Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 三本の矢 | TOP | 成人式 prt.2 >>

2013.01.14 Monday

初雪

初雪の東京114


東京の初雪

我が家のバルコニーにも4〜5cm程度積もった

そして当たり前だが

寒い

関東地方の新成人たちも往生したことだろう

昼のニュースで抱負を語る若者たちは

数年前の大暴れバカ20歳より随分しっかりしているな

まあ両極化しているんだろーけど

彼らの未来は決して明るくはない

それをしっかり受け止め立ち向かうか

何も考えず流れに任せるしかないのだから


振袖見て思い出したんだが・・・

ネットで英会話を学ぶとゆーロゼッタストーンのCM

最近のは舞子さんが主役

以前のロゼッタ人は魚河岸のおにーさんで

それがまたジェラスガイの中井ちゃんにそっくりで(特にハゲ具合が)

てっきり本人だと思ったんだがどうやら違うようで・・・

話逸れたがその舞子さんが今日のテーマ


ワシの舞子さんに対するイメージは大会社の会長あたりがスポンサーで

子供の頃から踊りやら何やらの習い事をさせて立派な女性になったところで

そのじーさまんとこに輿入れ、と

そういった長く深く暗い歴史を着物や白塗り同様に身に纏っているのかぁ・・・

と思っていたんだがその認識はどーやらかなりずれていて

現代社会においては随分と変容を遂げたらしい

今や立派な職業として日本中から希望者が集まっている

考えてみると京都から舞子さんが消えたらそれは寂しくなるに違いない

観光資源と言っては失礼だが、自治体や政府観光局はもっと資本投下すべきぢゃなかろーか

道路工事よりもこういった恒久的な雇用促進が今の若者に最も必要なのではあるまいか

舞子さんや芸者さんにとっては芸事、習い事は立派な技能訓練

こうした観光に直結する伝統芸能には習い事や衣装にかかる費用くらい公的資金援助出来ないものか

・・・と素人のワシは思ってしまう

話ちーと逸れるが・・・

橋下さんも文楽の補助金をバッサリ減らしたが

何もしないで金だけ貰っているじじい達が多すぎるってのがそもそもの元凶だとは思う

芸術、スポーツの世界においても官僚主義が蔓延っている

そこにメスを入れたかったんだろう

ここいらの60過ぎを排除したらかなりの新規採用が確保出来るんぢゃないか?

若い人たちの感性で、こうした文化文芸を保存しながら

観光資源としての掘り起しや積極的な海外公演で是非とも再生して貰いたい

若者よ、大志を抱け



コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/1505

トラックバック

▲top