Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.09.22 Saturday

秋分の日

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ Gri said... もーすぐこたつのきせつニャ たのしみニャ〜



↑ H. Shirahama project「ピンボールの魔術師」

1969年The Whoが発表したロックオペラ「トミー」は
売れに売れピーター・フランプトンのカムズアライブに抜かれるまで
2枚組の売り上げトップだった
その中で僕が好きな曲というとこのピンボールとI'm freeかな

1975年に映画化、日本でも公開された
大学1年だったなぁ勿論観にいった
エルトン・ジョン、クラプトン(伝道師)、ティナ・ターナー(アシッド・クィーン)
ジャック・ニコルソンも出てた
なんか久しぶりに観たくなったけど
ケーブルの映画チャンネルでやってくれないかなぁ

The Whoは今でこそストーンズに次ぐバンドだけど
60年代は何しろ過激なパフォーマンスで売ってたから
ぶち壊したギターやドラム、アンプの代金返済で
年中スカンピンだったらしい
「トミーがあれだけ売れなかったら正直やばかった」
と後にメンバーは語っている

The Whoはこれまで何度も解散、再結成をしている印象あるけど
プレスが勝手に騒いだだけで
実は公式に解散表明したことは一度もない
結成当時から仲が悪く、ステージにまで喧嘩を持ち込むほど険悪だったから
年がら年中メディアに「フー解散」説を流布されてたからね
にもかかわらずメンバーの死以外で顔ぶれが変わることが無かった
凄いわ
初来日の時、サウンドチェックを見学した厚見玲衣氏の話によると
ロジャーもピートもリハーサルはやらないそうだ
本番のみ
へぇ・・・

 

2018.09.22 Saturday

Pinball Wizard

JUGEMテーマ:ねこのきもち



↑エルトン・ジョン「ピンボールの魔術師」

映画「トミー」のシーン
いまさらながらエルトン・ジョンの凄さに驚かされる

Ever since I was a young boy I played the silver ball
From Soho down to Brighton I must have played them all
But I ain't seen nothin' like him in any amusement hall
That deaf, dumb and blind kid sure plays a mean pinball
He stands like a statue, becomes part of the machine
Feeling all the bumpers, always playing clean
He plays by intuition, the digit counters fall
That deaf, dumb and blind kid sure plays a mean pinball
He's a pinball wizard, there has to be a twist
A pinball wizard's got such a supple wrist
How do you think he does it?
I don't know
What makes him so good?
Well, he ain't got no distractions, can't hear no buzzes or bells
Don't see no lights a-flashin', he plays by sense of smell
Always have a replay, never tilts at all
That deaf, dumb and blind kid sure plays a mean pinball

ガキの頃から銀の玉を操っていた
ソーホーからブライトンまで
全てのマシンと格闘してきたけど
あんな奴はどこのゲーセンでも見たことが無い
聾唖者って話だけど
ピンボールに限っては凄腕に間違いないぜ

銅像みたいに突っ立って
機械の一部になっている
全てのバンパーを操って
綺麗な勝負をする
自分の感覚だけを信じる姿勢に
デジタルメーターさえ怖れをなしている

彼はピンボールの魔術師
何かひねりがありそうだ
奴のしなやかな手さばきには惚れ惚れするぜ

お前はどう思う?
判るわけないさ
奴の凄さは一体どこから来るんだ?

あいつは決して自滅したりはしない
雑音なんか耳に入っちゃいないんだ
激しいフラッシュさえ見えてないみたいだ
嗅覚だけでプレイしているんじゃないか?

いつもリプレイまで持ち込んでる
細かいことはどうでもいいみたいだ
耳も口も目も不自由なこの男にとっては
ピンボールだけが確かなものなのさ




↑ Rhye said...ぴんぼーるやってみたいニャ!
 


2018.09.02 Sunday

And your bird can sing

JUGEMテーマ:音楽

東京 4:00 p.m 曇り一時雨 22℃ 夏遠のく


H. Shirahama project 「And your bird can sing」

言わずと知れたビートルズ・ソング
1966年にリリースされたアルバム「リヴォルバー」(イギリス盤)
「Yesterday and Today」(アメリカ盤)に収録された

曲を印象付けているギター・ハモをコピーするも
一人では出来ず(やれる人は多いとは思う)
高校生の時分からどっちかのパートを弾いてくれるヤツを探したが
誰も相手にしてくれんかった
ギタリストがムチャ多い時代だったけど、その多くはジミー・ペイジ、クラプトン
ジェフ・ベックの三大ギタリストやら、リッチー・ブラックモア、サンタナといった
ギターヒーローに無謀な戦いを挑んでいて
既に解散していたビートルズは遠い過去のものになっていた
新しい音楽が次々に生み出された頃やからね

余談になるけど上手くコピー出来たやつはそれなりに尊敬され
注目を集めたもんだが
ヘタなやつはベースに回された
で、ドラムやるやつは大抵が金持ちんちのドラ息子
どこのバンドもボーカルで難儀してたなぁ
懐かしの70年代
 


Tell me that you've got everything you want
And your bird can sing
But you don't get me, you don't get me
You say you've seen seven wonders and your bird is green
But you can't see me, you can't see me
When your prized possessions start to weigh you down
Look in my direction, I'll be round, I'll be round
When your bird is broken, will it bring you down?
You may be awoken, I'll be round, I'll be round
You tell me that you've heard every sound there is
And your bird can swing
But you can't hear me, you can't hear me

君は欲しいものは全て手に入れたと言ったね
そして君の鳥は歌だって歌えるって
でも僕を捕まえることは出来ないさ
七不思議だって見てきたんだろう?
そして君の従順な鳥は緑ってわけだ
でも僕のことは解らないだろ?
君の高価な財産が重荷になってきたら
目をこっちに向けてごらん
僕がいるから
君の鳥がいなくなったらきっとガッカリするだろう
でも僕が傍にいることに気が付くかも知れないね
この世界に存在する全ての音を聴いたと君は言ったね
そして君の鳥はスイングだって出来るって
でも僕の声はきっと聴こえないだろう


 

2018.08.22 Wednesday

Long way to go



↑ H. Shirahama project 「Long Way To Go」

アリスクーパー・グループの3枚目のアルバム「Love it to death」(1971)
に収録されている曲
マイケル・ブルース作
メンバー全員の名がクレジットされている曲が多いけど
マイケルが作曲の要だったのは疑いようがない
彼はグループ解散後、ベーシストのデニスとドラマーのニールを誘って
Billion Dollar Babiesというバンドを結成
「Battle Axe」というアルバムを発表したがいつの間にか解散してしまった
僕は凄く好きだったんだけどな
僕が気に入ったアーティストは大体において短命なんだよな・・・


We still got a long way to go
We all got a long way to go
What's keeping us apart isn't selfishness
What's holding us together isn't love
Listen to the man who's been touched all his life
Yes he's the one they call the fool
Where is the saviour of the sidewalk life
And the road that takes us to the crusades
I've seen the shadows as they're moving in my sleep
Leading the blind poet to his grave
We still got a long way to go
Yes we all got a long way to go
Please don't waste your energy on me my friend
Cause we still got a long way to go
We'll meet again some day
But right now just go away
Cause I still got a long way to go
The silence is speaking
So why am I weeping
I guess I love it
I love it to death
Yes we still got a long way to go
Yes we all got a long way to go

まだまだ道のりは遠く長く続いている

俺たちみんなに前途多難な道が待っている
何が俺らを引き離しているんだ?
ただの我儘なのか?
オレらをつなぎとめているもの
それは愛じゃないのか?
生涯感動屋だったあの男に訊いてみろよ
そう、誰からもバカにされ続けた男さ

道路の端しか歩けなかったオレの救世主はどこにいる?
十字軍へと向かう道を指し示す男はどこだ?
オレは眠りの中で蠢く影を見る
それは盲目の詩人を墓場へと導くもの
道のりはまだまだ長い

友よ、オレのためにエネルギーを浪費しないでくれ
道はまだまだ長く続いている
いつかまた会えるだろうから
この先はお前だけで行ってくれ
沈黙は言葉より雄弁だ
何でオレは泣いているんだ?
これはオレが決めたこと
そんな生き方が死ぬほど好きなんだよ
僕等にはまだまだ先がある
前途多難な道が長く続くんだ


 


2018.08.16 Thursday

School's Out

JUGEMテーマ:音楽



↑白浜久プロジェクト「School's Out」

1972年、アリスクーパー・グループの同名タイトルのアルバムからシングルカット
最大ヒットとなった
1997年に50歳でこの世を去ったグレン・バクストンのリフをきっかけに
メンバー全員で書き上げた
プロデューサーはボブ・エズリン
ボブはバンドの演奏が気に入らない時は
お抱えのスタジオミュージシャンを使ってさっさと作り上げてしまう
特にギターに関しては厳しくて
スティーブ・ハンターとディック・ワグナーという凄腕スタジオミュージシャンに
差し替えられたギターテイクは無茶苦茶多い
アリスクーパー・グループも随分と差し替えられているけど
この曲はリード担当のグレンとサイドのマイケル・ブルースが弾いている
実はマイケル・ブルースって僕のフェイバリットなんだよね
(初期のアリスクーパー・グループの多くの曲は彼によって書かれている)

Well we got no choice, All the girls and boys
Making all that noise, 'Cause they found new toys
Well we can't salute ya, Can't find a flag
If that don't suit ya, That's a drag
School's out for summer, School's out forever
School's been blown to pieces
No more pencils, No more books
No more teacher's dirty looks

全てのガキンチョ達よ
選択の余地はない
思いっきり騒ごうぜ
あいつらは新しいオモチャを手に入れたみたいだから
そうだ、俺たちは敬礼もしないし
国旗に誓いもたてない
肌に合わないものは
そのままゴミタメ行きってわけさ
さあ、夏休みだ
永久に休暇を楽しもうぜ
学校なんて粉々に吹き飛ばしてやれ
鉛筆も教科書も
汚いなりをしたセンコーにも
永遠にさよならだ


 

▲top