Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 国民不在国会 | TOP | 昨夜はDay Sweet Live >>

2018.07.20 Friday

酔っぱらって・・

JUGEMテーマ:音楽

ARB - Happiness

今ではライブでテープ同期なんて当たり前だが
当時は滅茶苦茶に批難された
一番大変だったのはドラムのキースだったと思う
彼だけがイヤフォンでクリックに合わせてビートを刻んでいたのだから
30年経って冷静に聴いてみると
何であんなに悪口言われなければならなかったのか
甚だ疑問だ
ディランもエレキギターを持っただけで大ブーイングを浴びた
そして彼が狭量なファンに言ったのは

「変わり続けることがロックなんだよ」

あの頃は全く受け入れられなかったが
今こうして観ると結構イケてるんぢゃないかい!?

 


コメント

この作品(アルバム)が出た当時は、かなり賛否両論が有ったと、お聞きしますが、あの時代のARBファンは変わり続ける事を良しと思わなかった人達が多かった様な気がします。
白浜さんが参加されてからの最初のアルバムを折り曲げて事務所に送りつけた一部のファンの話しが有りましたが、今だに初期のパンク時代のARBに固執し、それ以降を絶対に受け入れないファンも回りにいますしね。
自分としは80年代のNWやデジタル系も色々聴いていた為、白浜さんが参加されてからのARBには、何の違和感も無く聴いていましたし、逆に昔のARBを知る(聴く)切っ掛けが白浜さんでした。
それから初期〜中期のARBや再結成期も良く聴きましたが、何だかんだ言われていても、それまで有ったARBの音楽的幅が、色々な方向に大きく拡がったのは間違いなく白浜さんが入られてからだと私は確信しております。
そう言えば今日は、その白浜さんをARBに誘った御本人の生誕日ですね。
2018/07/20 12:00 PM by YUKIHISA
YUKIHISAさん、Thanks! 勇気もらいました。
凌さん、7月でしたね。彼との不仲説については否定しませんが、彼の書く詩やボーカル、ライブパフォーマンスに不満を感じたことは一度も無かった。これだけは言えます。
2018/07/21 10:08 AM by H.Shirahama
 オールナイトフジで、初めて聞いたような気がします。久さんが参加してからのARB。
 「あ、同期・・・。」と思って見てました。かっこよかったなぁ。当時録画したビデオが倉庫の奥深くにあるような気がします。

 僕は、その時代その時代でARBには名曲があると思っているリスナーです。だってキーボードがいた時代の。「アレキサンダーラグタイムバンド」の頃から聞いてますから、4人になったARBを見た時の方がショックでしたからね(笑)
2018/07/22 8:31 PM by ufocluv(k)
Thanks, ufocluvさん!
30年も前なんですねぇ、びっくりです。
2018/07/23 12:01 AM by H.Shirahama
自分が当時16歳。1990年の野音と代々木。
あの衝撃以来、自分の人格がかなり形成されました。一緒に聴いてた親友達も。
可能性がゼロでは無い限り、凌、久、猛、キースのARB再結成を夢見て。
2018/07/26 12:55 AM by 梅田

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3882

トラックバック

▲top