Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ライブまであと4日! | TOP | 山を下りる >>

2017.12.07 Thursday

寒波到来

JUGEMテーマ:LIVE



12月5日 午後の厳木は雪


山を登るにつれ、雨がみぞれに

そして中腹を過ぎたあたりで完全に雪に変わった
ヒエ〜、もしかすると明日スタジオに閉じ込められるかも知れんな

取り敢えず相棒のウィングロードちゃんが凍死しないように
倉庫に入れてシャッターを下す



建物に入ってすぐに灯油ストーブに火を入れる
薪ストーブは炉が高温になるまでに結構な時間が掛るので
これで寒さをしのぐのだ
今日は薪ストーブが安定するのに2時間以上かかった
まぁ仕方ない、先日切ったばかりの生木を薪にしているのだから

ふぅ・・・ようやく息が白くならなくなったところで
頼まれているストラトとイフェクターの修理に取り掛かる



ん〜今回は録音は一切無くて、ギターの修理ばっかやな
14枚目を仕上げる予定だったんだが、腹が減り過ぎて
いっちょん良いアイデアが出らんやった
ダイエットと制作を同時にやろうってのがそもそも無謀だよな

一件だけ12月から1月の間で録音を頼まれたんだが
さすがに断った
(ここで年を越すのは命がけやろーけんね、まだ死にとうない)


午後8時:雪が止んでいつの間にか星空に変わっている

今のところ気温は氷点下までは下がっていない
でも明日の朝はきっと一面の霜柱だろう

今夜はメリサ・マンチェスターのアルバムを聴きながら麦焼酎をチビチビやっている
東京ではあんまし酒は呑まんのやけど・・・
ここ厳木では孤独のあまりついつい酒量が増えてしまうのよね




12月6日未明の厳木:雪は止んでいる 外気温恐らく0℃前後

午前3時に目が覚めた

ストーブの中では最後の1本がくすぶっている
が、炉が冷え切っているからこれ以上くべても再燃はせんやろう
室内にはほのかに暖気が漂っているから
急いで灯油ストーブに火を点ける


閑話休題ダニー・クーチマーというギタリストがいる
僕から最も遠いタイプの人
でも昔から好きだった
ベストテイクはキャロルキングの「It's too late」
最後のバースで間違っているんだけどそれも含めて大好きだ
今聴いているジャクソン・ブラウンのアルバムでも弾いている
ビリー・ジョエルのプロデュースをした時には
長年ジョエルのバックを務めたメンバーをバッサリ切って
ジョエルが望んでいた田舎でのゆったりのんびりレコーディングを
「俺はニューヨークピザが食えないところでは仕事をしない」と
ジョエルを都会に呼び戻した男でもある

今後プロデュースを引き受ける時には
クーチマーのような信念が必要なんだろうな、と思う

いつの間にか仕事における妥協が当たり前になっていた
が、5年前に人生の転機が訪れる
息子が大学を卒業し独立、介護生活が始まってからは音楽と距離を置いて
宗像の田舎で母親と二人っきりの生活の中で
ジャズとクラシックばかり聴いて過ごした
引き受けたのは「面白そうだ」と感じたインディーズやアマチュア作曲家の人達の
デモやオケくらい

その間、昔書いた曲が知らぬ間にアニメに起用されたりして
大した苦労なしに呑気に暮らしてきたが
結局のところ面倒なトラブルを嫌って
問題に向き合わず逃げていたんだろうと思う

だが時にはアーティストとしっかり向き合って真剣に議論し
時には喧嘩もして作品を生み出さないと
人を感動させられるものは出来ないんじゃないかな、と思うようになってきた
なんたって残された時間は恐ろしい速さで減っていっているのだから




12月6日厳木:晴れたり曇ったり 外気温はかなり低い

厳木を離れる時が刻々と近づいている

ライブ当日に下山しようと思っていたんだが
余裕を持って前日にここを離れることにした

大家の井上ご夫妻には何から何までお世話になり
感謝の気持ちも言葉に出来ないほどだ
死ぬまでに恩返しが出来るかなぁ
頑張ろう



今日の作業は裏口の掃除
枯葉や切屑をホウキで掃いて
そこにちょうど良い大きさに切った薪を積み上げる
これで春先には少しは乾燥しているんじゃないかな

それにしても、山の生活というのは
全てが筋トレ、ダイエットに直結しているんだな
僕の場合、食事制限がハンパないから
参考にはならないと思うけど
やはり筋肉を落とさずに痩せるというのが基本
ここ厳木ではそれが簡単に出来てしまう
恐らく一ヶ月で10キロ近くは落ちたと思う
特にこの時期はじっとしていたら凍え死んでしまうから

厳木では今年最後になるジョギングに出掛ける
今回は猪に出遭わなかったな




夕方からグッと冷え込んできたので早々に薪ストーブに火を入れる
快適な温度になったリビングで今ストラウスのツアラトウストラを聴いている
カラヤン指揮ベルリンフィル
10キロ先まで聴こえているんじゃないかってくらいの音量
東京でこの大音量で聴くのは当然無理
寂しさを払うために殆どやけっぱちでやっている気もするが


​↑ジョギング中にみつけたポスター
なんだ観に行けたのにな 残念




12月7日厳木:晴れたり曇ったり 気温低め

打ち合わせで博多へ

倉庫からウィングちゃんを出して下山
まずは唐津イーオンのフリーWi-Fiを使ってメールチェックとブログのアップ

さあ博多へ向けて出発だ!


12月9日 アコースティックソロライブ at みどり屋食堂(福岡)
長崎から則松敬一さん、ARBソング2曲参加決定
​(学生時代に全曲コピーしていたという強者)
逆瀬川剛史くん、S&Gソングへの参加決定
※Battle of evermoreのサンディ・デニー役
Sittin' on a fenceのブライアン・ジョーンズ役が未だ空いています
(さすがにハードル高いか)
contact

 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3589

トラックバック

▲top