Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 秋のつるべ落とし | TOP | 揉め事の多い季節やねぇ >>

2017.09.04 Monday

R.I.P...

JUGEMテーマ:追悼



東京 10:30 a.m 曇り

​一昨日、冬用の布団を引っ張り出して使っている
​厳木はそろそろストーブの時期だろーか


ウォルター・ベッカーが昨日亡くなった。
あの世界一偏屈なドナルド・フェイゲンとあれだけ長くやっていたんだから
​ただの我慢強い、人当たりの良い人物だけだったってワケでもなかろう
9年前にリリースしたソロ「サーカスマネー」を聴いてその疑問は解消した
彼はフェイゲンの行き過ぎとも思える完璧主義の最大の理解者であり
適切なアドバイスを下せる唯一のパートナーだったんじゃなかろーか
​二人はスティーリーダンを解散させ、一時期離れていたけど
互いのソロアルバムをプロデュースし合ったりして、交流を始めたと思いきや
あっさり再結成
2000年に「Two Against Nature」をリリースしてワールドツアーも行った
これは良いアルバムだ
​2003年にもう一枚出して(これは聴いてないな)これが最後のアルバムになった
R.I.P...




​↑スティ−リーダン at R&R Hall of Fame 2001
ウォルター、どこぞの大学教授みたいやねぇ
 

コメント

白浜さんこんにちは
この間スティーリーダンのAjaのDVDをレンタルで見たばかりです。訃報を聞いて驚いています。
ベッカーはフェイゲンの最大の理解者、というのは本当にその通りだと思います。このDVDは1999年のものですが、Ajaのレコーディングから20年以上を経て、二人仲良くミキシング機械の前に並んで座り、あの時のアレはああだったこうだったと打ち明け話をするという内容です。インタビューに口下手だけど真摯に答えようとするフェイゲンと対照的に理路整然と話すベッカー。自分のイメージでは逆と思っていました。トラックを聴きながら解説するのはほとんどベッカーで本当にどこかの教授のようでした。
Ajaが発売された77年私はピンクレディなんか聴いてる普通の小学生でもちろんスティーリーダンなどしりませんでしたが、大人になって初めて聴いた時も、全然古さは感じませんでした。
2017/09/05 7:06 PM by ようこ
Hi, ようこさん!
77年、僕は大学生でした(-_-;)
2017/09/05 9:48 PM by H. Shirahama

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3477

トラックバック

▲top