Hisashi Shirahama Official Blog


<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< The people frightened at a change. | TOP | 伊勢志摩評定 >>

2016.05.29 Sunday

夏間近

JUGEMテーマ:健康



東京 11:00 a.m 晴れ

↑アート・ブレーキー&ジャズメッセンジャーズ with フレディ・ハバード
トロンボーンはカーティス・フラー(ウェイン・ショーターは欠席!?)
フレディのソロ、凄いなぁ
息継ぎの必要な楽器の良いプレイを聴いているとこっちの息遣いも同期してしまう
マイルズやクリフォード・ブラウンに比べるとフレディのプレイは
革新的というより技巧的というか、だから先駆者とは言われなかった(と記憶している)
ウィントン・マルサリスあたりになるとそれがもっと顕著になる
スマートにスーツを着こなして、ドラッグやギャングを遠ざけ
ツアー中のホテルでも白人と同じ部屋に泊まれるようになった
以前、村上春樹氏が何かの本で
「60年代にアメリカで巻き起こった公民権運動の後に黒人ミュージシャンがガラリと変わった」
と述べている
マルサリス兄弟(僕と同世代)は幼少期に公民運動をニュースで観ていた、さらに後ろの世代になる
春樹氏がいうには60年代にはユダヤ人の強い後押しがあって世界レベルの運動に発展したが
80年代ともなると実際には地位も収入も上がったのはユダヤ人だけで
黒人は相変わらず低所得に喘いでいた
その現実に多くの黒人達が怒りを覚え一斉に少数富裕民族叩きが始まった、と。
80年代というと日本はバブルに浮かれマンハッタンの不動産を買いまくっていた時期だから
ブランフォード・マルサリスが「日本人にジャズなど分らない」と発言して物議を醸したのにも
こうした背景があったらしい

いま日本は裕福でも貧乏でもない国になった
多少はアクセルを緩めたものの相変わらず格差社会は進んでいる
消費税は2019年まで引き伸ばされたが、共産党だけが小声で累進課税復活を挙げているだけで
与党は勿論のこと民進党でさえ打開策を示せないでいる
年間5億の収入のある人間が3億に減ったからといって生活レベルは変わらんだろう!?
だが月¥8万5千の年金生活者から消費税10%とったらどういう悲惨な結末になるか。
そんな程度で心を痛めるようでは政治家は務まらんとでも言いたげだ




6/4 (sat) 風の轍 track #02「風ニ吹カレテ+白浜 久」at 荻窪 club DOCTOR
イープラス

「小山卓治vs白浜久」九州ツアー決定
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top