Hisashi Shirahama Official Blog


<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ディープな夜、そしてパソコンは逝った | TOP | 壊れたパソコンよ、さようなら >>

2018.02.06 Tuesday

関東の空っ風

JUGEMテーマ:健康


​↑東京 10:00 a.m 快晴 風無し 春の足音が微かに聞こえる


有賀さつきさん

​バブル期にオールナイトフジという番組があった
ARBで何度か出演した

​この方とはちょっとしたエピソードがあって
​福山くんが(映画デビューはしているものの)今ほど有名ではなかった時に
彼を連れてフジテレビに行ったことがあり
有賀さんともう一人司会の誰かと廊下ですれ違いざまに
​2つか3つ、言葉を交わした(という程度ですが)

その時は福山くんのアルバムを制作中で
ギリで局入りして演奏シーンを録画し
​オープニングのひな壇には座らず
スタジオに戻った
だから僕のいない3人が対応したか、凌だけが応えたか
​ARBだけ全て録画にしたか
​そんなだったんじゃないかな
今思うととんでもなく忙しい時代だった

​まだまだ若く、とても美しく
​そして感じのいい人だった
合掌・・・


ドーナツの穴

​ドーナツに穴が出来たのはいつか?
​それははたして発明か?

ドーナツの原形とゆーか、先祖は揚げパンである
(エラそうに言うほどの知識ぢゃありませんね、スンマセン)
​19世紀アメリカのどこぞの町のパン屋
​そこで下働きしてた15歳の少年が
揚げパンの揚り時間が長いのにハラがたって(よっぽど短気だったんだな)
真ん中に穴を空けたら火の通りが早いはず、とやってみたら
これが大成功、主も大満足
一気に人気商品になり全米に広まった、と
まーそーゆーことです

近くのセブンに行く度に
「買おうかな」と心惹かれるんだが
もともと甘いもの嫌いで、一口食べたら後悔するに決まっている
​でも米映画やドラマのシーンによく出てくるあれ
​主人公がクルマのダッシュボードに無造作に置いて
​無造作にパクつくドーナツ
美味しそうだよね



↑ドーナツではありませんが、早めのバレンタインチョコ 頂きました

甘いものは苦手ですがこれは美味しかった
一日一個づつ頂いてます
​Thank you!
 

コメント

 有賀さん、僕と同学年です。びっくりしました。彼女の有名なエピソード、読み間違いのエピソードを紹介するとき「旧中山道を「いちにちじゅうやまみちと読み間違えたアナウンサーがいました・・・」と紹介した後で、彼女自身が「きゅうちゅうさんどう」と読んでしまい、上岡龍太郎さんはじめ共演者に、「ちがうよ」とつっこまれたという有名なエピソードですが、リアルタイムで見てました。

 その後、「アナウンサーに向いてないんでしょうか?」なんて落ち込んでいたら、「そんなことない、そんなことない」と共演者が慌ててフォローしてたのが印象的でした。

 それがあったからか、近年は漢字検定を受験したとのことでした。

 好きなアナウンサーでした。

 パソコン買い替えですか?僕も今使っているMac miniが遅くなって困っています。でも、夏にお金を貯めてiMacを購入したいのでちょっと我慢の日々です。頑張ります!!
2018/02/06 11:06 PM by ufocluv(k)

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3647

トラックバック

▲top