Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2019.01.21 Monday

ショスタコーヴィッチを聴く

JUGEMテーマ:戦争・紛争



↑ ショスタコーヴィッチ作曲 交響曲2番 op.14「October」

ショスタコーヴィッチを最初に聴いたのはこの2番だったから
​どうしても「聴くんなら2番からだよ」ということになる。
5番から聴いていたら「やっぱ5番でしょ」
と言っていたかもしれない
演奏はアズサ・パシフィック大学オーケストラとあるが
どこの国か知らないが、まぁいわゆる音大だな
確かに若い音ではある
OB&OGも混じっているようだけど

ショスタコーヴィッチはソヴィエトの作曲家で
2つの世界大戦の頃に最も活躍した人
15もの交響曲を書いてマーラー以降最も偉大な20世紀の作曲家
・・・と言われている。
時期が時期だっただけに、ソヴィエト政府御用達作家
の汚名を着せられたこともあったようだ。
ちょうどワグナーがドイツ民族を鼓舞したのと同じように

2番は10月革命を祝う曲として政府から依頼されて作った
・・・ということになっている。
確かに曲の構成は混沌から始まり徐々に協調へと向かっていく
だが、漠然とした不安感のようなものがこの曲の根底にずっとある
(書かれたのは第一次大戦終了の9年後、第二次大戦が始まる12年前だ)
だから政府の依頼をクリアしつつ
体制批判をこっそり盛り込んでいたんじゃないかなぁ
聴いていると、そんな気がするんだけど

シェーンベルクの影響をバッチリ受けているのも判るな
それにしても・・・マーラー以降に作られた交響曲って
演っている人はあんまし楽しくないんぢゃないかなぁ・・・
指揮者は面白そうだけど
それはつまりバッハやモーツァルト(あるいはブラームス)のように
パートの主従関係が演っている人にも解るのと違って
主役を食うようなカウンターのメロディが脈絡も無く現れたり
12音技法によってマイナーとメジャーのメロが容赦なく入れ替わるからさ

自分の役割を追求したら「なんだ、随分つまんない役どころだな」

と憤慨するプレーヤーもいそうだ

時計を見ると午前2時半
イドを覗き込む時間にビールをちびちび飲みながら
ショスタコーヴィッチの魂の音楽はまだ続いている
こーゆーのって人生の喜びではあるんだが・・・
身体には悪いな

 


2019.01.05 Saturday

21世紀の脱亜論

JUGEMテーマ:戦争・紛争


↑ 正午の東京 快晴 8℃

ダイエットひと月と5日:2キロのリバウンドで7キロ減


韓国の反論動画



え? 何これ?? BGM付き???
ギャハハー!!
日本政府の主張を覆す証拠動画とか言ってなかったか?
政府が反証として出すものにBGMが付いとるなんて
前代未聞ぢゃね!?
どこぞの高校生ユーチューバーぢゃあるまいし
アタマ悪過ぎ。
よくもまぁこんなもん出せたもんだ
恥ずかしくないのかねぇ・・・
独立国家としてもっと自覚持ってほしいなぁ

さて、彼等がいう日本の哨戒機が低空で急接近してきたという主張だが
正しいか?
正しくない。素人の僕でも判る
韓国船から撮られた映像では日本機は豆粒大
1000M以上は優に離れているんではなかろーか
そして日本機からの映像も流用されている(は? 何で??)
最初は韓国船のかなり近くを飛行しているように見えるが
そのままの態勢でズームアウトされ
両者の距離はかなり離れているのが見て取れる

時事通信によると公開された動画の殆どが日本機撮影のもので
韓国船から撮られた映像はわずか10秒ほどだそうだ。
いまのところ韓国語と英語バージョンのみらしいが
多くの言語に訳して公開していくらしい

あれに騙される人はそうそういないんぢゃないかなぁ
まぁ日本の主張が正しいことが証明されるわけだし
諸外国が今後、韓国に対する態度を改める良い機会だから
やらせておけば!?


21世紀の脱亜論

西村幸祐著{21世紀の「脱亜論」}が売れに売れているそうだ
本家の脱亜論は1885年3月の時事新報社説に掲載された
著者が福沢諭吉ってことは広く知られているが
当時は無記名だった。
というのも時事新報をつくったの、この人だから。
そして諭吉さんの本もいま再び脚光を浴びている

「悪友を親しむ者はともに悪名を免るべからず。
我は心においてアジア東方の悪友を謝絶するもの也」


憂うは中国、朝鮮が隣国で
近代化の波に乗れないまま日本のお荷物になる
その前にとっとと縁切りしましょ
と言っている。
で、出版社は
「福沢諭吉は100年先の未来を予見したスゴイ人」
と煽ってせっせと増刷しておるわけやね

その福沢諭吉の本だが、自慢ぢゃないが
ちゃんと読んだことがない(ほんとに自慢にならんな)
そして今後も読むつもりはない(多分)

日本が韓国、中国から目の敵にされるのは仕方ない(と思う)
だがその償いは歴史上最大の金額だった筈だ
世界は広い
友達になれない人種がいたってそれは仕方ないんぢゃないか
・・・とゆーワケで、僕は死ぬまで中韓には行かなくていいや



↑ ゴハンくって(Eat)



↑ あそんで (Play)



↑ ねる (Sleep)

 

2019.01.04 Friday

日韓関係泥沼

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 3:00 p.m 快晴 6℃

ダイエット1月と4日目:ちょいリバウンド


もはや友好国とは言えまい

友好関係にある2国間は事実関係をもって争わないのが原則だ。
だから日本はレーダー照射した韓国に対して謝罪は要求していない
再発防止に努めよと言っただけだ。
ところが韓国は主張が二転三転した挙句、今年に入って
「海上自衛隊機が低空飛行で突っ込んできた。謝罪せよ」
ときたもんだ。
徴用工判決に対する日本側の態度に、反日感情が燃え上がったんだろう

ボクはその場にいたわけではないから日本が100%正しくて
韓国が100%悪いとは言えない。
が、1965年の日韓基本条約、2015年の日韓合意を
金だけ取って翻す韓国政府はハナっから信用していない。
かといって日本政府が立派な組織かとゆーと
これまたデタラメな半グレ集団に墜しているからねぇ・・・
残る道は一つ
友好関係を解消して、付き合いを絶つことだな

3月1日は韓国の独立運動記念日だ
南北合同でやるとの噂もある。
それまでに日韓関係が修復されることは
まずなかろー。
この時期に韓国旅行に行く能天気な日本人は
怪我しても文句は言うなよ


日銀の株支え、いい加減やめなさい

2019年は2万円割れで始まったとか。
僕は株なんてやってないから
関係ないっちゃ無いんだが・・・
日銀が万札ジャブジャブ刷って株を買い支えしたり
アベのバカチンが年金を株買いに遣い込んだりしている愚行
というより蛮行は看過できない・・・
と、えらそーに言ったところで何も出来ないのが腹立たしい

生活困窮者が全員、選挙で共産党に投票したら
保守も目を覚ますんじゃないかな


話は180度変わるが・・・

今日、アルバンベルク・カルテットが演るブラームスの弦楽四重奏のCDをゲット
ブラームスというと交響楽は高く評価されているけど
弦楽四重奏曲は全くと言っていいほど地味とゆーか
「そんなんあったっけ?」ってくらいに話題にならない
まぁボクもその一人ではあるんだけど

ARBの「Last Call」では弦楽四重奏が聴ける
ヴァイオリン2本、ビオラ、チェロのアレンジはボクがやった
今聴いてもちゃんとしている。
あの頃はバッハ以外のクラシックはあんまし聴かなかったからなぁ
あらためてブラームスの弦カルを聴くとなかなか良いよ(エラそうですが)




↑ みかんは勝手にお遊び中
 

2018.12.21 Friday

安倍外交の愚

JUGEMテーマ:戦争・紛争



ダイエット20日目:7キロ減のまま


プーチン会見

年末恒例の会見でプーチンが2島返還について
あらためて否定した(と言って差し支えないだろう)
アベの「歯舞色丹には米軍基地は置かない」(から2島返して)
の要望にプーチンは
「沖縄の基地問題を鑑みるに、安倍総理の言葉は全く信用出来ない。
知事が基地拡大に反対しているが、アメリカに何も言えない。
人々が撤去を求めているのに、基地は強化される。
みなが反対しているのにアメリカの言いなりに計画が進んでいるではないか」

とバッサリ
プーチンよ、よくぞ言ってくれた!

つい3日前、ラブロフ外相が
「日本側が北方領土は第2次大戦の結果、ロシア領になったと認めなければ
平和条約締結交渉は進展しない」
と発言したばかり
安倍外交の今回の失敗は取り返しのつかない事態を招いてしまった。
メディアはこの事をもっと深刻に受け止め、きっちり指摘すべきだ

以下ラブロフ外相の発言
「我々が『日ソ共同宣言を基礎にする』という意味は
日本が第2次世界大戦の結果を無条件に受け入れることだ。
日本の立場が変わらなければ、我々は前へ進めない」


彼の発言が意味するところは
「日本側が北方領土をロシア領と認めない限り平和条約は成立しない」
ということだろう

河野外相が日ロ関係について、回答を拒否したのには
こうした背景があるのだろう。
アベ政権の驕りがこうした事態を招いたのだ
猛省して貰いたい。
するわけないか


 

2018.12.14 Friday

民主主義の死

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


民主主義の死に方教えます

・・は金子勝さんの言
勿論政府が辺野古に対して行った強行工事について。
さらに
「安倍政権のやっていることは無能な三代目社長が
サラ金から金を借りまくって部下と毎日宴会やっているようなもん」
とかなり手厳しい(が、その通りだと思う)
だが金子氏が一番憂いているのは
「なんでメディアがこんな政権、こんな総理を持ち上げるんだ!?」
と怒りを隠さない


イザナギ景気は60年代を越えた

んなワケないっしょ
僕は60年代を知っている世代だ
あの健全な高度成長と今の日本の状況を較べることに
何の意味もない
日銀でさえ、政府の発表するGDPに異議を唱えている
が、相変わらず政権はウソの数値をでっち上げ
マスコミが精査もせず垂れ流し状態



↑ 本日みかんと平和条約締結
 

▲top