Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 医学部不正入学、どうなった!? | TOP | 勤労統計 >>

2019.01.11 Friday

国交断絶だな

JUGEMテーマ:戦争・紛争


↑ 東京の夕暮れ 5時頃


文ジェインのアレ、なんだぁ!?

「日本の政治指導者らが政治的な争点とし、論争を拡散させているのは
賢明な態度ではない」
「二国間の不幸な歴史は韓国政府が作り出したものではない」
「日本はもっと謙虚になれ」

そりゃまぁアベ政権は謙虚(とゆーか正直)になって欲しいけどさ。
国際法違反は明らかに韓国だ。
日韓基本条約を踏みにじるつもりならそれでも構わない。
ならば日本が支払った賠償金を利子付きで返して頂いて
もう一度戦後処理をやってはどうか?
どうせ決着などつかないだろうから
国交断絶も仕方ないのではなかろーか

韓国の論理(?)でいうならば
長崎・広島の被爆者、遺族たちだって
アメリカ政府に対して訴えを起こす選択肢もあっただろう。
だが彼等は友好の橋を築くことを選択した。
子供や孫に憎しみを継がせない道を選んだ。
そういうことだ

こーゆー言い方をするとカドがたつけれど
南も北も、考え方がまるで同じじゃん。
一卵性双生児というよりクローンだな。
何で分裂しとるん?





↑モーツァルト「レクイエム」 by カルミナ四重奏団

第二バイオリンのスザンヌ・フランクさん(左から2人目)は一昨年の秋に亡くなっている
この映像は2014年だが既にスザンヌは治療の真っ最中
だが彼女が一番アグレッシブにプレイしている(ように見える)
翌年には来日も果たしたけどコンサート自体は酷評だったと記憶している。
健康面の不安を抱えたまま演奏会を続けることの是非は人それぞれではあるけれども
日本で最後の演奏になってしまった彼女のプレイを見逃してしまったことを
今になって悔いている
たとえそれが全盛期のパフォーマンスでなくとも
きっと心打つ何かを受け取れたのではないか、と。
合掌・・・
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4133

トラックバック

▲top