Hisashi Shirahama Official Blog


<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 小晦日 | TOP | Good bye 2018, Hello 2019 >>

2018.12.31 Monday

大晦日

JUGEMテーマ:ねこのきもち


↑ 平成最後の大晦日 11:00 a.m 快晴 5℃ 明け方は今シーズン初の氷点下を記録

ダイエット31日目:9キロ減 体脂肪は20%を切った(どんだけ食っちゃ寝生活送ってたんだ!?)


2018年てどんな年だったんだろうか

スポーツ界のパワハラ、子供の虐待死、豪雨災害に胆振東部地震
そして辺野古埋め立て強制執行
民主主義の終焉を平成と共に見送ることになった

1921年、ムッソリーニが結成したファシスト党は
「電車を時刻表通りに運行させる」というアホらしい公約で
第一党に躍り出た。
独裁政権に傾いていったのはその後だ

ナチ党だって前身はドイツ労働者党
その後ヒトラーが国家社会主義ドイツ労働党に改名
Nationalsozialistのアタマ2文字と後ろの2文字をくっつけた略称のNaziが
いつの間にか独り歩きして、ヒトラーの名とセットで
反ユダヤ、反共主義の代名詞になってしまった

20世紀独伊の独裁化は国民の大多数に熱狂的に受け入れられ
それは起きるべくして起きた。
それが自然のプロセスであるかのように。
今の日本と80年前の二つの国で起きたことの共通点を
炙り出すのは容易い。
日本の民主主義は綻びだらけになってしまったが
国民の手に再び戻す機会は辛うじてまだ残されている。
2019年はそんな年で会って欲しい

天変地異は免れないが、政治家が襟を正せば
一連のスポーツ界の不祥事、大学の不正入試、失墜した司法
これらも追い追い改善されることになるのだ


個人的には・・・

僕は靴下が嫌いで真冬でも家では絶対に履かなかった
が、今シーズンからとうとう着用するようになった。
いくらエアコンの温度を上げても足元は頭部ほどは
暖かくはならないからね
とうとう白旗上げて防寒用の室内履きを試してみたら・・・
ムチャ快適!
でもなんだか・・・この敗北感はなんだろう・・・

そして家族が増えた
出来た嫁と、チャトラの猫
「日頃の行いが良いからだ」
と胸張って言いたいところだが・・・
来年はもっと真面目に生きよう



↑ 今日はファンヒーターの前で昼寝



↑ 日に日にデカくなるなぁ
 


コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4121

トラックバック

▲top