Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.01.14 Sunday

ムーミンは何処に住んでいる!?

JUGEMテーマ:健康


​↑東京 正午 快晴 日本海側の大雪をニュースで見る度、申し訳ない気分になるほどの天候


ムーミンは何処に住んでいる?

​昨日のセンター試験地理Bの問題だそう
答えは勿論フィンランド
​トーベヤンソンさんの祖国だし、多肢選択式で
デンマーク、スエーデン、アイスランド、フィンランド、南横堀
・・・とくればフィンランドしかないけどさ

​なんか解せんな
これが記述式だったら
​フィンランドと書く人は少ないんぢゃなかろーか
​(だって創造の生き物ですよ)

​「ムーミン村」
とか
「クルーブハル島」
とか
​こっちのほうがなんかしっくりくるなぁ

​ところで人嫌いで有名だったトーベさんも僕くらいの歳になってから
トゥーリッキ・ピエティラさんという恋人を得て
クルーブハル島での生活ぶりは映画にもなっている(「Travel with Tove」「Haru - the island of the solitary」)



↑初冬のクルーブハル島


↑アニメでも似たようなシーンがあったよーな・・・

​トーベさん没後、ムーミンファンの聖地になったんだろうなぁ
​もともと無人だったこの島を印税で買い上げ
隠遁生活を始めたって話だったよーな・・・
死ぬまでに行ってみたい場所ではある

 

〈小山卓治 × 白浜久〉Live at Harness
2018年2月3日(土)阿佐ヶ谷 harness 開場 18:00 / 開演 18:30
〈チケット〉前売 : ¥3,000 当日 : ¥3,500(各1ドリンク別 / 整理番号なし)
※チケットの申し込み受付窓口はharness店頭のみ(電話 or メール)
〈会場詳細〉杉並区阿佐谷南2-18-9 ゴールドビル阿佐ヶ谷B1
http://livebarharness.web.fc2.com/
 


2014.12.12 Friday

ジバニャンは可愛い


社会現象と言って差し支えないだろう

「妖怪ウォッチ」

今朝の某新聞にレビューが載っていた

要約すると

「どらえもん、クレヨンしんちゃん、ピカチューの寄せ集め」

・・ということになるのだろうか

まぁ、批判出来るほど上記のアニメは観ていないんだが

僕はそうは思わない

この作品の優れているところは

1.性格の悪い登場人物がいない

2.妖怪をやっつける(消滅させる)ことが主たる目的ではなく友達になること

3.決着にシロクロつけない


素晴らしい!

まぁ元々はゲームだったようだし

子供が観て喜んでいるんだから

大人が水差さんでもええぢゃないか

大目に見てあげたら!?

それに今在る作品の殆どは焼き増しなんぢゃなかろーか

音楽然り、映画然り、ドラマ然り

そしてアニメもまた然りだ


2014.11.29 Saturday

アキバは熱い

JUGEMテーマ:経済全般

↑久々にアキバにいったらこんなビルが建設されていた


出張で東京に出て来た博多の同級ヒロノと御茶ノ水で楽器店巡り

その後アキバを散策

相変わらず中国人観光客、多いのう

数年前、中国国内で吹き荒れた反日騒動がウソのようだ

全く・・・あの人達は自国の抱える巨大なエゴと矛盾をどう思っているんだろうか

別に訊きたくもないけど(訊いても無駄だろうから)


日本製電気釜を両手に抱えて座り込んでいる中国人を見ていると

40年前にヨーロッパ旅行に行った日本の農協も同じような目で見られたんだろうか

戦後民主主義の中で日本人はかなり頑張ったと思う

アジア全土に戦後補償を行いながら

文句も言わず働き

世界市場で1500mリレーやったら

いつの間にかぶっちぎりで1位になっていた

そして誰もが実感した(と思う)

「頑張ればいつかきっと報われる」

僕の世代はそんな空気が時代を包んでいたし

その恩恵を最も受けたのも僕等世代だった

時は移り・・・今、「努力に応じた未来」を信じて頑張っている若者を探すのは

とても難しい

女子高生の格好で、あるいはコスプレで客引きをしている女の子達にも

うつむいてAKB劇場に向かう男の子達にとっても

明るい未来は幻想になってしまった

そんな情けない国になり下がった原因の一端は

僕にもある(多分)

大人として、アーティストとして

若い世代に本当に申し訳なかったと思う

だからというわけではないが

残りの人生、人に優しく

国政の過ちを見逃さず

晴耕雨読で生きていこう

なんか支離滅裂な文章だなぁ


2011.12.10 Saturday

サントラ

pingdrumCD


キングレコードからサンプルCDが届いた

僕のコメントはタスキに掲載される予定だったが・・・

表2ページいっぱいに印刷されとる

雲のところにコメントが入るんだが

これは発売までのお楽しみとゆーことで御勘弁を!

昨日の「ピンドラ」は死者と生者と生者に憑依した死者とが交錯

ペンギン3号は生存戦略出来なかった妹の死と共に消え

ペンギン1号も兄同様虫の息

あと二話で完結

深夜帯のアニメとしてはダントツの視聴率とのことだが

無関係なものを深い意味もなくぶちこむ電波系とは違って

正真正銘ダダイズムで面白い

DVD欲しいなあ・・・

担当のTさん、下さいっ! DVDでいいです ブルーレイプレーヤー持ってないから


2011.11.12 Saturday

ペンギン萌え

カメラマンのAPIさんはけっこうアニメおたくで・・・

先日も「ピンドラのエンディングのBad News、ばっちりストーリにあってるね」

「灰色もいいねぇ」

・・・とアニメ「輪るピングドラム」を気に入っている御様子

先週に続き今週も観ることが出来た

最愛の人をテロで失った男が実行犯の兄妹を捕まえて親父を探し出し・・・

復讐を果たす計画は失敗

その男の過去も凄まじいものがあった

親に捨てられた子供は「子供ブロイラー」なる工場に連れていかれて

巨大シュレッダーで粉砕

「透明な存在」となる

そこから救ってくれた女の子が主人公の親に殺された、と

そこまでは解った

この「透明な存在」って僕等世代には馴染みのあるキーワード

宮崎勤かサカキバラ事件だったような・・・

で、今週のエンディングテーマは「灰色の水曜日」

12月21日にサントラCDがスターチャイルド(King Records)から発売されるが

収録曲は全11曲でまだオンエアされていない曲が6曲ある

ファンの方々の楽しみは奪いたくないのでここでは伏せておきましょう

ところで守護霊みたいに兄妹についているペンギン

今週も可愛いかった

こういうセンスって僕には凄く理解出来る

僕の詩にJ・ジュネとF・サガンが共存しているのと一緒だ

明日はゲオに出向き幾原邦彦監督の作品、全部借りる予定


▲top