Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.03.13 Tuesday

教育方針に感涙?

JUGEMテーマ:教育



​TV点けたら昼ワイドでやってた
籠池氏と首相夫人の映像を繰り返し

幼稚園児が北朝鮮のマスゲームのごとく
​同じセリフ、同じ動きをするのを見て
「感動しました」
​と涙を流すことを批難はしない
感じ方は人それぞれだし
​幼少期の軍隊的指導がその後の人生に与える影響についても
よく分からない

​だが幼稚園児が何もわからず
​「安倍首相を尊敬しています」とピーチクさえずっている図は
個人的には異常に思える
​少なくとも教育の場でそういうことを強制すべきではない
と思っている

安倍夫婦を尊敬する自由と同じくらい
嫌悪する自由が与えられて
​はじめてこの国を民主国家と呼べるのだ
首相夫人は深い考え無しに褒めたんだろうが
​名誉校長まで引き受けて
「私は関係ない」
では済まされないんぢゃないか!?
 

2018.02.14 Wednesday

奨学金破産

JUGEMテーマ:学費・奨学金


↑東京 5:00 p.m 陽が富士山の北側に沈んでいく


​今週の朝日社会面は「奨学金破産」

​我々の親世代に訊くと「返すわきゃ無いだろ」と言う
​我々の世代だと新聞配達で学費、アパート代、食費を賄っていた

低金利の奨学金制度は小泉政権時に潰したんぢゃなかったかな
​(竹中が戦犯ぢゃなかろーか)

大学卒業時に500万以上の借金を背負っている子の数が
​年々増えているのも問題だが
​奨学金で自己破産した人は、この5年で1万5千人とのこと
その半数は保証人になった親たち

これはもう政治が悪いわ



↑マシュー&スザンナ「キラークイーン」

​彼らの2作目は70年代カバー
 

2017.05.09 Tuesday

塚本幼稚園だけぢゃないのか

JUGEMテーマ:経済全般


↑ 東京 3:00 p.m 曇り いまにも泣き出しそうな空模様

森友学園問題
​ブスブスとくすぶり続けるも関係者の逮捕には至っておらんようぢゃのぅ
​障害者受け入れの補助金、なんで保護者に黙っていたのかね!?
​コソコソ不正受給するメリットがあるとも思えないんだが・・・
​だって保護者の意向で補助金の額が減るなんて事はないわけでしょう!?
でもまぁ塚本幼稚園以外にも同じく刑事告訴された施設があったから
きっと何某かのダーティな理由があるんだろーな



↑セルソ・フォンセカ「Ela só Pensa em Beijar」
悪童連の影響ですっかりフォンセカ・ファンになってしまった
​今週からボサノバ・アレンジのオケを制作しているんだが
これが​とても楽しい(昔なら結構困ったちゃんだったんだろーけど)
​ところでフォンセカさん、ワシと同い年なのよね
人生いろいろです


※14thのデモ盤「songs for 14th」受付中
残りあと僅か
 

2016.06.06 Monday

ヘイトスピーチ

JUGEMテーマ:戦争・紛争



東京 3:00 a.m 写真は昨日ソフバンが広島にサヨナラ負けした時の東京の空
ビール半ダース呑んだところで気絶
気が付くと深夜1時を回っていた

川崎のヘイトデモはどうなったんだろう?
と調べてみたら人種差別に反対する人のいわゆる逆デモの人達の声に圧されて10m進んだところで中止
ということは起きた時にはもう終わっていたのか・・・
こうした市民運動にも機会あれば参加していかんとイカンな
ボケーッとビール呑んでいた自分が恥ずかしい

デモ主催者は「許可を取ったのにデモが出来ないのは言論弾圧だ」とメディアに語ったそうだ
日本人だけの日本を作りたいという気持ちを持つ人を否定はしないけど
日本人をどう定義するかによるんぢゃないかなぁ
皇室も高句麗だか百済の王朝と婚姻関係があったというし
そんなに自分の血を守りたいのなら志同じ人と無人島にでも行って誰とも(サルとも)交わらずに
純潔を守っていけばいいぢゃないですか
個人的には気化せずとも選挙権とかその他不利なものを(優遇措置も含め)平等にするべきではないか
・・と思っている

話変わるが次期都知事について街の声は橋下さん、東国原さん、色々出ているけど
ワシは村木厚子さんがいいんぢゃないかなぁと思っている
女性初の都知事、そろそろいいんぢゃありませんか?


「小山卓治vs白浜久」九州ツアー決定
 

2015.01.29 Thursday

ランドセル廃止党があってもいい

JUGEMテーマ:健康


2.7用の譜面をPDFにして光浩さんに送り

ドラムの打ち込みをしていたら・・・

うわお! あっという間に朝の5時ぢゃないか!

ふぅ・・・新しいコーヒーを入れよう

休憩っ!


閑話休題ジョギングしていると

時間帯によってすれ違う人種が異なる

正午頃だと小学1〜2年

その後は小学3〜4年

夕方頃は小学5〜6年

1〜2年生は自分の身体ほどのランドセルを背負ってフラフラして

3〜4年生はランドセルに入り切らない給食袋やら何やらを振り回し

5〜6年生ともなるとランドセルが窮屈そうだ

成長著しい6年間、同じ入れ物を強要する日本の教育制度って

未だに是正されないんだなぁ

イ*−@&ドーのTVCMだったかなぁ

¥36000くらいしたような・・・

!!!???

6で割ると¥6000

毎年身体に合ったリュックを買える金額だ

それも荷物の少ない日用と多い日用の2個を用意出来る

それとも同じ格好で通学させないと困ることでもあるんかなぁ・・・

まぁ平等がどーたら・・ってのも解るが

マイナス面のほうも無視出来ないくらいに大きいと思うけどな

しかも高いし

まぁ考えてみると大人になって社会に出ても

結局は不釣り合いで不便なランドセルのようなものを

ずっと背負わされているようなものだけど

それが人生というものかもしれない

話逸れるが、学生服をユニクロが作ったらかなり安く出来そうだけど

あれもガッチリと既得権益が守られていそうだなぁ


↑マーラー No.5 / カラヤン指揮 ベルリンフィル

ドイツのオーケストラがマーラーの作品を演る

ナチドイツ時代にはあり得なかった組み合わせだ

ちなみにカラヤンはオーストリア人(ナチ党員だったらしいが)

ドイツ人指揮者というと巨匠フルトヴェングラーの名が最初に浮かぶが

録音は残っていないみたいだなぁ

マーラーリバイバル最大の功績者はやっぱバーンスタインなんだろう

ウェストサイド物語を改めて聴くと

マーラーに入れ込んだ気持ちが分らなくもない

とゆーわけで相変わらず仕事部屋でも

ジョギング中でも

銀行に行く時でも

居間でくつろぐ時でも

マーラーしか聴いていない


▲top