Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ジョギングウエアについて | TOP | 録音ちう >>

2016.07.01 Friday

富の未来、ポーの一族

JUGEMテーマ:追悼



東京 10:00 a.m 曇り
相変わらず東京だけは雷神様に嫌われたままだ

今朝の死亡欄に「トフラーがロスの自宅で死去」
87歳だった
著書「富の未来」で提唱した脱成長社会におけるプロシューマー論は
21世紀世界のひとつの鍵となるかもしれない
合掌・・・

閑話休題こっちは明るいニュース
萩尾望都著「ポーの一族」が40年ぶりに再開で
連載される月刊フラワーズは増刷しても即売り切れ状態が続いているそうだ
萩尾さんとは大森信和さんのお通夜の席で田中一郎大先生に紹介して頂いた
違う時と場所だったら山ほど質問を浴びせて萩尾さんを困らせていたかも知れないな
あれから12回目の夏がやってきた
早いものだ
今日は大森さんのK・ヤイリ製ガットでソロを録ってみよう


↑ユーライアヒープ「7月の朝」
今日から7月だ
ヒープは超が2つ付くくらいの”B級グルメ”バンドだったが高校時代これもよく聴いた
この曲は「対自核」という仰々しいタイトルのアルバムのA面最後の曲だったな
このベースはポール・ニュートンが弾いている(多分)
その後マーク・クラークを経てゲイリー・セインが参加、全盛期を迎えた
ゲイリーはツアー中に感電し、その心的外傷が治らずドラッグのオーバードウズでこの世を去った
1975年の冬、27歳という若さだった
最近は余り聞かないけど昔は随分と感電事故があったような・・・
思い出しただけでも、ジム・マカロック、キース・レルフ、イアン・アッカーマン(これはカミナリか)
日本の倍以上の電圧だものな


「小山卓治vs白浜久」九州ツアー決定
10.10 みどり屋食堂にてギター・ワークショップ(詳細近日発表)
10.23 Cavern Beatにて白浜久プロジェクト・エレクトリックセット(詳細近日発表)


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック

▲top