Hisashi Shirahama Official Blog


<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 灰色の水曜日やぁ | TOP | 空振った米朝会談 >>

2019.02.28 Thursday

ウソはついたが隠蔽ではない!?

JUGEMテーマ:政権与党について


↑ 東京 11:00 a.m 雨 7℃


最後の冬の日

これまで何度となく示したことだが・・・
僕にとって冬は12月1日に始まり
2月末日で終わる。
2月28日という日がどんなに暑く
3月1日がどんなに極寒であっても
今日、冬は終わり
明日から春が始まる。
大地は轟き、木々は歌い
海は割れ、人魚達は踊る
そして冬将軍は静かに去って行く


組織的隠ぺいを否定

昨日の特別監察委員会の調査報告
納得した国民はどれくらいいたんだろうか?
そもそもこの特別なんちゃら、政府は第三者委員会と主張するが
トップの樋口なにがしは厚労省から補助金を貰っている
外郭団体の親玉だ
そんなもん内部委員会となんら変わりないぢゃないか

1回目の報告書は審議官やら官房長やらが聞き取りして拙速に出したものだった
(1週間で解散した)
アレも特別監察委員会の名を冠していて
根本は「これは第三者委員会だ」と言い張っていたが
親兄弟が従兄弟に変わった程度の違いで
とても第三者の公平公正さを担保されるものではない

本題に戻るが、樋口の言い草はこうだ
「虚偽はあったが、隠蔽ではなかった」
は?
ウソというのは事実を隠すためにつくもの、と理解しているんだが・・・
事実を隠さないウソってどんなものなのか??
しばらく考えてみたんだが
事実に反しないものは真実になってしまうからこの命題は「疑」になるのよね
A→Bを数学的に証明するならば
notB→notAを証明すればいいからつまり
「隠蔽ならば、虚偽ではない」を証明すればいい
これは「真」か「疑」か?
真のワケないわな
以上証明終わり(QED)
樋口の報告が論理的に破綻していることが白日の下に晒された
(記者さん達にはここを突いて貰いたかった)

そもそもだよ、アベノミクス偽装の疑いが濃厚なのに
何故厚労省は第三者委員会の設置を頑なに拒否するのか?
そしてとっくに出て然るべき修正版数値を出さないのか?
それは偽装が「真」だからだ
総務省の文書ねつ造も明らかになった
が、いまだに責任問題は都合よくバケツリレーのごとく
右から左へヒョイっと回されていく



↑ 昨夜、おやつ抜きの刑は解除


4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001




詳細:http://pandars.net/news.html

白浜久プロジェクト2019Twitter:https://twitter.com/project_hs  

 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4196

トラックバック

▲top