Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2018.10.17 Wednesday

東電裁判

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 11:00 a.m 晴れ 21℃


福島原発裁判

強制起訴による東電トップ3の裁判が始まった
罪状は業務上過失致死罪

「15M超えの津波が予見できたか否か?」
を問うても易々と逃げられそうな気がする
あの薬害エイズを引き起こした安部英でさえ
無罪で死んでいったものなぁ

忘れてはならないのは津波が原発建屋を押し潰したのではなく
その後の電源喪失によって大爆発が引き起こされたってことだ。
事故の数年前より共産党吉井英勝議員が国会で(複数回)
福島原発の構造的欠陥と東電によるデータ偽造を指摘していた。
当時の総理(アベだ)は
「事故は起きない」
「起きないよう万全の態勢を整えている」
を繰り返し、吉井氏の指摘を突っ撥ね
データ偽造についても不問に付した。
そして、起こるべくして事故は起きた

今回の裁判被告に、なにゆえ安倍晋三が含まれていないのか
甚だ疑問だ。
そしてその責任を一切負うことなくのうのうと
総理の座に居座り続けている。
不思議な国だ

以下吉井氏による質問状
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a165256.htm



↑はやくチャオチュールくれニャ まちくたびれたニャ〜

 


2018.10.15 Monday

太陽の恵み

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 11:00 a.m 曇り 19℃


原発 > 太陽光

東京は昨日、一昨日とも雨交じりの寒日だったけど
九州は好天に恵まれ、そのせいで二日続けて
九電は太陽光発電の供給を拒否、と。

現在稼働中の原発は全国で7基。
うち4基が九州。
は?
ぢゃ1基止めろよ。
ところがそう簡単にいかないのがブラック企業と電力業界

九電は電力ソースの優先順位に従っているだけ、という。
確かにそれはそうなんだろう。
だが3.11以降、政府は原発依存からの脱却を掲げ
7年半が経った。
早い話が政府も電力業界もこれまでなーんもしてこなかったってことだ。

玄海原発前での住民の抗議は、ここ東京では凄く小さい扱いだった(と思う)
芸能人の離婚やら、元横綱の政界入りやらのほうがどうやら大ごとらしい

九電は「原発は急に止められないから」とか言い訳していたけど
要は面倒臭いのと余剰電気の買い取りをしたくないのがミエミエ

厳木マーサスタジオから車で50分のところに玄海原発はある。
自然に恵まれた素晴らしいところだ。
それを危険にさらしてまで経済活動を優先させる意味があるのか
甚だ疑問だ。



↑ My name is Rhye.
ねこじゃらしつまんないニャー・・・
ごしゅじんさまがかわいそーだからあそんでやるけどニャ

 

2018.03.11 Sunday

もう一つの#Time's up !

JUGEMテーマ:ふるさと




ヨーロッパ各地で福島原発被害の講演を行い
収益を福島復興に役立てている小林和彦氏からメッセージが届いたので
コピペします。
​Please read and think about it!


@@@@@@@
福島原発事故から7年

親愛なる皆さん

夥しい数の一般市民の犠牲者を出したあの恐るべき広島や長崎の原爆の日が
今日多くの日本人にとって無縁な過去に遠ざかってしまったように
2011年3月11日の東北大地震による福島原発事故が
早くも大多数の日本人の脳裏から消え去ろうとしています。
そして、今なお、福島から避難している罪なき人たち
中でも、母や子らが取り残され、謂れなき過酷な避難生活を強いられています。

2020年のオリンピックというお祭り騒ぎの為に日本政府は約2兆円を支出するも
開催による見込収益は4500億円との事で
とどのつまりは、一部の企業を太らせるために、開催費用の約四分の三
すなわち、1兆5500億円という莫大な不足金額が国民の税金で支払われるのです。

他方、日本政府は、自身の無責任な原発政策によって起こした事故の責任を取ろうともせず
犠牲となった罪なき人たち、なかんずく、福島からの避難母子を支援する金さえ出そうとしません。
それどころか
<被曝による健康被害はないと言い切れる何の保証も、科学的根拠もない>
にも関わらず、日本政府は、あらゆる卑怯極まりない手段を用いて
精神面物質面の両面から圧力を加え、彼ら避難民を福島に呼び戻す方策を講じ続けています。
それによって、福島県外に逃れた人のこども達のうち
半数以上の9,271人がすでに福島に呼び戻され
残り8,624のこども達は周囲の大半の無理解な日本人の
<あたかも、過酷な避難生活の現状の責任が馬鹿な彼等自身にある>
とでも言わんばかりの嘲笑の中で
なおひたすら、こどもの健康を守ろうとする献身的な母親の愛情に支えられながら
かろうじて県外の避難生活を続けているのです。
つまり、万事は政府や行政の思うつぼになって動かされているのが日本の今の現状です。

そんな中で、避難家族を支援する私たちボランティアの数は
残念ながら、年々減少の一途を辿っています。
しかし、それだけに
<残っている私たちはますます彼らとの連帯意識を強めている>
という事も事実です。

私たちは、怒る。どこまでも、粘り強く正義を求めよう。

2018年3月11日東京にて
小林和彦

追記

歳を取った今の自分の思いは、ただひとつ
我が内なる心の声を聴き、不運な罪なき子どもたちのため
そして、かけがえのない緑の地球を守るため、尽力する事
おろかな人たちによって傷つけられた大地の、海の、空の、地球の
<助けを求める声>が聞こえてくる


@@@@@@@@@

2018.03.11 Sunday

7年目の3.11

JUGEMテーマ:追悼


​午後1時 東京から東日本方面を眺める


3.11

今日でちょうど7年になる
​白浜久プロジェクトライブのため
田中一郎氏、斉藤光浩氏、スタッフと共に
​機材車に乗って移動中
上下左右に大きく揺れた

あれから多くのミュージシャンが収益の一部を
某有名機関を通じて寄付をした
あの年に集まった義援金はおよそ2000億円
その団体が発表した寄付の使途が到底納得できなかったので
​原発避難した方々の協力を得て別の支援を始めた



それが復興支援Tシャツ
​これは2世代目になる
​モデルをやってくれたのは当時まだ中学生だった廣野みさきちゃん
​いまはもう20歳くらいか、美容関連の学校に通っている
​この頃地元でも人気のアイドルグループで活動していたから
​ファンの方に沢山購入して頂いた(Thanks!)

先日ウチの在庫がとうとう無くなり
最後の寄付金を今日に間に合うように送金完了
一安心

福島を取り巻く環境は以前にも増して厳しい状況にある
​朝刊の1面には「被災者7万3千人」
​これだけ多くの方々が未だ故郷に戻れないでいる


書き換えを指示

昨夜の速報では佐川氏が書き換えを指示したとのこと
​そもそもこの事件は内閣府人事局、その背後にある官邸
​首相夫人へのゴマスリが発端
​役人だけ罰せられて首相夫人が「何も関係ありません」はないだろう

安倍政権一次は年金問題で終わったが今回も政権が吹っ飛ぶくらいの重罪問題だ
​が、支持率は今だに高めで推移している
​理由は多分、年金は直接的に関わっている人が大多数だが
​今回の森・加計・スパはいわば間接的被害だから
​感心が薄いのだろう
​(この無関心さは原発被害者に対しても同じように見える)
どっちも回り回って重税となって跳ね返ってくるのになぁと思う



↑クリフォード・ブラウン「I'll remember April」
​サックス:ソニー・ロリンズ、ピアノ:リッチー・パウエル、ベース:ジョージ・モロー
そしてドラムは勿論マックス・ローチ
​もし時間旅行が出来るならばウッドストックのフーやジミヘン
シェイスタジアムのビートルズも観たいが
それ以上にこのメンバーの演奏を間近で聴いてみたい
なんといってもまともな映像が残っていないからねぇ​
 


2018.03.08 Thursday

福島復興Tシャツ売り切れました

JUGEMテーマ:健康



東京は朝から雨 外気温も低め


福島復興支援Tシャツ売り切れました

田中一郎氏が残ったTシャツをツアーに持っていってくれ
先日の「3+3+3」Live at Show Boatと合わせて
​最後の7枚の売り上げ¥14.000(だと切りが悪いので¥15.000)
​本日、未来の福島こども基金に寄付しました
購入して下さった皆様、​スタッフ、メンバーの方々
​ご協力有難うございました
​長かったぁ〜 ホッとしましたぁ〜〜





東日本大震災
​今週末で7年になるのかぁ
​売り上げを細々と送り続けて早や5年(かな?)
​ちょっと休んでまた始めたいと思います
​次回は、デザインも一新して国内で作ろっかな


革靴は嫌いだ

別に一生履くこともないか、と
ほぼ新品の革靴は全部愚息にあげたから
ワシはジョギング用のシューズと草履しか持っていない
実際、​オフクロの葬式以来、スーツも革靴も
​ワイシャツも着ずに済んでいたんだが
​近々、フォーマルな格好での食事会に出ることになったんで
慌てて靴とシャツを買いに行った
なんとも・・・間抜けな話ではある



↑ビージーズ「若葉の頃」

中3の時だったかな、映画館で観たのは。
同級らはみんなメロディ(トレーシー・ハイド)の虜になって
​クラスメイトの女子の顔見るたんびにため息ついていた
​比べられた女子達もいい迷惑だったろうけど
僕らだってしっかりマーク・レスターとジャック・ワイルドと
​天秤にかけられたわけだから、おあいこではある
ググったらトレーシーは僕より2つ年下だった


When I was small, and christmas trees were tall
We used to love while others used to play
Don't ask me why
but time has passed us by
Some one else moved in from far away
Now we were tall
​And Christmas tree are small
And you don't ask the time of day
But you and I, our love will never die
But guess we'll cry come first of may
 
​小さかった子供の頃は、クリスマスツリーはとても大きく見えた
周りの仲間達が遊んでいるときも僕らは愛し合っていたね
理由は訊かないで
​そうやって時は流れていくものだから
そうして僕らは大人になって
​今ではツリーも小さくみえる
過ぎ去った日々を振り返らないで
僕らの愛はずっと消えることはないのだから
でも僕らは5月になると涙を流すんだろうね

▲top