Hisashi Shirahama Official Blog


<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.04.07 Tuesday

緊急事態宣言前夜


↑ Rickenbacker 360/12 今は6弦仕様にしている


リッケンバッカー改造

チョーいい加減なリッケン12弦のテイルピース(弦を留める部分)
田中一郎氏が同じくリッケンの6弦のテイルピースを換えたら
音も弾き心地も「激変した」とのこと



↑ 1つの穴に弦を2本通す かなり無理を強いているのが誰の目にも明らか



↑ テイルピース取り付け位置の強度を確認する



↑ 一郎さんから頂いた12弦テイルピース かなり頑丈 ブリッジに寄せるとこんなカンジ



↑ ブリッジから最も遠ざけた場合 ま、これは無いか



↑ ブリッジとエンドピンの真ん中辺り


取り付けの際にはボディに穴を開けることになるから
じっくり考えて後悔無きように。
コロナ終息まで巣ごもり状態やけんね
時間だけは沢山ある
 

2020.03.16 Monday

機材のメンテナンス




ギターのメンテ

2年半ほど博多に預けていたPGM製のストラト
ツアー終了後に東京に持ち帰りじっくりメンテ
ツアー中にも何度か音切れやプラグからガリが出たので
ジャックを新品に交換
それとどうやらホットが導電塗料に当たっていたようだ
ジャックが緩んで動いてしまったんだろうなぁ
今回はジャックが廻ってもシールドに当たらないようにザグリを入れて
バカになったネジ穴を補強


スピーカーを入れ替える

これまで録音用として使っていた12インチスピーカーを
ライブ用として使うことになったから
代りにフェンダー・プロジュニアに付いていた10インチを録音用の
バケツスピーカーに移植
ふう・・・
あとはプロジュニアに搭載するスピーカーを注文するのみ
3つまで絞り込んだが・・・悩むなぁブツブツ



↑かなり手を加えたPGMストラト



↑ 作業をじっと見つめる噛み猫ミカン

 

2020.03.14 Saturday

ギタ女フェス in Tokyo

JUGEMテーマ:アコースティックギター

第2回ギタ女フェスオーディションのご案内

主催:ギタ女フェス 協賛:ブルーリッジ・ジャパン

東京予選
日時:4月16日(木)16時より受付、開演17時より
会場:TOKYO FMホール (東京都千代田区麹町1-7)

応募資格
アコースティックギターによるオリジナル演奏を1曲披露出来る18歳以上の女性で
特定のレコード会社、音楽出版社、プロダクション等と専属契約してない方
参加費 ¥3,000

応募&問合せ
アーティスト名と連絡先電話番号を下記メールアドレス宛にお送りください
※参加費は当日受付で御支払いください
東京予選:gutfes@gmail.com

優秀者特典
2020年5月8日TOKYO FMホールにて開催されるギタ女フェスへの参加資格と
同施設スタジオにおけるレコーディング
 
皆さまの御参加をお待ちしています!


2020.03.13 Friday

テレキャスター改造



テレキャスター改造

昨年から今年にかけてメインギターとして使用
つまりかなり気に入っていたということだ
九州ツアーではアンプがQuilterだったせいか
改善の余地あり、と判断
早速手を加えることにした

前回の改造はポット、コンデンサー、ブリッジの変更
今回はリアピックアップの交換だ



↑ 左がこれまで使用していたダンカンSTL2、右がディマジオDP421




新しいピックアップはフロントのハムバッカーよりも音がデカい
これまで下げていたフロントピックアップを弦近くまで上げてバランスをとる
以前はフロントとリアの音質の差にやや違和感があったんだが
これで解消された
ライブは当分出来ないけど、録音が楽しみだ
 


2020.03.04 Wednesday

ギタ女フェス

 


ギタ女フェス in 九州

2月22日、福岡キャバーンビートに集ったギター女子は17名
うち4アーティスト6名が目出度く選ばれ
5月8日のトーキョーエフエムホールの大ステージに立つ
(新型ウィルスの終息を祈るしかないが・・・)


CO2


岩崎桃子


博多フォーク同好会


MIZUHO


本当は全員連れて行きたかった

17組、それぞれに個性的で素晴らしかった(ま、眩しい!)
多めに福岡で推薦し、エフエムトーキョー側がさらに絞り込んだ
何を基準に選別したかというとイベントの趣旨との合致加減
存在感、テクニックが彼女らより上のコもいた
が、彼女らの多くはバンドを組んでいて
聴いていてもそのバンドが守護霊のように浮き上がってくる
長いこと音楽の仕事に携わっているとそうしたものが
否応なく分ってしまうのだ
そういったバンド向きのコは最終的に選ばれなかった
審査に1週間は掛けたからフェアな結果だと思う

とは言え落ちた人達の中にも逸材はゴロゴロいるから
今後キャバーンビートとボクとでプロデュースしていく予定だ
(勿論本人がそれを望んでいるのなら、だが)

元山朋美さん
浩子クレメニアさん
坂元ルナさん
ShoKoさん
江口実里さん
清水舞伎子さん
はるかさん
つかささん
えとぴりかさん
あかたろさん
Natyu.さん
ふみなさん
上野咲妃さん
松尾知華さん
田久保美希さん

タレントとしてデビュー出来そうなコもいたから今後楽しみ
彼女らの名前を憶えておいて欲しい
きっと近い将来目にするだろうから
 

 


▲top