Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 隠遁生活は続く | TOP | 山を下りる >>

2017.11.21 Tuesday

隠遁生活さらに続く・・・

JUGEMテーマ:健康

 

11月20日未明の厳木:晴れ 寒波依然と居座る


ここ厳木の夜はえらく長い(そして寒い)
だから東京では聴かないだろうアルバムを
じっくりと聴くようにしている
今夜はリー・モーガンをじっくりと

リーはガレスピー、クリフォード、マイルスの位置には
到達しなかったものの60年代の一時期に
フラッグシップ的役割を果たしたんじゃないかなぁ
カッコ良かったものね
そしてこの人のペットは聴くものをハッピーにさせる
その辺はガレスピー(もしくはサッチモ?)を尊敬していたんぢゃないかなぁ
それにきっと良い人だったんだろう
良い人過ぎて恋人と愛人を区別出来ずに
恋人に撃ち殺されてしまった
まぁ人生色々です
お薦めは「Delightfulee」
「The Sidewinder」のほうが有名ばってん



11月20日厳木:曇り後晴れ 寒さやや緩む

ラジオつけたら能天気な歌が流れてきた
まだ戦争は始まってないごたぁね

午前中は延々とショッピング番組
ただのCMにしか聞こえないけど
TVと一緒で局側は
「これは情報番組」
と主張する
特定の会社の特定の製品だけを紹介することが
はたして情報番組と言えるだろーか

そげなことやけんTV、ラジオの役割は年々減退しとーと!

とはゆーものの災害や戦争になったら
ネットや携帯はアウトやから
何のかんのゆーてもラジオは捨てられん




昼前、夜に備えて薪を切り出していたら陽がさしてきた
明日には気温あがるやろか?
よく燃える木が減ってきたけん
節約せんと来月までもたんばい
生木のストックならあるんだが
充分に乾燥していないから
ストーブに入れても燃え残って炭になってしまうのだ
(それを翌日また放り込むとゆーややこしいことやっとーと)
どこかで薪を調達してこないけんのぅ



↑サンルームが物干し場に 隣が楽器部屋

午後イチ、12.9の曲リストのタタキ通りに演ってみる
うわ、ビーチボーイズは早めにせんとファルセットの出らんばい
マンドリン、マイクで拾わんとよー聴こえんなぁ

あと去年ライブ当日に急逝した曽我浩三の曲を
1つリストに加えた
なんだ、オリジナル持っているんなら何でオレに聴かせんやったかね
シャイなのか、オレに遠慮したのか
理由は本人からはもう聞けないけど
ヒロノ(病院理事の経費で芸者遊びやってる元ドラマー)が
ヤツのオリジナルCDを焼いてくれたので
何度か聴いてセレクト



↑中はログハウス風なのに外観はフツーの民家 泥棒除けなんだそう

思えば今年、アコースティックもエレクトリックもソロは一回のみ
梅雨前に悪性に成りかけのどデカいポリープの切除手術やって
8月に光浩氏のライブにゲスト出演させてもろて
今度の12月のみどり屋で4回
で、今年はお終い
東京福岡をグズグズ行ったり来たりしているうちに
どんどん年とっていきよー
イカンなぁ

ただねぇ、これまでサボっていた音楽の勉強が
ものすごくあることに気付いて
ジャズ、クラシックだけでもまだまだ聴けていない作品が山のようにあって
難儀しておるところ

それとワシが音楽業界に馴染めなかった理由は
モーツァルトよりマーラーのほうが好きだってことかなぁ
・・・なんて事も判ってきた

指揮者とオーケストラによってまるで別曲に聴こえることも解ってきた
勉強終える頃にはもう何も出来ない老人だよ
困った・・・

3時にパアッと晴れたんで
急いで着替えてジョギングへ
ぴえ〜っ、寒いっ!
だが4時過ぎるともっと冷えるからな
我慢我慢
今日もダッシュを20本程度
うん、そろそろ線路を逃げる痴漢と競争できそーばい


夕方6時
ストーブに薪を投入
穏やかに室温が上がっていく
ふぅ・・・

今夜はエラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングが
ガーシュイン作品を歌ったアルバム「Our love is here to stay」からスタート
素晴らしい
20代の時は(40代でも)この良さが理解出来なかったわけだから
年を取るってのもいいもんだなぁ
バックのビッグバンドも無反省にゴージャスでサイコーだ

ここ数年、国内外で流行っているアーティストも音楽も
いっちょん知らんし聴いとらんばってん
メジャーとの繋がりももう殆ど無いけんね
まっ、いいか

11月21日午前0時の厳木:ジェット機の轟音で目覚める

うわお、戦争か!?
ラジオを点けると
へたくそなパーソナリティがダラしく下らん事をしゃべくっとる
ホッとすると同時に
こんなアホが何でクビにもならずに公共の電波を汚しているんだ!?
・・とハラがたってきた
1970年代のパックインミュージック、オールナイトニッポンは
もっとちゃんとしていたぞ
まったく・・・21世紀の受験生はホント可哀そうだ
笑えもしない、ためにもならない話を延々と聞かされているんだからな

この辺りは夜になると動物さえ息をひそめて鳴き声もたてないから
戦闘機と民間機、それにヘリの区別くらいちゃんとつく
今回のは戦闘機やった
米軍機か自衛隊機のどちらかだろう
旅客機が飛ぶ時間じゃないから恐らくスクランブル発進じゃないかな




11月21日午前10時の厳木:快晴 寒波去る

息は白いばってんそげん寒うなか


↑駐車スペースは4〜5台ほど
道路から見えると押し売りがやってくるので最近は倉庫の中にクルマを入れている

そーいえば
「長崎の海で採れた手作り品です」
と韓国海苔を売りつけようとしやがった詐欺オヤジ
今回はまだ来とらんな
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3580

トラックバック

▲top