Hisashi Shirahama Official Blog

ここは白浜 久のブログです。
犯罪的書き込み、好ましくない発言は削除されます。
御了承の上、御入室下さい。

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 春が来た | TOP | 1984 >>

2017.02.14 Tuesday

日本映画界がダメなワケだわ

JUGEMテーマ:日本映画の監督


↑東京 4:00 p.m 晴れ 南(写真右方向)から天気が崩れてきている 春一番はもうすぐ

​清水富美加さん(て仰るのか)の出家騒ぎ、TV付ければやっているから大体解った
​朝ドラの「まれ」でワンコさんという役で出ていた
​(そーいえば昨年強姦致傷で捕まった子も出ていたな)
魅力的な子だ(と思う)
​この春に公開の映画で、撮り終えたもの、途中のもの、クランクイン前のもの
​全部で3〜4本あったらしい
映画の世界はどうなんか知らんが、音楽の世界に当てはめると
映画≒アルバム制作
になるんかなぁ
​少なくとも我々は年に一枚のペースでアルバムを出していた
ビートルズは半年に1枚出していた時期もあったけど
あれはライブ止めたから出来たんだろう
​ツアーなんてやっていたらとてもそんな時間は無い

話を映画に戻せば「主演作は年に一作​」とゆーのは
​役者にとってもファンにとってもとても健全なタイムスケジュールなんぢゃなかろーか

何を言いたいかとゆーと
だから日本映画界はいつまでたってもダメなんぢゃないの!?
とゆーこと
​いくら売れっ子だからといってこんな雑なキャスティングで(どうせ映画製作も雑にきまっている)
良い作品が出来るワケがない

​かようなげーのー会のドタバタ劇もなんだか、豊洲をめぐる都庁の自浄無き官僚と政界の癒着と
​えらく似ているなぁと思う
​この国の特質なんだろーなー

​損害賠償が10億とか言っているけど、これもまた五輪関連のゼネコンと行政のズブズブ関係を
思い起こさせる
​いい大人が寄ってたかって22歳の女の子から金をむしり取る図ってのはなんともね
みっともないわい



3月4日(土)「Rocker meets Pecoross ~ ペコロスに会いに行こう!」at みどり屋食堂
​出演:白浜久、岡野雄一
​4月22日(土)白浜久プロジェクト・エレクトリックセット at Cavern Beat


 

コメント

ビートルズがアルバムを年2枚出していたのは
ツアーをガンガンやってた時期です

プリーズプリーズミーからリボルバーがそうですね

それ以降もペパーとマジカル(67年)ホワイト(2枚組・68年)
レットイットビー(発表は70年)とアビーロード(69年)
と今のロックバンドでは考えられない凄まじい活動ペースです

メジャーなアーティストのアルバム発表スパンが3年から5年空くのが普通になった現在では考えられませんね
2017/02/14 8:48 PM by kage
ありゃ? そうでしたか。失礼。
ヘルプ以降の音楽的進化が凄かったから、勘違いしてました。
その前はカバーが多いし音楽的革命は感じてなかったもので(-_-;)
御指摘有難うございます。
2017/02/15 2:31 AM by H.Shirahama

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3232

トラックバック

▲top