Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2013.02.09 Saturday

純正と社外品



ヘッドライトのパーツが届いたとゆーので

朝も早よからトヨタディーラーに出向く

ここのところずっと母親タイムだから午前8時にはもう活動している

9時半より待つこと1時間

直ったには直ったが担当者さん曰く

先日換えた社外品のバルブ(電球ですな)より

純正のほうが明るいという

な、なんだとう!?

片側はアッセンブリーごと交換だから当然バルブ付き

さて、どーするか・・・

選択肢は二つ

もう一個純正バルブを購入し先日○ート○ックスで買ったバルブを捨てる

もしくは少々暗いのを我慢してバルブだけこのまま社外品を使う

Head light


社外品のほうが性能が良いと思い込んでた最大の原因は・・・

ギターの部品交換に起因しているんだろうなぁ

ピックアップはディマジオ、ダンカンに

弦巻き、ブリッジはGOTO、Raw Vintage

等々交換出来るものは殆ど社外品にそっくり入れ替えている

実際良くなる場合が多いしなにより自分だけの音を作れるんだが・・・

クルマも同じだとハナから決めつけていたんだなぁ


まぁせっかくだから社外品を暫く試してみよう

色も青白くてなかなか雰囲気ある

(・・と言ったら担当さんが「雨の日は見辛いスよ」だと!)

世界のトヨタの威信にかけて全パーツのクオリティを最高レベルに保っているんだろう

まあいい勉強になった

これからはギターのパーツもブランドに惑わされないよう

自分の耳と感触でチョイスしよう


The New Cars「デンジャラス・タイプ」

リック・オケイセクの代りにトッドが入って活動を続けている

まあポール・ロジャースが入ったクイーンと同じかな

ベースはカシム・サルトン


3.9 Zigy reunion

3.17 Guitar Workshop
※予約先着10名様特典有り



2013.02.07 Thursday

ありゃま!?

先日クルマのヘッドライトのバルブを交換したが

どうも光軸がズレている

右側が左より高い

つまり対向車のドライバーは眩しい筈だ

故にたまにパッシングされる

で、ディーラーに持って行って光軸調整をして貰った

・・とここまでは良かったんだが

調整なんぞ5〜10分で終わる筈が

エラく時間かかっとるぢゃないか!

なんと右側のライトのアッセンブリーが腐っていた

カバーガラスも変色して透過率はかなり落ちているとか

で、全交換

ハァ・・・で幾ら?

¥26.500くらい

あっそう

ただ部品を取り寄せるのに時間がかかるため2日間は夜間の外出はNG

別によかよ〜

問題は・・・

これがトラブルの始まりで

ブレーキ、エンジン、電気系統と

次々に故障が起きるんぢゃないかと

ちと心配になってきた

当然店側も猛攻セールス

介護にピッタリのクルマ、ありますよと


spade

↑Spadeとゆークルマ

spade

助手席側がスライドドアで確かに乗り降りは今のクルマとは比べようもない

試乗してみたが悪くはない(ピンとは来なかったが)

しかも値段は14年前買ったスターレットとほぼ同じ

ん〜・・・

で、帰宅して早速オフクロにカタログ見せたら

「何ね、このトラックみたいなクルマは!」

「こんなもんには死んでも乗りとうない」

あっそう・・・


86

↑86とSpadeのカタログ

86の価格はSpadeのほぼ倍

コスパでいうなら逆どころぢゃないだろうな

86は荷物は載らない

基本2人乗り

乗り心地は硬く室内も狭い

でもこういう尖ったクルマがもっとあってもいいと思う

巨大ローラーで均された社会はやっぱつまらないと思いません!?


3.9 Zigy reunion
※詳細決まりました

3.17 Guitar Workshop
※予約先着10名様特典有り



▲top