Hisashi Shirahama Official Blog


<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

2019.02.16 Saturday

70年代が懐かしい

JUGEMテーマ:ねこのきもち

↑ ニッサンディーラーにて 相棒と最後のお別れ ♪ドナドナド〜ナァ〜ドオナァ〜


70年代が恋しいわい

あの時代のクルマは楽しかったなぁ・・・
なんてゆーか・・・自転車の延長上にあったから
主従関係がとても明快だった(ワシが主人ね)
手放したウイングロードは有難いことに
とても昭和的で(平成生まれだけど)
不愛想だけどその分、出しゃばらなくて好感持てた

博多に帰省した時に不便しないように「動けばいい」的なポンコツを安く買い
年に10ヶ月は車庫で眠っている筈のクルマだった
それが180度変わってしまい、東京・福岡間を何度も往復するハメに。
殊の外健気に働いてくれた
なによりクルマ嫌いの愚息がクルマ好きになったのはこのコのお陰だ
てっきり廃車にされると思ってたんだが
明細みたら下取りとなっていたから
もうちょっと元気に走り回ってくれると嬉しいな






福岡ナンバーからタマナンに

当たり前のことだが、クルマも日々進化を続けているんだなぁ
キーを鍵穴に差し込まなくてもドアが開くし、エンジンもかかる
今ではそれが当たり前らしいけど(知らんかった)
個人的にはドアもイグニッションも
キーをグイッと回すのが好きだな
他にもドライバーの未熟な部分をAIが色々とカバーしてくれる
(余計なお世話ぢゃわい!)

嫁が主張したネコにちなんだナンバープレートを取得
(運転しない家人まで憶えてしまった)
当然のことながらこれまで福岡ナンバーだったのが
タマナンに変更された
前のと比べると格段に快適だし、不満は全く見当たらない
だが、主従関係が入れ替わったような気分になるのは何故だろう?
(きっとクルマのほうが僕より優秀だからだ)

あ〜あ、学生時代を彩どったカローラ、サニー
ギャラン、サバンナ、コロナが懐かしいなぁ
みーんなマニュアルミッションでエアコンは効かず
2ドアで人も荷物も大して乗らない
それでも別に文句を言うやつなんていなかったし
それはそれは楽しく乗り回していた
もしボク一人のためだけにもう一台買うとしたら
70年代ハコスカのマニュアル車が欲しい



↑ くるまよいするからくるまはきらいです ニャア


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html

 


2019.02.15 Friday

アンプを少々イジってみた


↑ 一昨日、修理が完了してF-Sugarから戻ってきたFender Pro-Junior

F-Sugar佐藤さんが完璧に直してくれた
これは山野楽器から直接買ったものなんだが
一昨年よりフェンダーの代理店が変わったことで
「部品の調達もままならなくなった」と、こぼしていた
その代わりに交換可能なパーツでより高スペックなものを
別ルートで仕入れて取り付けてくれた
症状は勿論直っていたが以前よりパワーが上がって
よりクリアになったように感じる

前々から真空管の熱が気になっていたので、この機会に冷却ファンを付けることにした



↑ 去年でリスキーを辞めたハレが「ノイズ無し」と薦めてくれたものと同タイプのファン



↑ 取り敢えず緊急で 空気が沢山流れるようにパネルを切り取ることになるだろう


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html

 


2019.02.14 Thursday

バレンタインデー

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑東京 10:00 a.m 曇り 4℃


ふるさと納税の怪

6月に施行される改正ふるさと納税
識者からは「官民癒着は避けられない」と
早くも批難の声があがっている

総務省が改正した点は
「返礼品は寄付の3割内で。それも地場産品に限る」
というもの。
問題なのはこの地場産品の範囲
広島の牡蠣は〇だが真珠は✖
長野はギター生産が盛んだがこれも✖
勿論静岡のピアノもダメ
カメラ、時計の類もアウト
要は野菜、魚、果物およびその加工品のようだ

特例措置も設けられている
例えばシリコンバレーの県がパソコンによる返礼を申請し
総務省の許可が下りればオーケー
逆に泉佐野のようなことをやらかすと
ふるさと納税そのものを禁じられてしまう

4月には地方の役人が認可求めて総務省に殺到するだろうな。
勿論手ぶらで行くわけがない
銀座接待くらいで済めばいいが
利権を何としても手に入れたい企業はわんさかいるからなぁ
モリカケスパの第二シーズンが始まるんぢゃなかろーか


無機物とだって心は通う

帰省した時だけ使用するクルマを買ったのは3年半前
実家のあった宗像で取得したから立派な福岡ナンバーである
どうせ10ヶ月はホコリ被っているんだからと
いっちゃん安いのを大して調べもせず購入した
10年で1万キロも乗っていないトヨタスターレットが既にあったんだが
母親のことを思い出すと辛いので衝動的に手放してしまい
まぁ仕方なくといったところだ

ところがクルマが届いた翌日にバカ兄が勝手に実家を売り払ったもんだから
遺品、私物を荷台に詰め込んで慌てて帰京
追々こっちで処分するつもりだんだが
息子が乗り回しているうちにすっかりクルマライフに馴染んでしまって
ズルズルとここまで来てしまった

来月車検なんだが、さすがに低年式なだけに色々問題が出てきた
エンジンは問題ないんだが、足回り、ミッションのヘタりはちと深刻
結局買い替えることにした
東京九州を機材満載で何往復したことだろう
一度もエンコしたことないが、何より一度も事故らなかった



↑ こんくらい地味で古いクルマだと煽られもしない

手放すと決めてからすこぶる機嫌が悪い
ミッションのショックが大きくなり、ロードノイズも騒がしくなった
だがステアリングやダッシュボードをポンポンと叩いて
「今まで有難うな」と語り掛けると途端に調子が良くなる
勿論気のせいなんだが、そーゆー思い込みって大事だ(と思う)
(仏教的には無機物、工業製品にだって魂は宿るんぢゃなかったっけか?)

話逸れるけど昨日F-Sugarの帰りに初代セリカXXが元気に走っているのを見た
フェンダーミラーもそのまま
いいな、あーゆーカーライフって


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html
 

2019.02.13 Wednesday

灰色の水曜日やね

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 4:00 p.m 灰色の水曜日


国会議員の使命、まるで解ってないな
https://www.asahi.com/articles/ASM2D443DM2DPLZB00P.html

また杉田水脈である
何故いまだにのうのうと議員の身分でいられるのか
サッパリ解らない
今回は慰安婦問題の検証とジェンダー研究の大学教授らを
「反日運動家」として批難したようだな。
このバカは客観的事実と科学的検証を無視して
共通の認識基盤無しにしゃべりまくるもんだから
そもそも議論にもならない
そもそも国会議員というものは弱者、少数派の側に
居なければいかんのじゃないか!?
国家権力が不当に行使されないように見張るのが仕事なんぢゃないのか!?




↑ おい、こら、すぎた


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html

2019.02.13 Wednesday

日々響音元年

JUGEMテーマ:LIVE



5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001

詳細:http://pandars.net/news.html

 


2019.02.12 Tuesday

今の方が悪夢ぢゃね!?

JUGEMテーマ:経済全般


↑ 東京 10:00 a.m 快晴 6℃ 無風のお陰で意外と暖かい

ダイエット2ヶ月と12日目:ちょと小休止


アベ vs 枝野

アベの「悪夢の民主党政権時代」発言に
枝野が反論
「利権を失った自民には悪夢だったろう云々・・」
まぁなんちゅーか・・・どっちもレベル低いわい

それこそ悪夢としか言いようのない東日本震災と福島原発爆発の時
枝野は官房長官
会見で「メルトダウンではない。炉心溶融」を繰り返した大バカ者
参院選を見据えて小沢氏が「せめて野党統一名簿で」と要請するも
「迷惑だ」と頑なに拒否
こうした野党のゴタゴタは自民を利するオウンゴールとなる。
未だそれが理解出来ないほどアタマが悪いのか
もしくは自民から金貰ってんぢゃないのか!?
そう勘繰りたくもなるくらい枝野の言動は不可解極まりない
細野豪志のほうが正直な分まだマシだ

木村草太氏が朝日に
「権力は公共の利益のために使うもので
個人の目的のために行使することは憲法違反」
と言った要旨の発言をしていたが
メディア、識者の現政権批判の声は大きくなるつつある
立憲は猛省して貰いたい


ふるさと納税ねぇ・・・

恥ずかしながらやったことは一度も無い
興味すら持たなかったんだが
泉佐野市の「閉店間際の100億円キャンペーン」は
倒産間際のデパートのような必死さが伝わってきて
「ちょっとやってみようか?」と思っておるところ

だが総務省は「身勝手で社会的教育的悪」と御立腹の様子
先週末に閣議決定された地方税法改正を受けて
泉佐野市は即座に対抗処置をとったわけだが
法施行は6月というから取り立てて怒ることもないんちゃうかなぁ・・・
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41053510Y9A200C1EAF000/



↑ われおもうゆえにわれあり ニャア
 

2019.02.11 Monday

もともと外食はめったにしないので

JUGEMテーマ:健康


↑ 東京 11:00 a.m 曇り 2℃ ウチの辺りは関東で最も雪害のない地域なのだ


外食産業だけに限ったことではないのだろうが

毎日毎日まー出てくることだこと
勿論チェーン店バイトくんの不適切(?)動画の話である
僕だって若い頃には(それなりに)社会にメーワクを振りまいていた
深夜に騒ぐとか、駐車違反で大渋滞を引き起こしたりとか
自宅の窓全開でアンプもこれまた全開でギターかき鳴らすとか。
それで何度もお巡りさんに叱られたけど
「若気の至り」と許す寛容さが地域社会にはあった。
犯罪の質が変わったかというと、そうでもない。
高そうなクルマにクギで傷をつける人間は
50年前にもいたし
赤ん坊の肌着に針を仕込む人間だって
食べ物にツバを入れる食堂だって
(おそらくは)あったに違いない

一番の違いは、以前はごくごく狭い地域だけの問題だったのが
現代ではSNSによって広範囲に拡散され
それをメディアが社会問題として大きく取り上げ
全国民が飽きるまでリピートされるという点だろう


僕は外では食べない

よっぽどの理由がない限り
昔から外食は好きではない
今でもすすんで食べるのはウェストのうどんと
福田昭彦が作るみどり屋食堂の料理くらいのもんだ

だがこの問題、外食産業だけに留まらないだろうなぁ
スーパーで売られるお惣菜や刺身盛り
野菜はまぁ熱処理するけどそのまま食べる果物とかも
一度疑い始めると、思い切りガブリとほおばるのも
一寸躊躇ってしまう
困ったもんだ




↑ ごしゅじんさまのひざのうえでけづくろいちゅーです ニャア
 

2019.02.10 Sunday

表出しない水面下のDV

JUGEMテーマ:教育




児相、学校に日本中が憤った1週間

千葉県柏で起きたDV殺人事件
児相が父親に拳銃を渡し
学校、教育委員会が撃鉄を起こした
そんな印象がある。
これほど不条理な事件は稀かも知れないが
虐待死は全国で年間50〜100人にも上るという


静かなDV

殺人、あるいは傷害事件としてニュースになるケースは
ほんの氷山の一角に過ぎない
巧妙に仕組まれ、起訴されないDVのほうが多いのだ
ネグレスト、ネグレクト
養育の義務がありながら支払いを拒む8割強の人たち
その中にはやむにやまれぬ理由があり
同情の余地のある人もいる(勿論)
だが実際に手をあげなかったからといって
DVと無関係だったとは到底言えないケースも少なくない。
これは僕が母親の介護で帰省を始めた頃
地元の集まりの場で実際に聞いた話なんだが
親の責任を長きに亘って果たさず、大して咎められずに
のうのうと過ごしている人間、結構いるんだなとびっくりした
なによりそれを、易々と見逃す社会こそが
DVの温床になっているのではなかろうか

その場所にその男はいた
学生時代に顔見知りだったというだけで
友人と言えるほど親しくもなかったし
顔も名前もすっかり忘れていた。
僕も彼も早く店に着いたこともあって
当たり障りのない世間話をしていたんだが
彼が言うには「子供が小さいときに離婚した」とのことだった。
よくある話だ
だが彼の場合はちょっと違った。
「今後自分と子供には一切近づかないのを理由に慰謝料も養育費も請求しない」
というのが妻の離婚の条件だったという。
また凄まじい条件もあったもんだ
一体この男は何をやらかしたんだろう?
(後日別の知人から真相を聞かされ僕は二回驚かされることになる)
男は涙ながらに
「息子はもう高校生になる。会いたい」
と言い、僕からの同情を得たかったようだが
とても同情してやれるもんでもないと感じたし
だからごくごく常識的知識として
「子供が成人して、別れた親に会いたいと言ったら母親にそれを止める権利は無い」
と教えてやった。
「その時のために子供名義の貯金くらいやっているんだろう?」
と訊くと、驚くべき答えが返ってきた
「やってない」と。

は?
僕は耳を疑った
聞けば仕事は確かに薄給の職業ではあったが
養育費を払わなくていいのだったら普通に考えて
月々2〜3万くらいの貯金、なんてことないだろう

我が子の将来を少しでも慮っているのなら
自分が出来る最大限のことをするだろう
それが親と言うものだ。
そんな程度のこともしないで子供に逢いたいなんてよく言えるな。
もし彼が友人と言える関係だったら叱責したかも知れない。
だが結局のところ、この類の人間には倫理観や道徳を説いたところで
どうにもならないことも解っていたので説教することも無かろうと
それ以上は何も言わなかった。
その後話はクルマの話になり
自分は欧州車に乗っている、と自慢を始めた


親が子供のためにやってあげられる事

生き別れた子供が18になって海外留学を望んだら
あるいは成人してレストラン開業資金のために
昼夜バイトしていると知ったら
無条件でサポートしてあげたいと思うのが親ではなかろうか!?
金銭で愛情は量れないにしても、金銭で解決出来ることは多い
自分の下らない虚栄心を少しだけ引っ込めれば
実現出来る程度のごく簡単な事ではないか

結局のところ彼には親としての資質が完全に欠けていたし
そもそも親になるべきではなかったのだ(元妻は正しい選択をした)
だいたい我が子より大切なものなんてあるのか!?


心愛ちゃんに小室圭さん

ポルシェだかベンツだか知らんが
あんなもんが子供より大切と思っている人間が
悲しいことだが少なからずいて
「それでも心愛ちゃんの父親よりはまだマシだ」
と、言う人もいるだろう。
だが本当にそう言い切れるだろうか?
刑事罰を較べたらそれはそうだろう。
しかし道徳律に当て嵌めればその差はグンと縮まる。
柏児相や教育委員会に日本国民が激怒したのはまさにこの1点
良心の欠如だったのではなかろうか
DVの繁殖に適した地域は静かに
だが確実に拡大している
今のところ行政にそれを抑え込む知恵も
力も無いように見える

余談になるが、先週発表された小室圭さんのコメントに対しても
同様の嫌な臭いを感じてしまったのは僕だけだろうか?
法律がどうであれ、自分に費やされた学費だ
道義的には返して然るべきだろう
「母の代わりに何年かかっても返します」
と言えないような男のところになど大切な娘を嫁がせたくない
秋篠宮さま、そう御思いになったのではなかろうか
眞子さま、駆け落ちするんじゃないかとの噂もあるが
DV被害に遭われなければいいけどなぁ・・・
ホントに要らぬ心配ですが


↑ポールサイモン「母と子の絆」
高校一年の時にラジオからしゅっちゅう流れていた
今思えば初めて聴いたレゲエだったんだな
 

▲top