Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Merry Christmas! | TOP | ケーキは嫌いなのだ >>

2017.12.25 Monday

Seize the day〜今を生きよう

JUGEMテーマ:ふるさと
 

人生は短い だから争い合ってる時間なんてないのだ

東京と福岡を行ったり来たりするようになって6年近くなる
その間、色々な事が起きた
母が死んだ
実家を手放した
先輩の奥様が別荘を貸してくれた(感謝!)
​これまで何とかやってこれたのもこうした多くの人達の助けがあったからだ

多くの旧友、先輩達は昔と変わらない態度で接してくれる
だが、僕の地位(そんなもん無いんだが)を利用しようと
巧妙に近づいてくる人も少なくない

福山雅治の電話番号を執拗に訊いてくる(元)先輩もいた(教えるわけないやろ)
今では完全に関係を断っている
他にも姪っ子だか甥っ子だかを大手プロダクションに売り込んでくれとか
自分自身をレコード会社に紹介してくれと毎日連絡してくる人もいた
(紹介の代わりに幾つか方法を教えてやったがありがとうの一言も無かったな)

こうした面倒な人は簡単に厄介払い出来るが
嫉妬やひがみの感情をヒステリックにぶつけてくる人間には
心底疲れる

​故郷に戻ったときくらいプロの垣根を取っ払って
​昔のように誰とでも音楽を奏でたいと思っていたが
​そうした気持ちはかなり後退した

僕はその男を知っていた
大昔のことだしその後ずっと付き合いなど無かったから友人とは言い難いが
他の知人からその男がずっとプロになりたかったという話を聞いた

この世界でずっと食ってきた僕に突っかかってきたくなる気持ちも分からないでもない
昔から利口な男ではなかったし、楽器が巧いわけでも
​特に音楽の才能に恵まれているわけでもない
全てにおいて凡庸で、仲間内で話題に上ったり尊敬されることもなかった
こういったタイプの人間の多くがそうであるように
いかがわしい宗教団体に属していた

最初はアタマに来たがその男の妬みに満ちた顔を見ていたら
だんだん哀れに思えてきた
そして時が経つにつれ僕の人生からも視界からも完全に消え去った
元々がエキストラの通行人のような役回りの男だ
去勢された雄犬が雌のお尻を嗅ぐように
自分が相手をして貰えそうなアマチュア音楽家の周辺をずっと
そして​今もうろつき回っていると聞いた
二度と会うこともなかろう
そう願いたい
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3601

トラックバック

▲top