Hisashi Shirahama Official Blog


<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2020.01.13 Monday

風邪が・・・

JUGEMテーマ:追悼




風邪が・・・

ライブ2日前からくすぶっていた風邪が一気に噴出
ニール・パートの訃報と重なってフテ寝
夕方ようやく復活してRUSHの80年発表の名作「Permanent Waves」
と89年の「Presto」を聴いて過ごした
RUSHはニールによる哲学的な詩も大きな魅力になっていたけど
パーマネントウェイヴスはもう神の領域というか
凄すぎる
興味持たれたかたは是非対訳付きの日本盤を購入することをお勧めする
 


2020.01.12 Sunday

ニール・パート死去

JUGEMテーマ:追悼

↑ RUSH「The seeker」


ニール・パート死去

昨夜、今年初のライブを終えて帰宅途中にネットで知った
数年前、Rushの解散とも活動休止ともとれる不自然な引退劇の裏には
ニールの深刻な病気があったのか
大物アーティストからのオファーをことごとく断り、バンドに専念した
Rushの詩の殆どは彼のペンによるものだ
R.I.P.

 


2019.12.08 Sunday

中村哲さん帰国

JUGEMテーマ:追悼


↑ 中村哲さんの棺を担ぐガニ大統領


中村さん無言の帰国

アフガニスタンでは国葬、或いはそれに類する扱いで
中村さんを帰国の途に着かせた
帰国した際にはアベが出迎えるのか、見たくないな
・・・と思っていたんだが
驚くことに外務大臣も、そこには居なかった
桜の会を追求する野党さえ誰一人として出迎えず
中村さんの死を悼む姿は無かった
はぁ!?
あんた達、恥ずかしくないのか!?
国民は、こんなことを許していいのだろうか!?
僕は日本国民として、というより人として許したくない
こんな恥ずかしいところを世界に見せただけでも
アベ政権は万死に値する
野党にも猛省して貰いたい
 


2019.11.27 Wednesday

R.I.P ダグ・ルバーン

JUGEMテーマ:追悼

↑ Doors「People are strange」


ダグ死去

ドアーズの2ndアルバムから参加していたベーシストのダグ・ルバーン
先週20日に亡くなっていた
享年71歳
合掌・・・

ダグがスキーのインストラクターとしてウィンターリゾート地で働いていた時
キャス・エリオットに「ロスはベーシスト不足だから、行ってみれば?」
とかなんとか言われて調子こいて行ってみたら(17歳だったからねぇ)
L.Aは本当に深刻なベーシスト不足
直ぐに働き口は見つかり翌年クリアライトというバンドでデビュー
そこであの伝説のプロデューサー・ポール・ロスチャイルドに出会い
ドアーズのレコーディングセッションに参加、多くの銘作を生み出した
ジムの死後もセッションプレーヤーとして
ビリー・スクワイヤーやテッド・ニュージェントのアルバムに参加している

ダグはボク同様左利きだ
ただし彼は左利き用のベースを弾き
巨大な岩がゴロゴロ転がる様なサウンドを紡ぎ出す
ドアーズにはピッタリだったんじゃないかな

People are strange when you're stranger
Faces lool ugly when you're alone
Women seem wicked when you're unwanted
Streets are uneven whn you're down

知り合いもいない場所に行ったら
誰だってお互い見知らぬ変人なのさ
君が独りぼっちでいたのならなおのこと
周りの人の顔が歪んで見えるだろう
君にその気が無ければ人待ち顔の彼女だって
睨み返すに決まっている



政界のStranger

与党からの批判も噴出
メディアはモリカケで追及し切れなかったツケを
桜の会で返してやるってな勢いやね

しかし官僚も哀れというか・・・
内閣官房付きといえば超エリートじゃないか
東大法学部卒の上級職が小学生程度の言い訳で
しどろもどろしている図ってのはねぇ
彼等にも家族ってもんがあるんだろう?
アベ政権に逆らうと出世が断たれるからって
政治家の不正を隠蔽するくらいなら
古賀茂明さんや前川喜平さんみたいな生き方もあるだろうに
 

12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.11.22 Friday

追悼・木内みどりさん

JUGEMテーマ:追悼


↑ 昨夕、足場が組み上がった 今日は雨のため工事は午前中で終了


木内みどりさん

令和新撰組に選挙協力しておられた(山本太郎も悔しがっていた)
来年から毎年行われる予定だった広島出身の詩人画家・四國五郎さんの企画展
「時を超えた兄弟の対話」の朗読を広島のスタジオで収録した夜の御不幸だった
反戦、反原発、環境問題を訴え活動する方が早くに亡くなり
原発推進、武器製造輸出に加え環境に全く興味のない政治家が長生きするとは
なんとも言い様の無い悲しみと怒りがこみ上げてくる
木内みどりさんというと昔ビスケットか何かのCMに出ていて
それがとてもほっこりしていて良かったなあ
合掌・・・

 

12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


▲top