Hisashi Shirahama Official Blog


<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 追い込み中 | TOP | 受験生、お疲れさん >>

2019.01.19 Saturday

ひとつ前の戦争を戦う

JUGEMテーマ:政権与党について


↑ 東京 10:30 a.m 快晴 7℃


将軍達は一つ前の戦争を戦う

・・・は今日の天声人語に載ってた格言
誰に言っているかというと勿論アベ政権
そして原発メーカー(日立、三菱、東芝)と経産省。
此度のイギリス、トルコへの原発輸出大失敗を猛烈に皮肉った言葉だ。

(以下原文より抜粋)
「2000年代、スリーマイルとチェルノブイリの事故の記憶が薄れ
世界で原発ルネッサンスが巻き起こり
日本も官民あげて原発輸出に躍起になった。
東日本大震災の後もあろうことか旗を振り続けた」


福島の実態を目の当たりにして、世界は反原発に大きく動いた。
原発事業に大きく依存しているフランスでさえも縮小に舵を切っている。
当然、安全基準は厳しくなり価格は高騰
事故後の補償の難しさは日本が手本を示した通り
「原発は割に合わない」が世界の新基準になっているのだ

そもそもだよ、故郷を永久に失った人の気持ちを
少しでも考える人間らしい感情があるのなら
あんなものを売り込もうなんて気にはならないと思うんだがなぁ。
「海の向こうで何があっても関係ない」
というのが政府見解(だからアベだよ)のようだ

アベと仲良しの日立会長の中西は経団連のトップでもある。
英国への売り込みによっぽど自信があったんだろう
「外交のアベ」の後ろ盾もあるし、と。
だが、福島第一原発の4号機は日立製
今回売り込んだものは同タイプのものだったと聞く。
んなもん、悦んで買うバカがいるわきゃねーだろ

中西会長は最近「海外で売れなければ国内で」と方向転換
「原発再稼働をどんどん進めるべきだ」
と、とんでもない発言をしている(が、大した騒ぎになっていないのはどーゆーことだ!)
このアホの脳ミソは20世紀以降働いていないようだな。
日立が第二の東芝にならなかったのは大変けっこーなことだが
こんなんが会長やってたら先はないな


小山卓治×白浜久 Live at Harness

日時:1月26日(土) 開場 18:00/開演 18:30
会場:Harness(阿佐ヶ谷)
出演:小山卓治、白浜久
チケット:前売¥3.000 / 当日¥3.500(各1D別 / 整理番号なし)
※harness店頭のみ(電話 or メール)

詳細:オフィシャルInformation:http://pandars.net/news.html
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4144

トラックバック

▲top