Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< Gone Gone Gone | TOP | Geoff Emerickという人 >>

2018.10.03 Wednesday

内向き組閣

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京 6:00 a.m 晴れ

昨日は夕方あたりからビールをチビチビやりながら
エヴァリブラザーズのカバーをYou tubeにアップして
録画していたCSI:LVを観ているうちに寝落ち
午前2時に目覚めてしまった
仕方ないから朝刊が来るまで麦焼酎をチビチビやりながら・・・


内向き組閣

朝日一面の見出しがこれ
女性閣僚はひとり、それも片山さつきときたもんだ
石破派からもひとり
これはまぁ党内外の雑音封じのためだろう

政権トップがろくでもない人間だから
後は推して知るべし
興味も失せたわい

沖縄県知事選のアベの感想がふるってたな
「真摯に受け止める」

菅は
「辺野古基地建設に変更はない」

これのどこが真摯だってえの!
民意は黙殺するってことだろ?

共産の小池氏が面白いこと言ってた

「安倍氏の言う真摯な態度は聞き流すってことだ
いい加減、真摯のバーゲン売りは止めてもらいたい」


アハハ


天王星

あんまし人気のある惑星ぢゃないよーな・・・
ふと読んだ記事でちょっと興味が湧いた

直径は地球の4倍
公転周期は84年
地軸は公転軸に対しておよそ直角

とゆーことは地球に当てはめると
北半球はずっと昼で
南半球はずっと夜
・・ってことか・・・

もし大気があったとしても
こんな星には住みたくないな

もし地軸が地球と同じだったとしたら
そして日本と同じ位置に住んでいたとしたら
四季はそれぞれ21年づつだから
春に生まれたらラッキーだよな
幼少から高校時代までを春の穏やかな気候で過ごし
大学から30代は情熱的な夏で恋とマリンスポーツを満喫し
中年期は落ち着いた秋で研究に没頭し
冬に死期を迎える

だが間違って晩秋にでも生まれようもんなら
人生最悪だ
10代を極寒の中で過ごさにゃならんのだから



↑ エラ&ルイ「ニューヨークの秋」

ビリー・ホリディ、シナトラ、チェット・ベイカー
どのテイクも素晴らしいけど
エラとルイが唄うバージョンを聴くと
死ぬまでに秋のニューヨークに行かないとな
・・と思ってしまう
セントラルパークをこの目で見ずして
この世を去ってなるものか、と
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3984

トラックバック

▲top