではニッティをジャグバンドとして紹介していた。
7年くらい前かな、立ち寄った楽器屋にカスガのフラットマンドリンが
3万円くらいで吊り下げられていて、それを買って最初に弾いたのが
ミスター・ボジャングルズだった。
あれから随分経つ割には、レパートリーはこれと小山卓治の「欲望」しかない。
2020年10月23日死去(享年78歳)


小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、ニューオリンズ帰りの前田宏樹氏が特別参加!
御予約はお早めに。対策万全でお待ちしてます。
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


2020.10.25 Sunday

イタタ・・ぎっくり腰か・・・

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


24日西日本新聞朝刊
デジタル版

来月1日(一週間後だよ)に福岡で行われるギタ女フェス
西日本新聞文化部Sさんが採り上げてくれた。
以前よりしつこくデモを送り付けていたんだが

「半世紀経てあらたなフォークブーム?」
「いやいや、ブームはもっとずっと前っしょ」
「ぢゃ何が違うの?」
「歌詞は70年中盤のパンクに近いかなぁ」
「それも女の子が面白い」
「男は引き籠っちゃうから」

・・と、何回かやり取りがあって記事を書かせて頂いた。
(アホ政権が掲げた女性活躍社会の大嘘が基になっている)
ワシの立場は一応審査員てことになっているが
そんなエラそうなもんじゃない。前回も
「全員、東京に連れて来れんかな」
と言ってブルーリッジ加納氏を慌てさせたくらいだ。

おじさまとしては彼等の中で
言いたいことがあって、歌いたいテーマがハッキリしている
アーティストには何某かのサポートが出来るかもしれない。
余計なお世話かもしれないけど


小山卓治×白浜久 Kick Out the Virus in 九州

10月31日 田川
11月2日 福岡
11月3日 熊本
詳細
※福岡は中野茂樹氏(ハープ)、ニューオリンズ帰りの前田宏樹氏が特別参加!
熊本はまだ席に余裕あります。田川、福岡の御予約はお早めに!
ライブ限定CD(3枚)&DVD販売予定


▲top