Hisashi Shirahama Official Blog


<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

<< 天安門事件 | TOP | 雨・あめ・アメ >>

2014.06.05 Thursday

世知辛い世の中だ

JUGEMテーマ:少子化問題



東京 9:30am 曇り 雨がポツポツ降り出してきた

東京に戻って3週間余り経って気付いたこと

いつもなら保育園の子供達のキャッキャ言う声が聞こえてくる時間だが・・

保育園はウチのマンションの向こう三軒くらいのところに位置しており

園庭は丸見え

直線で150mくらいかなぁ

なんせ遮るものが無いから子供達の声はよく聞こえる

多少の雨でも合羽で走り回っている

・・筈なんだがエラく静かだ

新聞記事で知ったんだが近年保育園への苦情が激化しているそーで

それで最近は園庭で遊ばせないように

大声を出さないように指導しているそーだ

な、なんちゅー世の中だ

今の子供達は太陽の下で走り回ることさえ許されてないのか!?

文句言っている連中にだって子供時代はあっただろう!?

それにあの子達がアンタの老後の面倒を見させられるんだぜ

ちっとは大事にしたら!?

兎に角こうした人達のせいで認可が下りない保育園が増えている

人生に躓いたまま立ち上がれない人にとって幼児の無邪気の笑い声は

この上なく不快なんだろう

だがこういった輩はたとえ子供が静かになったとしても

また別の不満がすぐに噴出してくると推察される

上の住民のトイレの水を流す音がうるさい

ドアを閉める音がうるさい

もう際限なく不平不満に憑りつかれていく

これもみな政治のせいだとは思うが

30%くらいは自分のせいぢゃないかな(と思う)

文句があるならば子供のいない国にでも引越せばいい

トイレの音がうるさいならトイレの無い島にでも行けばいいぢゃないか

それが出来ないのなら現状に我慢するしかないでしょ

僕は園庭で元気に水浴びして大騒ぎしている子供達の風景

好きだけどなぁ

いないほうが不気味だわ


↑クリフォード・ブラウン with strings「煙が目にしみる」

1955年作

クリフォードはドラッグを好まなかった

この時代にしては数少ないミュージシャンと言える

その彼が麻薬常習者よりずっと早く

25歳という若さでこの世を去ったというのは

音楽の神も随分意地悪だなぁと思う



コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top