Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.11.13 Tuesday

一国の総理がウソツキってのもねぇ

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ my name is Mikan. 格闘の末、ようやく目ヤニを取った。


アベ+ペンス米副大統領の会談

共同会見でアベは
「拉致問題を第一に、北朝鮮非核化に向け
国連安保理決議履行が必要であるとの認識で一致」
続いてペンス氏
「日本とサービス含む各分野において歴史的な自由貿易交渉を開始する」

ここまで両者の主張が異なる会見も珍しいな。
茂木経済再生相は
「どこにもFTAの文字はない」
って、これどう屁理屈こねてもやることはFTAでしょ

個人的にはクルマ関税が25%でも100%でも別に構わんけど
(過去フランスは日本車に最高230%関税かけたことなかったっけ?)
これ以上食料自給率下げるようなこと、やって欲しくないなぁ



おやすみにニャさい〜
 

2018.11.13 Tuesday

入管法審議入り

JUGEMテーマ:ねこのきもち



東京 11:00 a.m 曇り一時雨 15℃


中身スカスカの入管法改正

アベが野党の質問に
「成立後に決める」
とふざけたことを言っていたが
本当だったのか。
資格、期限、諸条件等は通過後、国会を通さず
省令で決めることになる

とんでもない法律だ。
立法府がこんないい加減なことやってていいのか。
人手不足なのは分る。
そもそも人手不足に陥るのは労働内容に比べ
給与がかなり低いのが主たる要因なのではないか。
そもそもこの法律は、劣悪な労働条件から
外国人留学生、技能実習生を守るために改正すべきもの。
いつから政権は経団連の下請け組織になったんだ!?
なにより信じられないのは内閣支持率が4%も上がったことだよ


第一次大戦終戦100年

この11日でちょうど100年の節目なんだそう。
トランプ氏は戦没者の記念式典に出席するため
パリくんだりまで行ったんぢゃなかったのか!?
雨を理由に欠席。
フランス主宰の平和会議も欠席したとか

ここ数日でイスラエル・パレスチナの爆撃が激しくなっている。
大使館移転問題だけでもトランプには相当の責任がある。
マクロン氏が式典で述べた
「自国利益が第一という考えでは、国家の倫理的価値観が失われてしまう」
これはトランプに向けた言葉に違いない


三日目のみかん

お腹が空くとニャーニャー言って催促するようになった。
解り易い。
一日4回くらい2種類のキャットフードを混ぜて与えている。
2時間経たずに催促する時はおやつにチャオチュールを少し

時代は変わった。
昔はご主人様の残り飯だったものなぁ。
余りご飯に味噌汁ぶっかけて骨だけになった魚(頭はある)か
出汁をとった煮干しをのっけたいわゆるネコマンマ。
そもそもキャットフードなんて無かったし(多分)
ネコがオヤジの動線で寝てようものなら
躊躇なく蹴飛ばされていた。
そそうしたら「反省せい!」と家から締め出され
「ごめんなさい、入れてニャー!」と
一晩中窓をカリカリ掻いていた。
随分な扱いだ。
あの当時、猫権擁護団体があったら
ウチは間違いなく爆弾投げ込まれていただろう


↑居間でパソコン作業中に膝でねんねこするみかん

 

2018.11.11 Sunday

日本もバカにされたもんだ

JUGEMテーマ:ねこのきもち

東京 8:00 a.m 晴れ


トランプの会見で見えた事

中間選挙の翌日のホワイトハウスでの記者会見の終盤
日本の記者の問いに
「アベに宜しく言っておいてくれ。
自動車関税では彼も喜んでいることだろう」

と嫌味たっぷり。
完全にナメられとるな

年間およそ180万台の日本車が全米で売られている。
何割かは米国内で組み立てられたものだが
およそ600億ドルの貿易赤字が
どうしても我慢ならんらしい。
「日本でアメ車が売れないのは日本の高関税のせいだ」
と主張しているが
ヨーロッパ車がこれだけ売れているんだから
アメ車に問題があるんぢゃないのかなぁ
(昔ポンティアックのファイアーバードに乗っていたけど
もの凄く問題のあるクルマだった)




↑ネズミ獲りに引っ掛かって保護された子猫

保護猫

嫁が「可哀そうな猫がいるから引き取る」とゆーから
「コラーッ。それ以上は多頭飼い。ダメ!」
と言った手前ウチで引き取るハメに・・・
取り敢えずトイレと砂とネコジャラシを急いで買ってくる。
これから検査、ワクチン、不妊治療やらで一体幾らかかるんだか・・・
ブルーリッジのギターが遠のいてしまった



 

2018.11.10 Saturday

移民とは

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 11:00 a.m 快晴


移民の定義

5日ほど延びて13日に入管法が審議入り
内閣委員会で野党の「入管法は移民政策なのか?」の問いに
アベは「定義は多義的だ」を繰り返すだけ。
質問に答えてない(また御飯論法が始まったよ)
せめて多義的であることの証明くらいして貰いたいもんだ

米、カナダは移民を「永住権を持つ外国人」と定義している。
国連は「1年以上外国に住む者」
OECDは「上限なく在留資格更新が出来る者」と定めている。
日本はこれにあたる

世界が移民排斥に動くなか、日本の決断は勇気ある行為と言えなくもない。
ただ現政権とメルケルさんの移民政策は根本理念が全く違う(と思う)
それに現時点でも永住権を持って日本に住んでいる外国人は欧米並みの比率。
年々増え続けている。
さらにハードルを下げる必然は見当たらない。
与党連中は自分の身内が犯罪被害者にならない限り
真剣に取り組む気などないんだろうなぁ


片山、桜田以外にもあるぢゃろう

野党はこの二人に集中砲火を浴びせている。
既に火だるま
将棋でいうと、とっくに詰んでいる
この数年「職務を全うするのが責任」をキャッチコピーに
誰も責任を取らない状態が続いている

昨年度の国費無駄遣いは1156億円
会計検査院が出した数値だから
実際はその10倍はあるんじゃなかろーか。
金の密輸に大手商社が関与していることも明るみになった。
驚くべきは財務省の他人事的な態度。
節約を徹底すれば消費税上げる必要なかろう。
何より累進課税を復活させれば
消費税そのものを撤廃できるのだ。
これを公約の目玉にすれば新たな受け皿として
来年の参院選は大勝利間違いなしだと思うんだがなぁ。
共産党が近年失速したのは、9条に拘って
累進課税がプライオリティの下位にあるからだ



↑ My name is Fei. ただいまふてねちゅ〜ですニョ
 


2018.11.06 Tuesday

入管法改正

JUGEMテーマ:国会


出入国管理法改正案

閣議決定され今国会に提出するも野党猛反発
何がどう変わるんだ?

3年前の改正では高度専門職1号は就労期間が5年で
一部例外を除き家族の帯同は許されない
1号が3年、真面目に働いて事件を起こさなければ
2号に昇格出来る、と。
2号は事実上の永住で家族を呼び寄せられる
・・・とゆーものだった

今回の改正ではハードルをグーンと下げるみたいやね。
当初は人手不足の建設・介護・農業・宿泊・造船の業種に限る
ということだったが、外食産業、ビルメンテ等14業種に拡大するとのこと。
外国人労働者は日本人に比べ低賃金だそうだが
10年前は50万人弱だった彼らは昨年120万を超えた。
政府は来年4月に4万人程度の外国人を受け入れると言っているが
専門家は「数年で今の2〜3倍に膨れ上がる」と警鐘を鳴らす。
一番心配なのが治安の悪化。
技能実習で来日した外国人が逃走し、今も行方知れずになっている人数は
昨年だけで7000人もいるとか。

野党の「最終的に何人受け入れるのか?」の問いに
山下法相は「そういった想定はしていない」(つまり制限はしない)
と回答。
しかも技能試験の中身や履歴については
「法案を通した後で決める」
そうだ。
幾ら人手不足が深刻とはいえ、これはちょっと乱暴に過ぎる(と思う)



↑セロニアス・モンク「Don't blame me」

モンクのピアノを聴いていると大学時代に通っていたジャズ喫茶(DIGと言ったかな)
を思い出す。
アルティックの大スピーカーから流れる大音量と煙草の煙。
誰も口を開かないし(耳元で怒鳴らなければ会話は無理)
客のほぼ全員がヘビースモーカーだった。
受動喫煙なんて言葉が生まれるずっと前のことだ。
本を読む人も多かった(あんな暴力的な音量でよく読めたな)
コーヒー一杯で何時間でも居られた
良い時代だったな
 

▲top