Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 忘れることも大事 | TOP | 国会、相変わらず酷いな >>

2018.05.08 Tuesday

GWが終わった

JUGEMテーマ:健康


​↑ 夕方の東京 大雨


Catch not at the shadow and lose the substance

直訳すると「影だけを捕まえて本体を見失うなかれ」ってとこか
​夕暮れに長く伸びた実態を伴わない影
陽が落ちれば跡形もなく消え去ってしまう
​まるで今の日本のようやね


C・マルクス生誕200年

​1818年5月5日、プロイセン王国のトーリアという町に生まれる
人生の殆どを亡命者としてパリ、ロンドンで暮らした
「資本論」は大学の哲学概論の単位のために読んではみたが・・・
最初の2〜3ページで「ダメだ、こりゃ」と投げ出して
​結局単位を落とし、1年目にして留年確定

僕以上に不愉快な思いをしたのがマルクスの生まれ故郷の住民たち
いきなり中国がバカでかいマルクス像を送り付けたきたからだ
​中国共産党の理念の根底はマルクス主義と共にある(らしいよ)
​だが、ドイツは共産主義によって国を真っ二つに引き裂かれ
​長きに亘って苦しめられてきた経験がある
​トーリア市民のみならずドイツ国民の多くが嫌悪感を抱いたのも無理もない

​もう一つトーリア市民が懸念していることがある(らしい)
人口10万程度の町に中国の富裕層がマルクスの生家を見に
毎年5万人以上が訪れるというのだ
​マナーさえキチンとしていれば問題は無いんだろーけど
​このマルクス像のせいで無軌道な(中国人)ツーリストが
倍増するのだけは避けたいが
​撤去すれば外交問題に発展しかねない
ドイツ政府も頭抱えているんだと




​↑The Move「Useless Information」

​奇才ロイ・ウッドは多くの名曲を残したけど成功はしなかった
​(そこんとこワシと似ている。才能ぢゃなくて売れなかったところ)
​ただこのバンドは後期にジェフ・リンが参加しELOに改名
​1枚出したところでロイは脱退
そしてジェフがリーダーシップをとってスターダムに上り詰めていく
​ワシが思うにジェフは世渡りが上手くて
ロイは下手だったんだろうな
だからと言うわけではないんだがワシはロイのほうが好きだ
​トッドと同じくらいリスペクトしている
​(近日中にこの曲をアップ予定)
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3769

トラックバック

▲top