Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 所得税&相続税増税 | TOP | アンプ探しの旅は続く >>

2013.01.11 Friday

相続税ってこんなになってたのか!?



相続の非課税額

5000万+相続人の数×1000万

つまり相続人が妻一人(当たり前か)と子供2人なら

5000+1000×3で

8000万円也

へぇ・・・

知ってた?

ワシは恥ずかしながら今日知った

自慢ぢゃないが、愚息に遺す財産などミジンコも無いし(楽器はまあ仲間が引き取ってくれるだろう)

あまつさえ公務員辞めた時にオフクロに

「オレは死んだもんだと思ってくれ」

・・・と言ったもんだから

相続税はゴルフのルールの次くらいに興味が無かった

プロデビューした時から一切の権利を放棄したから

愚兄愚姉と争うこともなかろー


ところで・・・

ワシが若い頃の相続税はもっと厳しかったんぢゃなかったかな

それで資産家は持っている土地を担保にマンションをぶっ建て

借金と相殺で資産ゼロにして相続させてた

80年代の空前のマンション建設ブームはこのせいだ

その後バブル景気のどさくさで政府、つーか自民党は新たな金持ち対策をしっかりやっていたんだな

王子製紙のバカ孫みたいなのが出現した背景には

ここいらが関係しているのかもしれない


そーいえばこの法改正についてどこぞのシンクタンクのアナリストが

某TV番組で「この政策で富裕層の購買意欲は後退する」とか言っていた

アナタ、アナリストだかなんだか知らないがその仕事辞めなさい

ワシが料理人になるより向いていない


↑ジョン・フォガティ「Who'll stop the rain」

誰が雨を止めるのだろう?

その雨とは工場の煙突から排出されたダイオキシンの雨であり

核の雨かもしれない

僕はこの曲の入ったアルバム「グリーンリバー」(CCR)を中一の三学期に買った

その頃は何にも分らなかったが今ならジョンの気持ちが少しくらいは解る

20兆超えの公共事業で仮に景気が一時戻っても

その代償に我々は真っ黒な雨を浴びることになるのだ



コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/1501

トラックバック

▲top