Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 色々あった1週間 | TOP | 迎撃しなかったなぁ >>

2016.02.07 Sunday

クラウドファンディング




東京 0:00 a.m 雨 夜明けまでに雪に変るかも知れないなぁ

佐賀県厳木というところにプライベートスタジオを作っていることは以前書いたが
ワシが現地に行かねば何も進まない(当たり前だ)
悪童連の助けを借りてのんびりやろうと思っていたんだが
どうにもならない福島の放射能汚染に怯えて暮らす30万人の子供達
彼らをまるごと救うことなど出来ないが(勿論)
将来音楽家を目指す子供達を何人かなら保養で厳木ショウルズ(仮名)に招待出来るかも知れない
で、色々な方々とコンタクトを取りながら作戦を練っているところである
既に様々な基金があってそちらにもささやかながらTシャツの売り上げを届けてはいるが
どこもお金が全然足らない
福島の発がんの危険性はこの先数年でカタがつく簡単な話ではなく
夏休みの数日間保養してどうなるものでもないかも知れない
そんなこともあり子供達の受け入れ先も減少しているようだ
(飛行機の切符はびた一文負からんのに民宿代を負けろというのも理不尽な話だ)
厳木スタジオは玄海原発とは目と鼻の先だから
玄海村の子供達も気になる(小児ガン発症率は日本一)
海や川遊びよりギターのフィードバックのほうが楽しい子供に場所を提供出来ればいいな
・・と真剣に思う今日この頃である

日本でもいつの間にかクラウドファンディングが根付いてきていて
サイトを覗けば沢山の個人法人が寄付を募っている
結局行政は何もしてくれないからねぇ
ここ数日資料と企画書とにらめっこだ

閑話休題文系仕事やっているとつい体のバランスが悪くなって
何にもないところでスッ転んだりするから
今日は(昨日か)久々にプールに行ってきた
40代の頃はゆっくりとならクロールで50分を2セット泳いでもへっちゃらだったが
去年暮れに2年ぶりに泳いだら25mで溺れそうになった
泳ぎと自転車は忘れないとよく言われるが、あれはウソだ
でもまぁ週に1〜2度は泳いでたから今日はかなり長い距離を泳げるようになっていた
年齢は確実にその取り分を奪い去っていくけれど
努力次第でもう少し自分の傍に置いておけるものもある
例えば持久力

↑ドロレス・キーン「カレドニア」
ドロレスは1953年、西アイルランドの生まれ
カレドニアという名はローマ人によって付けられた
スコットランドの辺りを指しているようだ
アイルランド人は北アイルランドに阻まれてスコットランドは見えない
そんな想いが伝わってくる
静かな夜に彼女のアルバムを聴いていると世界に自分だけが取り残されたような気分になる
でもそれは決して悲しい気持ちではなくむしろ心地良いものだ

いわき市に行ってきた

H.Shirahama project 4.22 at CreAto(東京・恵比寿)

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/2822

トラックバック

▲top