Hisashi Shirahama Official Blog


<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 日ロ平和条約 | TOP | 羽生結弦は凄い >>

2018.11.17 Saturday

ネコを正式に引き取る

JUGEMテーマ:ねこのきもち



ネズミ捕り器にドハマりして保護施設に収容され
縁あってウチで預かることに。
あれから1週間
今日は保護施設に連れて行き
正式に譲渡契約をしてきた(フワ〜眠い。久々の徹夜明け)
病院の治療費やら何やらを清算して
書類を作成して
「色々お世話になりました。じゃ!」
で、今日からこの子は白浜みかん



↑みかんの食事 1週間のトライアル期間中はセンター指定の御飯

乾燥フードはレンチンして柔らかく砕いて、それに人肌に温めた子猫用の栄養食を混ぜる。
日に4回だから、28回ずっとコレだったわけだ。
今日からは何食べさせてもいいっちゃいいんだが、もう暫くは離乳食でないとダメらしい。
全く・・・近頃の若けぇモンはヤワぢゃのう

でもま、同じものばかりぢゃ可哀そうだから、帰りがけに色々と違う味、食感のものを買ってきた
人間と同じものを食べさせると早死にするらしいけど
刺身とか、ウナギとか、ステーキとか食べさせたいぢゃないか
それで寿命が多少短くなってもそっちのほうが幸せなんとちゃうか!?

人間の考えだとそうなるが、猫にとっては有難迷惑なんだとか
ん〜つまらんな・・・食わせたいな・・・刺身・・・・



↑クルマの中で泣きっぱなしだったみかん 家に戻ってホッとしたご様子



↑ お〜い、メシはまだか〜? メスのくせにどっから見ても中年オヤジにしか見えん

 

コメント

昔、40年以上前は猫にも人間と同じものを食べさせてましたが、わりと長生きしてましたよ。野菜や豆腐、卵焼、味噌汁かけご飯や刺身や焼き魚の残りを好んで食べてました。お菓子も平気で食べてましたね。ペットを飼う資格なしと怒られちゃいそうですが、当時はそこまで余裕がなかったのだと思います。今みたいにペット用品も充実してない時代でしたしね。

あと、今では考えられないことですが、外にも出してました。空腹に耐えられず、ちゃんと帰ってくるんですけどね。

ワイルドでしたね(笑)
野良犬や野良猫が街にあふれかえっていた時代の話です。
2018/11/18 7:01 PM by BON
チョコとかケーキ食べるワンコもいましたねぇ。
外で遊ぶもんだからノミとか、大変だったなぁ。
良くも悪くも動物には大らかだったよーな・・・
2018/11/18 8:03 PM by H. Shirahama

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4049

トラックバック

▲top