Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 理屈ぢゃない!? | TOP | 新盆その読み >>

2014.07.19 Saturday

愛の賛歌

JUGEMテーマ:最新ドラマ!!!



習慣にしていることが二つある

一つはセブンイレブンの「のむヨーグルト」を朝晩欠かさず飲むこと

固形のほうが体にいいかも知れないが(ブルガリアとかR-1とか)

しかしあれはあれで結構面倒なものだ

スプーンが要るし、ゴミも余計に出る(気がする)

一方飲むほうは面倒な時はグラスに注がず直に飲める

しかも牛乳より安い

もう一つの習慣は(ここ2〜3年続いているが)NHK朝ドラを観ること

オフクロと一緒に観ているうちにハマってしまって・・・

オフクロが亡くなった今でもあたかも遺言のように見続けている

で、ようやく本題


今日(昨日だ)の「花子とアン」で白蓮さんが駆け落ちするシーンで

いきなり美輪さんの「愛の賛歌」

思わず悪霊退散!と叫びそうになった

上手く説明出来ないが、あの場面であの唄は何かとても違和感を感じた

ぢゃオリジナルのエディット・ピアフなら良かったのかと訊かれても

ちょっと分らない

う〜ん・・・学生さん役の俳優さんの演技と美輪さんの声が

ただ単に苦手なだけかも知れない(ファンの方、すんません)


ところで仲間由紀恵さん演じる柳原白蓮さん

恥ずかしながらこの方の歌集は読んだことがない(勉強不足だにゃあ)

写真で見るに美しいお方だったんだろう

凄まじい人生を送っておられる(ネットは便利だ)

この人に較べたら僕の人生なんて大木の洞でひっそり暮らすリスと大差ない


↑エディット・ピアフ「愛の賛歌」

この人もまた人生大バクチの人

白蓮さんといい勝負だ

彼女は作詞家としても素晴らしい作品を残している

代表作「バラ色の人生」はドイツ占領下時代

レジスタンス運動をしながら書き上げたと言われている

「愛の賛歌」については諸説紛々なので省く

しっかしこの人の愛の賛歌を聴いていると

愛の本質を鼻先まで突きつけられたような気にさせられる

世界中から愛されたピアフは同じ位の大きさと強さで世界を愛していたんだなぁ、と

もう一回人生を与えられても僕には絶対出来ない

彼女が亡くなったとき長年の友ジャン・コクトーも後を追うようにこの世を去った

ピアフの死を聞いた日の夜だった


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2115

トラックバック

▲top