Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 寒が戻った | TOP | 花粉飛散 >>

2015.03.04 Wednesday

少年法の改正について



明日(今日だ)は早めに起きなければならんのだが

アコギ用のD.Iを近々製作するにあたって

その回路図をネットで拾っているうちに

目がパッチリ覚めてしまった

困った


閑話休題中一少年の殺人事件について

書くと猛反発くらうだろうからこれまで敢えて触れなかったんだが

睡眠不足の灰色脳の勢いで書いてしまおう

昨日昼ワイドで夜回り先生が実に的を得たコメントを言ってくれた

彼は怒りを抑えに抑えて語ったんだろうが直訳すると

「親が信用出来ない時は教師なり地域社会が介入して子供を守らないと

かような殺人事件はまた起きる」ということか

数十回もの電話連絡、家庭訪問を続けた教師の働きを認めた上での発言だった


今回の事件は最初から犯人が少年だと判っていたから

家庭裁判所の検察官送致の決定を待っているうちに犯人が自首してきた

そんなカンジだった

僕が法務教官やっている時から16歳以上は検察官送致によって

成人と等しく裁判にかけられる

今はもっと下がって14歳以上

だから今回の3人の加害少年は成人事件として裁かれることになる

(手を下していない手下は家裁に逆送されて少年院送致になるかも知れないが)

世間が騒いでいるのはどうやら量刑の軽さのようだ

たとえ刑事事件で裁かれても刑は1段階軽くなる

死刑は無期懲役

無期は10〜20年の有期刑に軽減される

という事は早ければ20代後半で出所の可能性がある

しかも今回のようにネットで実名から写真まで垂れ流されると

裁判所はその社会的制裁を考慮して刑を軽くする傾向にあるようだ

反発買うのを怖れず個人的意見を言わせて貰うと

18才以上を成人、未満を少年と再定義すべきではないか、と思う

(だって18才から選挙権あたえるんでしょー!?)


↑マンハッタントランスファー「Joy spring」

天才クリフォード・ブラウンによって書かれた

この時期になると聴きたくなる曲のひとつ

外はまだ雨が降っているが気温が上ってきた

春の雨だ

マンハッタンのバージョンも好きだ


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2376

トラックバック

▲top