Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2013.01.11 Friday

相続税ってこんなになってたのか!?



相続の非課税額

5000万+相続人の数×1000万

つまり相続人が妻一人(当たり前か)と子供2人なら

5000+1000×3で

8000万円也

へぇ・・・

知ってた?

ワシは恥ずかしながら今日知った

自慢ぢゃないが、愚息に遺す財産などミジンコも無いし(楽器はまあ仲間が引き取ってくれるだろう)

あまつさえ公務員辞めた時にオフクロに

「オレは死んだもんだと思ってくれ」

・・・と言ったもんだから

相続税はゴルフのルールの次くらいに興味が無かった

プロデビューした時から一切の権利を放棄したから

愚兄愚姉と争うこともなかろー


ところで・・・

ワシが若い頃の相続税はもっと厳しかったんぢゃなかったかな

それで資産家は持っている土地を担保にマンションをぶっ建て

借金と相殺で資産ゼロにして相続させてた

80年代の空前のマンション建設ブームはこのせいだ

その後バブル景気のどさくさで政府、つーか自民党は新たな金持ち対策をしっかりやっていたんだな

王子製紙のバカ孫みたいなのが出現した背景には

ここいらが関係しているのかもしれない


そーいえばこの法改正についてどこぞのシンクタンクのアナリストが

某TV番組で「この政策で富裕層の購買意欲は後退する」とか言っていた

アナタ、アナリストだかなんだか知らないがその仕事辞めなさい

ワシが料理人になるより向いていない


↑ジョン・フォガティ「Who'll stop the rain」

誰が雨を止めるのだろう?

その雨とは工場の煙突から排出されたダイオキシンの雨であり

核の雨かもしれない

僕はこの曲の入ったアルバム「グリーンリバー」(CCR)を中一の三学期に買った

その頃は何にも分らなかったが今ならジョンの気持ちが少しくらいは解る

20兆超えの公共事業で仮に景気が一時戻っても

その代償に我々は真っ黒な雨を浴びることになるのだ



2013.01.10 Thursday

所得税&相続税増税



再来年を目標に富裕層の増税を発表

遅すぎる

自民党の言う富裕層

一体どこからがその領域になるのか

是非知りたいもんだ

米共和党は年収1億円以上がそれにあたる

オバマさんはもっとずっと下を目指したが折り合わず

それでも彼の努力は徐々に功を奏しアメリカは上向いてきている

そもそも30年前には消費税なんて無かったわけで

その後の格差社会とデフレに苦しめられた歴史を振り返れば

自ずと答も出よう

問題は・・・

たとえ累進課税を復活させても

一度始めた消費税は廃止も減税もしない

・・・ってことだよ


それはそうと安倍政権の大盤振る舞いは続くなぁ

公共事業申し入れの日参者で党本部は大渋滞

20兆円の経済対策にさらに上乗せしようなんて話で盛り上がっているが

永田町の住人は

60年代を5回生きて

未だその味忘れがたく

6回目に突入


中国共産党

習近平さんは改革路線派だと聞いていたが・・・

言論統制は逆に党の崩壊を加速させそうだ

(対岸で見ているこっちは面白い)

事実が党に不利益と判断されれば

発行を禁じた上に新聞社まで解散させるとあれば

圧力バルブが吹っ飛ぶのも時間の問題だな

この不条理さが党の理念ならばあの根拠の無い領海主張

頷ける

Youtubeとツイッターの書き込みと削除

天安門事件からそろそろ四半世紀

節目としてはいい時期だな


↑ビートルズ「Revolution」

これは珍しやジョンのボーカルとギターだけのバージョン

ギターはアンプを使わずミキシングコンソールに直に繋いでいる

ジョンはもっと遅いテンポでやりたかったらしく

後のインタビューでそのゴタゴタを語っている

歌詞にChairman Maoが出てくる

カッコ良し



▲top