Hisashi Shirahama Official Blog


<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 台風接近中 | TOP | Gone Gone Gone >>

2018.10.01 Monday

一過

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京 9:00 a.m 晴れ 28℃ グングン上昇中


台風一過

昨夜の強風でバルコニーのプランターやバケツ、コンテナの蓋が吹き飛び
慌てて回収
ここ数年で最も激しい台風だった


野党推薦の玉城デニー氏勝利

稲嶺氏、仲井真氏と、ここ20年は自民党推薦者が長く君臨
だが4年前の翁長氏と今回の玉城氏当選によって
沖縄県の民意がはっきり示されたのではなかろうか
玉城氏の手腕に期待したい

そーいえばウチの近所にオスプレイが飛来したみたいだけど
気が付かなかったなぁ


アレクサンドリア・コルテスさん

凄い人が現れたもんだ
NYのクィーンズといえば移民が大半を占める地区
(エディ・マーフィー主演「星の王子ニューヨークに行く」
・・ではなにやら危なっかしい街だったなぁ)
そこの民主党下院議員選挙で常勝だったジョン・クローリー(58)を
28歳のコルテスさんが、あっさり破るという番狂わせ

彼女は2016年の大統領選挙でバーニー・サンダース氏の選挙ボランティアを
努めていたそうで、どうやらサンダースさんの後継として期待されているようだ

コルテスさんは労働者階級のラテン系移民
クローリー氏はセレブ白人
選挙資金も桁違い
この選挙はアメリカのそう遠くない未来を示唆しているのではなかろーか

移民に人気がある民主党の印象あるけど
実際思い返してみるとオバマさん以外真っ白シロだもんねぇ
中間選挙、楽しみになってきた


日本の役割

世界をぐるーりと見まわしてみると
トランプ、プーチン、習近平のような
世界を顧みない自国優先(自分優先と言うべきか)政策

その一方でドイツ、フランス、カナダのように
諸外国との協調関係を重要視する国もちゃあんとある

日本(というよりアベ)は間違いなくトランププーチン一派
身内優先で権力を私物化するところなんざそっくりだ

青木理氏はこの状況に
「日本だからこそ出来ることがあるだろう」
と苦言を呈していた
その通りだと思う
アメリカが「世界の警察」でなくなった今
日米地位協定を見直して、アメリカとの関係を
清算する時期に来ているんじゃないかなぁ
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3982

トラックバック

▲top