Hisashi Shirahama Official Blog


<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< ダイエット11日目 | TOP | ダイエット12日目 >>

2018.12.12 Wednesday

雪?

JUGEMテーマ:音楽



東京は現在3℃ 山沿いは雪に変わりつつある ボクの街は大丈夫


先月、ギターダビングをやった田中ミツルくんのCDが届いた

速いなぁ・・・
昔は半年以上経って、すっかり忘れた頃にサンプルが送られてきてたものなぁ
送ってもこない不届きものもいたけど。。
6曲入りで4曲ばかり、しかも間奏だけ
僕にソロだけ頼むのって凄く珍しい
過去に2回しかない。
一つは一郎さん
ARBの終わり頃、東芝EMIに移籍してレコーディングしてたら
同じビル内にあるスタジオで一郎さんがやはりレコーディングしていて
「何かの縁だ、弾く?」と言われ参加させて頂いた
もう一つは森脇健司さんのファーストシングル
プロデューサーが誰だったか忘れたけど
「ボーカルを邪魔するようなソロをアタマからケツまで弾いて下さい」
と、一風変わった要望だった。
気を失う寸前のカート・コバーンみたいなハウりっぱなしのギターを
3分間弾きまくった
あれ、どうなったのかなぁ・・・サンプル貰った覚えがないんだけど
ちょっと聴いてみたい気もする

ミツルくんとの出会いは彼のデビューの時、30年くらい前かな
彼が所属するアミューズからの依頼で曲を提供した
それ以来ずっと会ってなかったから
APFの小嶋氏からオファー貰ったときは本当にビックリした
その後小山卓治から「レコーディング手伝ったんだって?」と言われ
「何で知ってんの?」と尋ねると今年、小山くんはミツルくんと博多で
ジョイントライブやったとか
世界は広いようで、意外と狭い


陪審員制度の真価が問われる時だ

東名あおり事件の判決は
検察と弁護側の主張は見事に真っ二つに割れたまま
この金曜に判決が言い渡される
しっかしなんでこういつも180度異なる解釈になるのかね?
検察の懲役20年に対して、弁護側が15年に減刑ってのなら解るよ
23年と無罪で割れる裁判て、どーよ!?
こういう時のために陪審員制度を導入したのではないか!?
法解釈はさておき、市民感情でいえば
危険運転致死、監禁において有罪は明白

有罪か無罪かを陪審員が決めて量刑を判事が決めるアメリカの
陪審員制度と、日本のそれとは随分違う気がするな
金曜の判決次第では、陪審員制度存続の是非について
あらためて審議したほうがいいと思うな
だって国民の大半が「死刑が相当」と憤った事件なのだから




↑みかんはスタバの袋がいたく気に入った様子
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4091

トラックバック

▲top