Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 涼しい! | TOP | 続・少女の闇 >>

2014.07.30 Wednesday

16歳少女の闇



あれだけタレ流されれば嫌でも耳に入ってくる

16歳の加害少女の常軌逸した行動

小学生の時に給食に漂白剤を混入させた

とか

人体の解剖がしたかった

とか

新聞は父親が母親の死後まもなく再婚したことを載せていた

そして娘を遠ざけた、と

あたかもそれが事件の引き金であるかのように


この子は間違いなく検察官送致

審判ではなく裁判で裁かれることになるだろう

弁護団は間違いなく責任能力無しで無罪を主張するんだろうな

佐世保といえば10年前小6の女の子が同じく同級生をカッターで

刺殺したという事件があった(僕は地元新聞にコメントを寄せた)

こういった陰惨な少年事件は何故か地方に集中している

何故か?

幼少期の残虐性は田舎のほうが消化し易い

例えば小動物(カエル、小魚等)を殺す

そうした行為を通じて命を奪った後の心の痛みを学習し

早い時期に命の大切さが定着する筈なのに、である

これについては僕も随分研究したんだが

考えられる理由は

小動物では飽き足らず、そこから犬や猫、さらには人間へと

対象をシフトしていく者がいる

・・・ということではなかろうか

今回は初期段階で適切な処遇が行われていれば

防げた事件かもしれない(勿論そんなことなど誰も断言出来るものではないが)

僕が言いたいのは

犬や猫でも殺したら器物損壊で引っ張れるんだから

鑑別所で重大事件を引き起こしそうな子を炙り出して

保護観察処分にでもしたほうがいいのではないか

そういうことだ

(少年法では犯罪を犯すおそれのある少年の保護処分を認めている)

やれやれ・・・

これで今年の夏休み、子供達の外出は厳しくなっただろうなぁ

女友達の家に遊びに行くのさえ安全とは言えない時代になってしまった

なんとも痛ましい時代になっちゃったなぁ


↑ビーチボーイズ「Surfin USA」

夏と言ったらコレ!

同級生に殴られ首を絞められた子は

夏の日の文字通り熱い恋も

9月の海に沈む夕日のような失恋も

R&Rや文学、映画やダンスも

これから待ち受けている無数の悦びや哀しみ

それらを殆ど味わうことも出来ずにこの世を去った

若い子が強制的に、あるいは自らの手によって

人生が終ってしまうのを見るのはとても辛い

年をとるとかなりこたえる・・・


小山卓治×白浜久 Live
東京:9月23日、 南相馬:11月15日


コメント

白浜さんこんばんは。
仰ってることに直接は関わりがないのですが、
お考えがあればと思い書かせていただきます。
もし不適とご判断されれば削除してくださいませ。
僕にはこの事件の報道の仕方、テレビ、新聞各社の考え方の違いが結構出ているという印象を持ちました。いわゆる芸能スキャンダルを扱うようなスタンスからスタートして容疑者が何をどうしたのかをあからさまにしてショッキングで猟奇的だという事を強めに出すところがあったりして結構ダメージ受けてます。
メディアは知り得た事実をどういう形で言葉にするのか、もう少し考えてもらいたい。そんな印象を持ちました。
その闇に深さ大きさ等々考えてしまいますし、
非常に大きな事件だという感覚は理解出来るのですが
今は夏休みで子供達も昼間からテレビに接する時間が長いです。
そういう子供達(同世代やその若年層)には伝え方一つで、
その時には気がつかない心理的ストレスを配慮のない言葉使いで与えかねない、そう思いました。
考えすぎでしょうか?
2014/07/30 10:27 PM by jova
全く同感です。現時点では検察官送致もされていないのに、加害者少女の言動が次々に報道されている。
同世代の子供達への配慮が全くされていないと思いました。
2014/07/30 11:41 PM by H.Shirahama
早速お返事ありがとうございます。
テレビも活字も自視聴率や部数の為に
自ら「カストリ雑誌」に堕することの無い様に
という想いです。m(_ _ )m

2014/07/30 11:47 PM by jova

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2130

トラックバック

▲top