Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2018.05.17 Thursday

レーダー探知機!

JUGEMテーマ:節約&エコドライブ


東京 5:00 p.m 晴れ 外気温29℃ 夏日



気が付くとレーダー探知機が無口になっていた

エンジンかけると
「測位しました」
と、女性の声でアナウンスが入る
オービスに近づくと
「この先500mにループコイルがあります」
「Nシステムがあります」
「Hシステムが・・・」
「警察署の傍です」
「パトカー接近中」
等々

ディスプレイにも表示はされるが
高速をぶっ飛ばしていると視界は狭くなって
右隅っこの探知機なんか殆ど見ないから
声による警告はなかなか有難かったんだが・・・

高速はまぁいいんだが都心を走っていると
この子、喋りっ放しになるので
「やかましいなぁ」と少々ウザくなっていた時
いつのまにかウンともスンとも言わなくなったんで
まぁいっか、とほっぽらかしていたんだが
最近あの御節介がまた懐かしくなってきて
ちょいとバラしてみた



↑予想通り電池が付いていた

電源はクルマのバッテリーから供給されるんだから内臓電池はふつーメモリー用だろう
だがこれはボイスシステムの何かにも繋がれていた
しかも市販されていない固定式のもの
電池が切れる度にメーカーに出して高額修理代請求されるか
買い直さなければならないという
良心の欠片もないメーカーのやり口だな

だがこの程度で怯むワシではなーい!
ハンダでボタン電池を軸ごと外し
製品番号から仕様をネットで入手して同スペックのボタン電池を買い
次回から取り付けが楽に出来るようアレンジして付け直した

早速取り付けてクルマを走らせると
懐かしい「測位しました〜!」の女性の声
掛かった費用電池代およそ¥500なり
ザマミロ!

それにしても・・・
最初は測位の意味が分からず
即位しましたぁ〜? 誰が!
と思わず機械相手に突っ込みを入れていたが
GPSで位置を測定するの意だと判るのに
およそ数ヶ月かかったのであった

 

2017.11.02 Thursday

日本縦断中


新東名浜松パーキング 午後3時15分

アッチィ〜

今月から速度が110キロに引き上げられたので

早速走ってみた

途中ひっくり返っとークルマが一台あった

パトカーが多いわ

覆面もそこかしこで目を光らせている


ふぅ…あと1000キロくらいかな

大阪過ぎた辺りで日本シリーズが始まるかな



2016.05.18 Wednesday

洗車

JUGEMテーマ:カーメンテナンス

午後2時までに譜面書きと6.4ライブのリハをさっさと終わらせて
近くのコイン洗車場に行く
宗像の実家では半年に1度くらいしかやらなかったのに
何故か最近クルマに限らず、モノを大事にする習慣が身についたようで
ギターと同程度くらいには汚れを落としている
前に洗車したのは厳木を出る直前だったから、時期的にちょっと早いんだが
思いもよらないある事件で汚れたので(駐車場の真上に住む大バカ者のせいだ)
たっぷり時間をかけて車内外を拭き上げてワックス掛けまでやった
ふぅ〜疲れた・・・


↑福岡に置きっ放しにする筈が東京まで持ってくる羽目になったウィングロード




以前は福岡でも東京でもトヨタ車を乗り回していた
ニッサン車は久しぶりだ
まぁどっちも個性に欠けるけどこれといった不満もない
(そこが日本車のある意味凄いところではある)
このウィングロードはややスポーティな味付けのようで
1500ccのDOHCエンジンは街乗りも高速もキビキビ走ってくれる
愚兄のレガシーは2000ccの4WDの故か、街乗りは結構辛かったな
(重たい上に回転半径が大きいから片側2車線でもUターンするのに切り返しさせられた)
とは言うものの一たび高速道路でグイとアクセルを踏み込むとモーターのような静かさで
瞬時に100km/hに達する
大したものだ
クルマ好きが魅了されるのも頷ける

個人的には以前乗ってたスターレットくらいの大きさのがいいんだけど(ヴィッツ、マーチの1000〜1300ccあたり)
いかんせんギターが横向きに積めない
となるともう選択肢はこのウィングロードかカローラフィールダーくらいしか無いのだ
カローラは以前乗ってたから消去法でこのウィングロードになったけど
フィットの荷台の幅がギター以上なら次はホンダ車もいいな
(というのも愚息がこの車を気に入ったらしく、狙っているようだから)

2016.05.12 Thursday

三菱車

JUGEMテーマ:カーメンテナンス


↑ジョギングコース

アッチィ〜! 陽に焼けた
50分ほど走っている間に試しに三菱車を数えてみた
5m以内に近づいてくれないとエンブレムは見えないんだが
軽が1台に普通車A(ギャラン)が1台の計2台だった
トヨタは軽く100台超え
ベンツでも数十台はあった
トヨタは別格としても日産、本田、スバルに比べ極端に少ない
軽はスズキの独り勝ちでダイハツがそれに続く
こんなに人気がないんだったらカタログデータのサバ読みしても
焼け石に水
いすゞを見習ってさっさと普通車部門の売却すべきだったんぢゃないかなぁ
昔は魅力的なクルマもあったのになぁ(ギャランGTO-MRとかセレステ1600GTとか)
ま、企業努力が足りなかったってことだ
しっかしここまで倫理観の無い企業が軍事産業に参入していいのだろうか
重工と自動車部門は違うと言うんだろーけど
 

2015.09.18 Friday

警察署に行く

JUGEMテーマ:ふるさと


運動がてら、というわけでもないんだが

車庫証明に必要な書類を届けに来た

ウチから自転車でおよそ30分

東京の警察署は大抵はこん棒もったお巡りさんが玄関に立っているもんだが

さすがにこの辺りは物騒な事件など皆無なのだろう

倒産目前の会社並みに静かだった

兎に角これから何かとお世話になるやもしれんし

一応場所くらいは確認しておこうと来てみたわけだ


↑途中の畔に彼岸花が沢山咲いていた 気が付くと明日は彼岸の入りぢゃないか!



↑柿がたわわに

そーいえばオフクロが生きていた頃にはウチにも立派な柿の木が二本もあって

この季節によく近所の人が「くださ〜い!」ともぎに来ていたもんだ

我々が留守のときにどこぞの木を憎むじーさんの手(道具)によって

地面から10センチ残さず切り倒された

こぼれ種から芽を出した息子柿が大きくなり今年また収穫出来そうだったが

これまた切り倒された

辛うじて生き残った木もムチャクチャな枝払いで無様な恰好を晒している

風になびく度に泣いているようだ

時間はかかるだろうけど枯れなければきっといつかは元通りになるだろう


▲top