Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 今なお3万人以上の方々が | TOP | 小確幸 >>

2018.04.15 Sunday

前線去る

JUGEMテーマ:健康


↑東京 3:00 p.m 晴れ間が広がってきた 風もすっかり収まり気温は25℃を越えた


火に油!?

​昨日、下関市で前川喜平氏の講演があったが、下関市教育委員会がドタキャンで
後援を降りたらしい
​下関というと晋三クンの地元
そして前日はお隣の北九州市で同市教育委員会の講演で恙なく開催されたというから

「この期に及んで忖度してんじゃねー!」

​・・と早くも世間の非難を浴びとる
当たり前だ
​同日は議事堂前に3万人の抗議者がシュプレヒコールをあげていたのだから




​↑P.F.スローン「Eve of distruction」
直訳すると「破壊前夜」ってとこか 邦題は「明日なき世界」
​今日の天声人語にバリー・マクガイアがカバーしたこの曲について載っていた
​勿論バリーのバージョンがいっちゃんヒットしたから当然ちゃ当然なんだが
​僕より上の世代の音楽ファンにとってはスローンのほうが馴染みが深い筈だ
60年代後半に多くのヒット曲を書き、自ら表舞台にも立つようになった
​当時の音楽雑誌「ヤングギター」なんかにしょっちゅうジャケ写が載っていた
​アルバムタイトル「孤独の世界」の同名曲が少し話題になったんだと思う
確かにあのジャケット、カッコ良かったものね
​ソロアーティストとしては売れなかったもののソングライターとしてはヒットを量産
​70年前後に大ブレークしたグラスルーツはスローンの覆面バンドだったし
(懐かしのダンヒルレコード!)
​そーいや、この時代は他にも「愛なき世界」とか「苦しみの世界」とか
そんな邦題が多かったな
似たようなのだと「孤独の太陽」
「悲しき・・・」ってのも多かった
結構好きなのよね、邦題
また復活せんかな



↑こっちが大ヒットしたバリー・マクガイアの「明日なき世界」
冒頭の
​The eastern world, it is exploding
が朝日で紹介されていた
​激化するベトナム戦争へのプロテストソングだが
半世紀経って同じことが起きるとは・・・
​スローンは3年前ガンでこの世を去ったがバリーは御年82で健在のご様子
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3736

トラックバック

▲top