Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 改憲まっしぐら | TOP | 夏日もどる >>

2018.10.06 Saturday

ノーベル平和賞

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 東京 0:30 晴れ 東京だけ毎回被害を免れている 申し訳ない・・・


ノーベル平和賞

クルド出身のナディア・ムラド氏、コンゴ医師デニ・ムクゲさん
お二人とも凄絶な人生を送っておられる
ナディアさんは先月婚約されたそうでダブルの幸せにさぞ・・・
というのでもなさそうだ
レイプが半ば常習化している国でも性被害者への風当たりは相当なものらしい

鉱物資源が豊富なコンゴでは利権の奪い合い激しく
兵士確保のために多くの女性が拉致されているという
デニさんはそうした性被害に遭った女性のケアと並行して
世界各地で講演を行い、広い支援を求める
また鉱物資源の国際取引を強化することで
組織的な性犯罪を封じ込めるよう取引国、国連に提訴

宗教規範が国際法より上だとやっかいだな
娘は親の所有物だから口減らしに身売りされる
日本も昔はあったから偉そうなことは言えないが
夫の虐待に我慢できずに実家に逃げ帰った娘の
鼻と耳を削いだ暴力夫は何の咎も受けず
また先日は虐待死寸前のところで反撃し
夫を殺した若妻が死刑になって欧米社会を騒然とさせた

戒律を変えるのは一朝一夕にはいかないだろうから
被害を減らす具体策、女性を保護するための法整備が急務だろう
虐待や拉致から病院に逃げこんでも親が奪い返しにくるから
親や夫でも手出し出来ない駆け込み寺が出来ないものか
またアラブやアフリカ諸国に公衆トイレが少ないのも
レイプ犯罪の要因になっている
人の絶えない場所にしっかり鍵が掛かる女性専用のトイレが
普及すればそれだけでも随分と犯罪防止に繋がるんではなかろうか

それにしても・・・
ノーベル平和賞はおれのもんだ〜と公言したトランプも凄まじかったが
直前に降って湧いた南北首脳の受賞有力のニュースにはもっと驚いた
んなワケないでしょ




↑ Gri said,「世間様は騙せてもオレの目はごまかせニャーぜ!」
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/3989

トラックバック

▲top