Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 自然の前における人間の限界 | TOP | 来週こそ議事堂前に行こう! >>

2014.05.23 Friday

タイのクーデター

JUGEMテーマ:タイ


東京 8:30am 曇り 写真は昨日の夕暮れ時


なんかしょっちゅうやっているよーな・・・

タイのクーデター

発端はタクシン首相が国外追放にされたアレ

あれから7〜8年ずっとドタバタやっている

今回は妹の失脚を端に発したデモの激化

随分早くに軍隊が出てきたな

そもそも兄貴を帰国させる法案を無理無理に通そうとするような人間が

首相に選ばれるとゆーだけでタイは面白い国だなぁと思う

なにせ戒厳令下でもタイ・バンコクツアーだけは中止にならないとゆーから凄まじい

これはもう王政国家としては理想に近い体を成しているに他ならない(と思う)

軍や警察は国王に仕える組織であり

国王は独裁を好まない

「文民統制を よきにはからえ」とゆー有難いお言葉を発し

シャンシャン

素晴らしい!

次期国王がアサドや金正恩みたいなとんでもない人間でないことを祈る


国内情勢が不安定なのは世界中どの国も同じ理由だ

経済格差

タイとて例外ではない

農村部にタクシン派が多いのは都市富裕層の財産を再分配しようとしたからだろう

タクシン氏の失敗は自分の資産だけ守ろうとしたところにある


↑Sex Pistols「God save the Queen」

2007年のリユニオン

ん〜たまに聴くとやっぱ血が騒ぐなぁ(さっきまでクリフォード・ブラウン聴いてたんだが)

ポール・クックは解散後のバンド、プロフェショナルズのツアー中の事故で

ドラムどころか半身不随で日常生活もままならなかったが見事に復活

元気そうだな

イギリスもまた立憲君主国家

タクシンさんは豪邸をイギリスに構えていたが英国政府がビザの発給を停止

今頃どこの国をうろついていることやら

ま、海外を転々と出来るほどの大金持ちなんだから

僕からすれば羨ましい限りではある


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2038

トラックバック

▲top