Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 隠遁生活も1週間か・・ | TOP | 山籠もり生活13日目 >>

2017.11.13 Monday

隠遁生活10日目

JUGEMテーマ:健康


11月11日 厳木:晴れ 風が冷たい


隠遁生活9日目

ここで唯一外界と接触できるのはラジオ(しかもRKB1局のみ)
朝夕聴くのが日課になった
それでは本日のニュース

今日は福岡でワールドちゃんぽん大会なる催しがあるそーだ
長崎チャンポンは有名だが
熊本、久留米、鳥取、兵庫にも人気チャンポンがあるげな
知らんかった
ふもとに井出ちゃんぽんとゆー店があるんだが
有名店らしい
一度食べに行ったが確かに美味しかったばい

もう一つ海っぺりのなんとかゆー会場(博多です)で
キャンピングカーの展示会やっとるそう
パーソナリティさんはキャンピングカーが如何に素晴らしいか
言葉を尽くして報じている

「家族喧嘩になったらクルマとキャンピングカーに別れれば
顔合わせずに済みます」
とか

そんなんが買う動機になるんかい!


閑話休題昨日の新聞読んだら・・・
相変わらず自公政権はヒドいのぅ
与野党の質問時間を議席数で決めるとかぬかして
新聞でも相当叩かれていたが
「5対5ならいいだろう」
ってそれはないでしょ
あんたらが野党の時に8割も割いてあげた恩を忘れたか!?
「立憲が応じないなら多数決で決める」んだと
これほど独裁色の強い政権がこれまであっただろうか
少なくともワシの記憶にはない
日本人て元来隷属的気質ではあるけどさ
独裁国家がそんなに好きか!?


午後ジョギングに出掛けたら
軽トラを路肩に止めて道路で昼寝しとるじーさま発見
いくら交通量が少ないったってたまに通るし
しかもじーさま完全に車道にはみ出して寝とーばい
ん〜厳木の住民は、したたかだ


夕方に松永浩氏が来訪
彼とは今年の白浜プロジェクトライブ以来
およそ半年ぶり

ダイエット中でも食べられるという鍋を晩飯に作ってくれた


​↑松永氏&鍋

白菜と豚肉だけという超ヘルシーメニュー
白菜とシャブシャブ用より少し厚めの豚バラ肉を交互に重ね
5冑に切り鍋に並べる
その上に余りものの食材を乗せる(今回は人参)
味付けは白だしにショウガ
煮立ったら大根おろしにポン酢、薬味に万能ねぎをお好みで

これ、メチャ美味い
ダイエットも忘れて二人で全部ペロリと食べてしまった
しかも松永氏いわく
「ネットで見つけて美味そーやったけん。実は作るの初めてなんすよね」
料理と音楽、似ているところがある
名付けて「白菜と豚のミルフィーユ松永風
大地の恵み、豚さんに感謝
ごちそーさん!

 

そして深夜井上カツ大家が到着
明日は3人で釣りにいくことになっとーと
夜明け前の鷹島でチヌを狙う
ワシは前回メタルジグで30僂離┘修釣れたけん
今度はワームでメバルか大き目のアオモノを狙う
それにしても寒そうやね


↑厳木では湯たんぽが欠かせない

 

11月12日 厳木:晴れ


午前5時起床
ふわ〜眠い
ワシと松永クンは昨夜の酒が残っていたので
カツさんのクルマに便乗させて貰うことに
予想に反して寒くないな
だが油断は禁物
防寒対策して出発

 

今日は福岡でマラソン大会が行われるから
博多と糸島を結ぶ道路が全面通行止めとのこと
我々は長崎方面に向かっているから今のところ影響無し
天気が良くて選手の皆さん、良かったね
風もないけん世界新が出るかもしれん


 

いつもは夜明け前に釣り場に着くんだが
今回は釣具屋が混んでいて餌の購入に手間取ってしもた
いつのも釣り座には先客が
ん〜しょんないたい
空いている場所で釣らせて貰おう
松永氏は渓流専門で海釣りは今回が初めてとのこと
へぇ
 

あれれ? 寒うないばい
カツ氏、松永氏、(ワシも)揃ってジャケットを脱ぐ


 

釣れるこたぁ釣れるんだがサイズが小さい
今回も20儖焚爾魯螢蝓璽垢鳩茲瓩燭ら
クーラーボックスにはなかなか魚が入らない

三人とも意地になって場所、仕掛けを換えチャレンジするも
午前中は完封負け


 

午後になってボツボツ型の良いサイズが釣れ出した
アジが回ってきたのでアジフライに最適な17〜8僂任睥匹靴箸罅爾海箸
クーラーも随分と賑やかになってきた



陽も落ちかけた頃に松永氏の竿がギューンと曲がり
おお、本命のチヌか巨グレか!?と
一同沸き立つが、痛恨のばらし
こりゃこのまま帰れんばい、と夕方5時半まで粘るも
とうとうウキが見えなくなり納竿


 

11時間ぶっ通しで竿を振っていたから流石に疲れた
帰る途中でウエスト(こっちで有名なうどん屋)でエネルギー補給
ま、週末くらいはいいでしょ
明日からまたキチンとダイエットしましょ



それにしても唐津市街に入ったら道路がバカ混みしとる
マラソンが終わって3時間は経っているやろ
これから博多方面に戻る両名、大丈夫かいな!?
 

一旦厳木のスタジオまで戻り通常の服装に着替えて解散
二人が下山して厳木はまた深い静寂に包まれる

グレン・グールドを聴きながら片付け
J.S.バッハの「2声のインヴェンション、3声インヴェンション」
鳴っている音は多くて3つ
なのになんでこんなにも豊かなのだろうか
天才作曲家と天才ピアニストの成せる業
ただただ脱帽
本来ならチェンバロなんだろうけどそれをグレンはピアノで演りたかったのだろう

演奏に合わせてついハミングしているのもしっかり録音されている
バド・パウエルもそうだが演奏中唄ってしまうピアニスト、結構いて
それが最初かなり気になるんだが繰り返し聴いていくと
それが音楽の一部として機能し、全然気にならなくなってくる
あれは唄ではなく、奏者の魂の震えなんだと

聴いているうちに眠たくなってきた

10時就寝Zzzzz

 

11月13日 厳木:晴れ




 



↑チェーンソーでストーブの薪の切り出し

​午前中の日課でもある
一日分の薪がおよそ15〜20分で作れる
​それでも汗びっしょりになる

午後から墓の掃除に行く
半年以上ほったらかしやったけん、色んな生物が棲みついとーやろ
はぁ・・・こんな山奥に墓なんか作っちゃって
ワシが死んだら誰が参るってーのさ
 

夜はS.O.R.aで一郎さん、松藤さん等のコンサートがある
演奏を生で聴くのは随分久しぶりだな
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3576

トラックバック

▲top