Hisashi Shirahama Official Blog


<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.12.16 Sunday

あれから8年

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑東京 1:00 p.m 小雨 3℃

ダイエット16日目 6キロ減




原発賠償法改正案

福島原発事故からおよそ8年
今臨時国会は、片山、桜田の両大臣の追及
それに入管法改正が大きく報じられたが
その影にひっそりと身を隠すように
原発賠償法改正が与党の大多数で可決された

そもそもこの法律は1961年に成立
以後10年ごとに見直しされ
そのつど電力会社に対する事故の際の責任は重く
厳しいものに改定されていた。
にも拘わらず、福島原発事故の際
東電はアッサリ白旗をあげた。
賠償金の準備さえしていなかったのである。
そして債権者であるメガバンクも株主も
一切責任をとろうとしなかった

その結果、電気料金値上げ分と貴重な国税が遣われることとなった。
これまでに一体幾らかかったのだろうか?
東電はおよそ10兆円の公的資金を借り入れ
いまや莫大な利益を上げている
政府が期限無しで貸した金だ
返す気など毛頭ないだろう

今回、この反省にたって改正がおこなわれると思いきや
原発を維持するために、電力会社の責任を軽くしたのである
原発村からお金を貰っている議員は野党にも大勢いたのか
騒ぎもしなければ議論もせずに簡単に通過させてしまった
「国民の生命、財産を守るため」に基地は作るが
原発事故の対策は取らないってか
とんでもない政府だ




↑体重は1.4キロに増えた
 

2018.12.03 Monday

FIT改正

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 2:00 p.m 曇り 15℃


ダイエット3日目

今日の朝食、バナナとリンゴを半分づつ、それに無糖のヨーグルトをかける
昨日、一昨日の夜は酢と白だしをかけたサラダを食した
空腹時の胃酸軽減に恵命我神散(とゆー胃薬があるんです)を飲む


新FIT

正式名称はFeed in Tariff
電気の買い取り制度を経産省が勝手に変更したことで
事業者から困惑の声が上がっている。
なんでも今年度中に送電線への接続を済ませないと
当初決められていた買取価格を破棄し
グーンと引き下げるそうである
12〜14年に適用認定を受け、未だ発電を始めていない業者が対象だが
新価格体制では採算が取れない可能性が極めて高い。
そもそも残り4ヶ月で自治体との手続きから工事までをやらせるというのは
ちょっと乱暴というか勝手に過ぎるんぢゃないか?
政府が決めたことをこんなに拙速に変更するなんて
原発を守るためにクリーンエネルギー事業を邪魔するってことだろ!?

亀井静香氏が太陽光事業を始めた
https://www.asahi.com/articles/ASLCP1699LCNULFA044.html

もともとこの人は原発反対派だったそう
御年82歳、やるなぁ〜



↑人の腹の上で・・・
どうやらワシの腹の形状がうたた寝にピッタリのようだ
いまにみておれよ
 

2018.10.17 Wednesday

東電裁判

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 11:00 a.m 晴れ 21℃


福島原発裁判

強制起訴による東電トップ3の裁判が始まった
罪状は業務上過失致死罪

「15M超えの津波が予見できたか否か?」
を問うても易々と逃げられそうな気がする
あの薬害エイズを引き起こした安部英でさえ
無罪で死んでいったものなぁ

忘れてはならないのは津波が原発建屋を押し潰したのではなく
その後の電源喪失によって大爆発が引き起こされたってことだ。
事故の数年前より共産党吉井英勝議員が国会で(複数回)
福島原発の構造的欠陥と東電によるデータ偽造を指摘していた。
当時の総理(アベだ)は
「事故は起きない」
「起きないよう万全の態勢を整えている」
を繰り返し、吉井氏の指摘を突っ撥ね
データ偽造についても不問に付した。
そして、起こるべくして事故は起きた

今回の裁判被告に、なにゆえ安倍晋三が含まれていないのか
甚だ疑問だ。
そしてその責任を一切負うことなくのうのうと
総理の座に居座り続けている。
不思議な国だ

以下吉井氏による質問状
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm



↑はやくチャオチュールくれニャ まちくたびれたニャ〜

 


2018.10.15 Monday

太陽の恵み

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 11:00 a.m 曇り 19℃


原発 > 太陽光

東京は昨日、一昨日とも雨交じりの寒日だったけど
九州は好天に恵まれ、そのせいで二日続けて
九電は太陽光発電の供給を拒否、と。

現在稼働中の原発は全国で7基。
うち4基が九州。
は?
ぢゃ1基止めろよ。
ところがそう簡単にいかないのがブラック企業と電力業界

九電は電力ソースの優先順位に従っているだけ、という。
確かにそれはそうなんだろう。
だが3.11以降、政府は原発依存からの脱却を掲げ
7年半が経った。
早い話が政府も電力業界もこれまでなーんもしてこなかったってことだ。

玄海原発前での住民の抗議は、ここ東京では凄く小さい扱いだった(と思う)
芸能人の離婚やら、元横綱の政界入りやらのほうがどうやら大ごとらしい

九電は「原発は急に止められないから」とか言い訳していたけど
要は面倒臭いのと余剰電気の買い取りをしたくないのがミエミエ

厳木マーサスタジオから車で50分のところに玄海原発はある。
自然に恵まれた素晴らしいところだ。
それを危険にさらしてまで経済活動を優先させる意味があるのか
甚だ疑問だ。



↑ My name is Rhye.
ねこじゃらしつまんないニャー・・・
ごしゅじんさまがかわいそーだからあそんでやるけどニャ

 

2018.03.11 Sunday

もう一つの#Time's up !

JUGEMテーマ:ふるさと




ヨーロッパ各地で福島原発被害の講演を行い
収益を福島復興に役立てている小林和彦氏からメッセージが届いたので
コピペします。
​Please read and think about it!


@@@@@@@
福島原発事故から7年

親愛なる皆さん

夥しい数の一般市民の犠牲者を出したあの恐るべき広島や長崎の原爆の日が
今日多くの日本人にとって無縁な過去に遠ざかってしまったように
2011年3月11日の東北大地震による福島原発事故が
早くも大多数の日本人の脳裏から消え去ろうとしています。
そして、今なお、福島から避難している罪なき人たち
中でも、母や子らが取り残され、謂れなき過酷な避難生活を強いられています。

2020年のオリンピックというお祭り騒ぎの為に日本政府は約2兆円を支出するも
開催による見込収益は4500億円との事で
とどのつまりは、一部の企業を太らせるために、開催費用の約四分の三
すなわち、1兆5500億円という莫大な不足金額が国民の税金で支払われるのです。

他方、日本政府は、自身の無責任な原発政策によって起こした事故の責任を取ろうともせず
犠牲となった罪なき人たち、なかんずく、福島からの避難母子を支援する金さえ出そうとしません。
それどころか
<被曝による健康被害はないと言い切れる何の保証も、科学的根拠もない>
にも関わらず、日本政府は、あらゆる卑怯極まりない手段を用いて
精神面物質面の両面から圧力を加え、彼ら避難民を福島に呼び戻す方策を講じ続けています。
それによって、福島県外に逃れた人のこども達のうち
半数以上の9,271人がすでに福島に呼び戻され
残り8,624のこども達は周囲の大半の無理解な日本人の
<あたかも、過酷な避難生活の現状の責任が馬鹿な彼等自身にある>
とでも言わんばかりの嘲笑の中で
なおひたすら、こどもの健康を守ろうとする献身的な母親の愛情に支えられながら
かろうじて県外の避難生活を続けているのです。
つまり、万事は政府や行政の思うつぼになって動かされているのが日本の今の現状です。

そんな中で、避難家族を支援する私たちボランティアの数は
残念ながら、年々減少の一途を辿っています。
しかし、それだけに
<残っている私たちはますます彼らとの連帯意識を強めている>
という事も事実です。

私たちは、怒る。どこまでも、粘り強く正義を求めよう。

2018年3月11日東京にて
小林和彦

追記

歳を取った今の自分の思いは、ただひとつ
我が内なる心の声を聴き、不運な罪なき子どもたちのため
そして、かけがえのない緑の地球を守るため、尽力する事
おろかな人たちによって傷つけられた大地の、海の、空の、地球の
<助けを求める声>が聞こえてくる


@@@@@@@@@

▲top