Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< オリオン座が南の空に | TOP | 民主主義の死 >>

2018.12.14 Friday

辺野古工事再開

JUGEMテーマ:戦争・紛争


↑ 東京 2:00 p.m 快晴

ダイエット14日目:およそ1ヶ月ぶりのジョギングに出掛ける 体が軽い


辺野古埋め立て再開

政府の強引なまでの工事強行とアベの「県民に寄り添う」との言に
整合性を見出すことは出来ない

話が普天間と辺野古に集中しがちでついつい忘れがちだが
その他にも極東最大規模の嘉手納基地
それにキャンプシュワブ、キャンプハンセン、キャンプコートニー等のキャンプが6つ
その他弾薬庫、給油所がいたるところにあり
総面積はおよそ2.3万㎢
全国の米軍基地の74%になる

今日、政府は2022年の普天間返還をアッサリと撤回した
アメリカの出した返還条件が「普天間以上の規模の基地との交換」
である以上、辺野古基地が完成するまでは戻ってこないだろう
辺野古の実働可能な時期は13年も先だ
その頃、極東情勢がどうなっているかなんて
誰にも判らんのじゃないか!?
にもかかわらず悪しき日米地位協定をずっと維持していいものか
甚だ疑問だ

そもそもだよ、アベの言う「中国、北朝鮮の脅威」が危険レベルにあるなら
なおの事、沖縄1か所の異常な偏在は危ないんでないかい?
あそこが叩かれたらお終いぢゃないのさ
硫黄島ならすでに滑走路があるし朝鮮半島からもやや離れている
尖閣にもフロート式の滑走路つくることも不可能ではない
日本国民全員の問題なのだ、九州、本州だって当然検討すべきだろう
選択肢が沖縄しかないなんて言い草は結局のところ
それを米国が望んでいるからに過ぎないのだ

それに選択肢と言うなら、日米同盟破棄して日本が本格的な専守防衛の
道を行くことだって当然テーブルに上げて、国民に問うべきだ
アメリカと同盟を組まずして頑張っている国は他に沢山あるぢゃないか
大事な問題だ
自公だけに勝手に決めさせるなんてじょーだんぢゃあない

メディアの扱い、どうなっている!

さっきTVつけてびっくりしたんだが、辺野古問題はテロップで流れた程度で
各局東名あおり事件をトップで伝えている
しかも時間をかけて。
まぁそれも仕方ないかなとは思う
藤井聡太くんの100勝も目出度いニュースだし
ファーウェイのバカ娘逮捕がより深刻な外交問題に発展する危険性もあるだろう
だが、辺野古の工事再開がそれらの下位に置かれているのは正直ハラがたつ
どう考えたって同じくらいかそれ以上に重大事ではないのか!?
これは明らかな政府による情報操作
東名事件判決の日に工事再開ってのも偶然ではない気がする




↑ いつのもジョギングコースを外れたところにある神社
この石段を往復すると太ももがパンパンになる
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4097

トラックバック

▲top