Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 髪を切る | TOP | 台風接近中 >>

2018.09.29 Saturday

日米貿易協議

JUGEMテーマ:経済全般


東京 11:00 シトシト雨 19℃


TAG

日本の新聞は
「2国間の物品貿易協定(TAG)の交渉を開始するとともに
北朝鮮の非核化に向けた協力を継続することで合意」

と報じている
が、ワシントンポストやAP通信はじめ多くの大手メディアは
「アベはトランプに屈し自由貿易協定(FTA)を受け入れ」
の見出し
NHKは「農産物に限定したTAGでそれ以外の交渉はしない」
と、欧米プレスの報道を否定した

だが日米の共同声明はこうだ
「日米物品貿易協定(TAG)について、また他の重要な分野(サービスを含む)で
早期に結論が生じるものについても交渉を開始する。
日米両国はまた上記の協定の議論完了の後、他の貿易、投資についても交渉を行う」


日本の報道とまるで違う
外国プレスの言っていることが正しい

この共同声明は法的にも効力があるものだ
解り易くいうと、TAG(対象は農産物とクルマ)に限らず
全ての品目について関税見直しを行う(日本製は高関税、米産は関税撤廃)
ということでどこからどうみてもFTAじゃないか

つまり日本政府はメディアを操って国内向けには
「農産物、自動車以外は交渉の対象外」とウソをついたってことだ
それだけじゃない 某紙では「自動車関税を回避した外交手腕」とかなんとか
アベを持ち上げていたが、それはつまり
自動車産業のために日本の農家を犠牲にするってことだろう
こんなことが許されていいのか!?

思い返せばオバマさんからTPP参加を呼びかけられた時に自民党は
TPP絶対反対のポスターを日本中に貼りまくった
(そこには遠くを見つめるアベの顔が)
ところが政権奪取した途端に日本はTPP参加を表明
今度はどうだったか?
アベはずっと「アメリカがTPPに戻るようトランプを説得する」と言い張り
今回の交渉では「FTAには絶対しない。TAGで行く」と大見得切ったものの
結局はトランプの要求を全面的に受け入れてしまった

一体どこが「外交のアベ」だってえの!
アベ支持した自民党員のアタマ、どうかしてんじゃないのか!?

日本の新聞は自動車への関税増は無いと報じているけど
アメリカ中間選挙が危うくなったらどうなるか
トランプのことだ、25%課税に踏み切っても不思議じゃない
個人的には経団連が真っ青になるところを見てみたい気もするが

トヨタの内部留保金は20兆とも40兆とも言われているんだから
25%くらい大丈夫だろうけど
派遣社員を増やして人件費を削ったバチだ
最近の自動車メーカーの偽装事件には目を覆いたくなるが
目先の利益を優先して労働者を大事にしてこなかったことを
しっかりと猛省してもらいたい




↑マイルス「オータムリーヴス」
キャノンボール・アダレイ名義のアルバム「Somethin' Else」のバージョン
ん〜秋だ!
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3980

トラックバック

▲top