Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 福島の子供達へ | TOP | 国民の命を守る方法 >>

2014.07.16 Wednesday

東京のお盆

JUGEMテーマ:記念日



お盆とゆーのは8月13〜15日にするもんとばかり思っていた

が、東京のお盆は7月15日近辺で行われる

送り火と迎え火を1日でやる人もいるらしい

「東京だから地方より忙しい」なんてのは幻想でしかないと思うが

仏さんも2〜3時間の滞在で「ぢゃ、お邪魔しました〜」とゆーことになるんかな

慌しいなぁ・・・


閑話休題沖縄密約文書を開示しないとの最高裁判決

判決理由にはちょっと驚いた

「行政機関が存在しないと主張する文書の公開を裁判で求める際には

請求側がその存在を立証する責任がある」

なんでこーなるのかサッパリわからん

既にアメリカの公文書館で問題の密約文書は開示されているわけだから

政府のこれまでの「無いものは無い」と言っていた主張は既に崩れている

それでもなお無いと言い張るのであれば一般常識的には

政府がその事を立件するのがスジではなかろうか

今回の裁判でもう一つ気になったのは

「最初からそんなものは存在しない」なのか

「元々あったものを無くした」なのかを明解にしていないことである

前者ならば米公文書館に開示されている文書をでっち上げとして

米政府に抗議すべきであり

後者ならば国民の血税の使道を記した文書を紛失させた人間は

重大な国家公務員法違反を犯したことになる

このことを暴いた西山さんは実刑判決を受けあまつさえ嘘吐き者扱いされ

長くに渡り社会的制裁を受けたのだから


今回の最高裁判断、僕の中では

「御上が無いつってんだから無えんだよ!」判決と呼んでいる

これではとても法治国家とは言えないし

そんな政府に特定秘密保護法なんて危なっかしくて許すわけにはいかない

都合の悪い事は全て秘密にし、司法までが後押ししている

これでは情報開示法の意味が全く無いではないか

民主主義は一体どこにいったんだ!?


↑ウェス・モンゴメリ「Nica's dream」(ホレス・シルバー作)

僕が買った最初のジャズアルバムは確かウェスの「Full House」だ

ジャズギターはチャーリー・クリスチャンがほぼ完成させてしまって

ウェスが登場するまでのおよそ20年間

正常進化はあったものの、大した変化は無かったんぢゃなかろーか

ウェスのプレイはそれほどに革新的だった

乱暴な言い方だが僕個人はそう思っている

だからといってクリスチャン・フォロワー達がダメだったと言っているわけではない

彼等の素晴らしいプレイは今も僕の心を豊かにしてくれている

それだけクリスチャンの存在が(あまりにも)大きかったということだ

そして勿論ウェスの存在も


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2112

トラックバック

▲top