Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< ドジャーズ惜しかったな | TOP | ソフバン王手 >>

2017.10.31 Tuesday

ハロウィン

JUGEMテーマ:秋の気配



​東京 10:00 a.m 曇り 風が冷たい

日本シリーズ、5戦まで天候は大丈夫そうやね


閑話休題明日は万聖節
​読んで字のごとく、天上地上の神の遣いが一堂に会する日
で、「神様は一人だよ〜ん」と宣言する

その前夜(今日だ)はハロウィン
墓の中から死者が蘇ってくるけん
こっちもゾンビの格好していたら向こうは気付かんやろ
​・・・とゆー安直な発想、無理ないか!?

​元々はケルト民族が旧暦の大晦日に(今日だ)
ついでに墓参りもやっちまおうと​始めたローカルな祭事
それが​何故かキリスト教に取り込まれた
ドラキュラ伝説と同じで民衆に不安を植え付ける手段に使われたんぢゃないかな





万聖節の朝には死者達が一斉に黄泉の国に戻る
​朝もやに輝く​魂は金色の雨のよう


とかなんとか
​確かイギリスの詩人の作品だったと思うけど(テニスンではない)

いちおう大学で英文学を専攻していたので試験の前だけは嫌々読んでいた
「16世紀の、それもとっくに死んでいる男の詩なんか興味ないわい」
と突っ張っていたが・・・愚かだった
大抵の若者がそうであるようにワシも愚かだった
でもまぁあの頃はシェイクスピアやエミリー・ブロンテより
​急を要する諸事が目の前に転がっていたんだからしょーがない



↑ビーチボーイズ「インマイルーム」

ブライアンはジミヘンやモリソンらと共にとっくに土に還っていい男だった
​21世紀になって突然墓から舞い戻るも、​ただステージにいるだけ
歌も演奏も酷いものだったが
​それでも人々はこの現人神を一目観ようとコンサートに押し寄せた
それだけでも凄いけど年を追うごとにブライアン、元気になって
​最近のライブ映像を見る限りはほぼほぼ完全復活
ゾンビから生者に格上げされたようだニャ
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3570

トラックバック

▲top