Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2020.03.05 Thursday

原爆展

JUGEMテーマ:政権与党について

 


原爆展

来月ニューヨークで開催される原爆展
これに外務省が待ったをかけた
日本の展示物から福島原発関連を外せというのだ
さもなくば支援はしない、と
日本原水爆被害者団体は強く反発している
当たり前だ

アベノミクスの矢の中には原発輸出も含まれている
どうせ官邸が外務官僚に圧力かけたんだろう

3年前、核兵器禁止条約に調印しなかった時を思い出させる
あの時もアベは「核保有国と非保有国との橋渡しをする」
と、とんちんかんな言い訳をしたが
被爆国として明確な姿勢なきままに
一体どうやって保有国を説得するのか!?
これは明らかに核保有を支持し、非保有国を沈黙させるってことだろう!?


いつまで続くコロナウイルスの影響

僕のライブは全部飛ばした
ギューギュー詰め状態ではないから
「消毒、マスク配布で対応出来るのではないか」
との意見もあったが
要はこの新型ウィルスくんの正体が全く解らないのが
個人的に気に入らないのだ
ギタ女フェス in TOKYOも来月予定されている
これから関係者と協議しなければならない





故郷は遠くにありてなんとやら

2週間の故郷滞在で唯一の娯楽は釣りとその後のBBQ大会だった(唯二か!)
人生の師匠秋吉圭介さんの別宅での宴会は月例になっているそうだ
今回は九州ライブに尽力してくれた福田昭彦、塩田和代を中心に行われた
昔の仲間に助けられて早や8年
あと何年生きられるのやら・・・

今回のスケジュールに人間ドックも含まれていたが
3年前ポリープ手術して貰った病院も案の定エラい騒ぎになっていた
院内感染を防ぐためか、はたまたマスクが足りないのか
大混乱していた(ように見えた)
ハァ・・・見えない恐怖がまた・・・
 

 


2019.11.26 Tuesday

ローマ教皇帰る

JUGEMテーマ:原発事故、その後の影響

↑ 屋根まで組み上がった模様 今日の東京は今季最低の7℃ 小雨も混じる


核廃絶を訴える

昨夜ローマ教皇は官邸に出向きアベと会談(オマエが会いに行けっつーの!)
被爆国の役割の重要性について語られた
それに対するアベの声明
聞いてて恥ずかしくなったのはワシだけぢゃあるまい

「日本は唯一の戦争被爆国として国際社会の取り組みを主導していく使命を有している。
非核三原則を堅持して被爆の実相への理解を促進し、核兵器国と非核兵器国の橋渡しに努め
核兵器のない世界の実現に向け粘り強く尽力していく」

だと
よくもまー言えたもんだな
非核三原則はアベ政権下で崩れ去り、武器製造輸出を閣議決定
2年前の核兵器禁止条約には署名すらしなかった

核兵器禁止条約については
「核保有国(安保理常任理事国)を説得するためには署名しないほうが得策」
とかなんとかぬかした輩もいたが
ただのたわごとにしか聞こえんわい


大阪の小6娘

まぁ殺されんで良かった、と言いたいところだが
自分の意思でついていったんだから
いくら子供とはいえ同情は出来ない
大阪に戻って母親と再会、抱き合ってワーワー泣いたとゆーが
ワシならその前に張り倒す
母親のコメントからは親の責任は微塵も感じなかったしな
またやるんじゃないの、このコ!?

 

12.14 イベント「豚骨ロック」Red Shoes
12.27 プロジェクトライブ 吉祥寺GB


2019.08.09 Friday

長崎の日

JUGEMテーマ:戦争・紛争





R.I.P. 長崎

松井広島市長に続き、田上長崎市長もまた
政府に対し、核兵器禁止条約署名を訴えたが
アベは今回もまた無反応
(この男、式典に参加させる意味あるのかな!?)
合掌・・・
 


2019.02.28 Thursday

空振った米朝会談

JUGEMテーマ:戦争・紛争


新しいクルマが家族に加わって10日あまり
愚息は「もう慣れた」と言っておったが・・・
アナログな僕はどうも気後れしちゃって、未だに運転は控えている
だが、今日は大雨だったので仕方なく、重い腰を上げてクルマで買い物に



↑ カルディでスペイン産のサングリアがバーゲン価格で売られていた

ニャングリアってのはスペインでも通じるダシャレなのかな??
さすがにサングリアだけあって甘々だったけど美味しかった ニャア


米朝会談

まぁ予想はしていたんだが、空振りもいいところだ
アメリカは痛くも痒くもなかろー
トランプにしてみれば極東アジアのイザコザなんかより
下院公聴会のほうがよっぽど気になっていただろう
(マイケル・コーエンさんは5月から服役するとのこと)



↑厚労省タジタジ
 


2016.05.28 Saturday

The people frightened at a change.

JUGEMテーマ:戦争・紛争



東京 10:00 a.m 曇り

記念碑的な夕べから一夜明けて新聞をざっとチェック
アメリカ世論は高評価
日本某紙社説には「歓迎一色が不気味」との意見もあった
個人的には坪井さんの笑顔、森さんとオバマさんが抱き合う姿
これ以上の雄弁は無かろう
このメッセージは隣国韓国にどう映ったのだろうか?

昨夜のBSフジでケビン・メアさんが
「両国の戦争はサンフランシスコ講和条約で終結している」
と発言した
だから謝罪の必要はない、と
その意見に概ね賛成だ
だがあらためてサンフランシスコ講和条約を読み返すと
韓国の反日感情はこれが原点なんじゃないかと思えてくる

1951年当時韓国は自分らも戦勝国側に入れろと主張するも
アメリカは「日韓は戦争状態では無かった」ことを理由に却下
同時に「竹島が朝鮮領であった事実は無い」として
竹島は領土放棄から除外された
直後に韓国軍は竹島付近で操業していた丸腰の漁船を銃撃し竹島を実効支配することになる
日韓条約締結までにおよそ4千人もの漁民が拿捕抑留され死者まで出したことを鑑みれば
韓国だってエラそうなことは言えないんじゃないかなと思うんだが

ワシが中学ん時の歴史教科書(中二だね)では第二次大戦については2〜3行しか書かれてなかった
日清日露戦争よりも(勿論第一次大戦よりも)短かったくらいだから強制連行に触れる筈がない
歴史の負の側面を覆い隠すのは日本も同じだったわけだが
中国はまぁ無理だろうが韓国とはそろそろ歴史のすり合せをやってもいいんぢゃないかと思う


↑ハービー・ハンコック「スカボロフェア」
アルバム「The new standard」に収められている
ハンコックというとどうもあの「Head Hunters」のイメージが強すぎて
(確かに革新的なアルバムだったが当時のワシの耳には刺激が強すぎた)
マイルスとのセッション以外は両耳で聴いていなかった
悪友ヒロノが例によって「ハンコックのピアノはなかなかばい」と
このNew standardとV.S.O.Pのアルバムを半ば強制的に聴かされるも
今ではどちらも愛聴盤である
特に「マンハッタン」というピアノ曲は休日の朝なんかに(今日だ)聴いていると
世の中に憎悪や戦争があることをしばし忘れてしまう


6/4 (sat) 風の轍 track #02「風ニ吹カレテ+白浜 久」at 荻窪 club DOCTOR
イープラス
 

▲top