Hisashi Shirahama Official Blog


<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 北にも戦後補償 | TOP | 高度プロフェッショナル制度 >>

2018.05.13 Sunday

夏間近

JUGEMテーマ:健康

↑東京 2:00 p.m 曇り 外気温21℃ 無風


米製大型無人機ガーディアン

長崎県壱岐地方で試験飛行が繰り返されている
​カメラボールが映し出すのは無数の北朝鮮の違法操業船
​ついでに普賢岳や原発まわりをグルーッと旋回

政府は「民生用!」と言い張っているが
もうこうした言い訳は通用しない
正直に言えばいいではないか
​将来的には機関砲を積んで
​発砲してくる北朝鮮、中国船への対抗措置だと
​線量計積んだり火山の上空を撮影するのが主たる目的なら
大型機である必要もあるまい

​現政権の常軌を逸した嘘に国民はうんざりしている
正直に説明したほうがよっぽど
国民の理解を得られると思うんだが
​ワシも別に反対ぢゃないよ
​オスプレイ1機へらしてこっち買ったほうが
​使い道多そうな気はするけど
​九州方面の火山活動も活発化しているようだし
​孤立した村民を救助出来ないにしても救援物資は送れるだろう




​↑G・アトミックス社製ガーディアン 全長11M 航続距離24時間 最大高度1.1万M

​これのおよそ1.5倍のグローバルホーク(グラマン社製)は完全軍事用
​2020年度より三沢基地に​配備されることが決定

​軍事費は第二次安倍政権になってから年々増加している
​「GDP比は変わらない」と言うのが政府の言い分だが
​福祉関連は次々に減らされているんだから
​せめて買うときに値切るくらいのことはしてもいいんぢゃないか!?
​なにより世界一のお得意さんなんだからさー
日本だけが最高値で売りつけられて、挙句1割の事務費
​それを切り上げて支払い納入後に差額を返済するという
ムチャな契約内容だが差額が返済されたことは一度も無いらしい

何故か
GDP比1%を超えた分を翌年度に繰り越しているからだ
​「ツケを払ってくれんと返さんよ〜」と
では清算したら戻ってくるのか?
今度は
「利子です〜!」
​で結局踏み倒されるとゆー仕組み

​ツケ払い額は2023年度までは某紙で読んだが
​政府が隠す借金を足して5で割っても
​その金額は民主党政権時のほぼ倍額だから
安倍政権時はGDP2%の予算を軍事費に充てていたことになる
​次の政権が5年間弾一つ買わなくても例年同額の軍事費が
借金のツケとして消えていく
​勿論我々がコツコツ働いて支払った税金が、だ

余談だが2016〜2020年の在日米軍思いやり予算はおよそ1兆円(133億増額)
安倍政権でいいと思っている若者の気が知れない

 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3780

トラックバック

▲top