Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.07.23 Monday

セルフカバー vol.2

JUGEMテーマ:音楽



H. Shirahama project「Owe My Own」

セルフカバーって、なんというか・・・意外と大変です
思い入れの強い方をガッカリさせるんじゃないか、とか
色々考えてしまう
これが洋楽カバーだったら文句言われても
「うるせー、オレの勝手だ」と返せるんですけどねぇ
凌のバージョンが僕の中でも最高なんですが
彼は歌わないと決めたみたいだから。
カラオケもアップしたので僕が死んでも
誰かが歌ってくれるといいな

ちなみに動画で使われている映像等は深い意味は無いっす
なるべく拡散しないようにコッソリやっているので
(中にはヤバイ画像も数点含まれているゆえ)
内内で楽しんでくれたらなによりですニャ
 


2018.07.20 Friday

酔っぱらって・・

JUGEMテーマ:音楽

ARB - Happiness

今ではライブでテープ同期なんて当たり前だが
当時は滅茶苦茶に批難された
一番大変だったのはドラムのキースだったと思う
彼だけがイヤフォンでクリックに合わせてビートを刻んでいたのだから
30年経って冷静に聴いてみると
何であんなに悪口言われなければならなかったのか
甚だ疑問だ
ディランもエレキギターを持っただけで大ブーイングを浴びた
そして彼が狭量なファンに言ったのは

「変わり続けることがロックなんだよ」

あの頃は全く受け入れられなかったが
今こうして観ると結構イケてるんぢゃないかい!?

 


2018.07.14 Saturday

暑気払い prt.2

JUGEMテーマ:音楽

 

↑メタリカ ftr.ニールヤング「Mr. Soul」

ハタから見れば水と油の両者だが、いいなぁこういうの

互いをリスペクト

素晴らしい

 


2018.06.28 Thursday

What would it take?

JUGEMテーマ:戦争・紛争


↑東京の夜明け 雨は降ったり止んだり 1:00 p.mの東京は曇り


なんだぁ、あの党首討論は!

開いた口が塞がらない
まるで独裁者気取り
このままいくと国会中継も無くなり
政治決定は全て闇で行われることになる
自公の党員、そんなに安倍が好きなのか
全員が加計から役員報酬もらっているわけでもあるまいに






↓H.Shirahama project 「What would it take」
ジェフ・リン作
米大使館のエルサレム移転
ロヒンギャ問題で軍部と国民の理解得られず
苦境に立たされっぱなしのスーチー氏
この二つを盛ってみた



Remember what you told me that you would always be there
If you change your mind now
Oh, what would it take to save me?
What would it take to save me now?
Here comes another night and all the stars are shining
Could I make it right?
Woah, what would it take to save me?
What would it take to save me now?
Woah, what would it take? (What would it take to save me now?)
To save me?
Of all the things I do and everywhere they take me
You know what I go through
what would it take to save me?
What would it take to save me now?

君が僕に言ったことを憶えているかい?
君はいつもそこにいると言ったけど
今、君の心は変ったんだね
ああ、どうすれば僕は自分自身を救えるだろう?
別の夜がやって来た
すべての星は輝いているよに見えるけど
僕は全てを元に戻せるだろうか?
ああ、どうすれば僕は自分を救えるだろう?
僕がありとあらゆる手を尽くしても
僕は彼らの意のまま
諦めるしか道は無いことを君は充分承知だ
ああ、どうすれば僕は救えるだろう?

 


2018.05.24 Thursday

Liar !

JUGEMテーマ:音楽



↑ H. Shirahama project「Liar」

1970年にリリースされたアルバム「Naturally」から翌年6月にシングルカットされた
このアルバムにはあの超ド級ヒット曲「Joy to the world」が収められていたんだが
シングルほどは売れなかった
ダニー・ハットンが歌うこの曲もあんまし売れなかったようだ
売れるのはチャック・ネグロンが歌った曲
一番女性ファンが多かったコリー・ウェルズは2014年に死去
チャックは再結成には一切参加せず
残ったダニーだけで今もスリードッグナイトは活動中

ウンチクはこっちに置いといて
Liar(嘘つき)はここ最近政界、スポーツ界を賑わしているから
素材にはこと欠かない
昨夜の日大会見も放り込もうと思ったんだが
あれは嘘つきというよりタダのアホ
これから想像もつかないであろう社会制裁を受けるだろうから
入れなかった
 

▲top