Hisashi Shirahama Official Blog


<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 春爛漫 | TOP | 春雨や >>

2019.03.15 Friday

花粉舞う 2.5も舞う弥生かな

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 自宅駐車場に植えられた早咲きの桜 今日も東京は快晴 4月中旬並みの暖かさ


crime? sin?

以前も書いた記憶があるんだが・・・
法律上の罪(crime)と道徳上の罪(sin)の区別がどうも・・・
日本人は苦手のようだ
キリスト教圏では子供の頃から教会で道徳的(宗教的)罪について
繰り返し聞かされているせいなのか
そこいらはキッチリ分けられている(ように見える)
そしてそれによって背負わされる量刑(guilty)は
時に逆転もする(勿論日本においても情状酌量はあるけど)

何のことかとゆーとピエール瀧氏の此度の事件のことだ
彼の出演作品の殆ど全部の差し替え、回収、放映禁止
コンサートの中止のニュースが大々的に報じられているが
ウッドストック世代の僕は少しばかり違和感を感じてしまう
何故なら彼がコカインを吸引したことで、彼自身と彼の作品が
社会的に完全に抹殺されるのだとしたら
クラプトンやタウンシェンドは死刑にならなければ釣り合わない
キース・リチャーズにいたっては100回くらい火あぶりになってもおかしくない
だが彼等の作品は一度も廃盤になることもなく
国賓級の扱いで日本公演を続けている

余談になるが電気グルーブがデビューしたての頃、テレビ神奈川の某番組で
御一緒したことがあるので(司会が高城剛さんだった)
彼のこともよく憶えている
僕はARBが解散し、東芝EMIにソロ移籍した直後だったから
けっこうエラそうにしていたのかもしれないな
年若い彼等のほうがよっぽど礼儀をわきまえていた

話戻るが、欧米のドラッグに対する寛容さが素晴らしく
日本のそれがダメだと言っているのではない
そこには民族的、宗教的背景があって
モラルを刑罰で見張らないとダメな人種なのだろう
高度に成熟した社会ならば、ルールは減っていく筈なんだが
逆にどんどん増え続けていってる
情けない話だよなぁ



↑ 近所の植木屋の守護神(かな?)ちょとコワモテのトトロ



4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421

5.17 白浜久プロジェクト2019 日々是響音元年東京編 at ShowBoat

プレイガイドにて発売中
ローソンチケット Lコード:70906
イープラス購入ページ:https://eplus.jp/sf/detail/2859260001-P0030001




詳細:http://pandars.net/news.html

白浜久プロジェクト2019Twitter:https://twitter.com/project_hs  

 

コメント

ほんとうに。
NHKで瀧さんの出演映画が洋画に差し替えになって、その洋画には薬物の過剰摂取で死亡した俳優が出ていたって風刺漫画みたいなコトもありましたね。翌朝またNHKで今度は一週間のニュースをまとめて放送する番組がトップで瀧さんの話題、電グルのパフォーマンスの映像を流していました。虚構であるドラマや映画の瀧さんを削除してニュースやワイドショーではせっせと映像を流し続ける、なんて無意味なことをしているのでしょう。放送現場の人たちも不毛な作業だと思っているはず。

私は、判断するのは消費者視聴者個人であるべきだと思います。誰も買わなければ見なければ自然に消えて行くのだし。
子供への影響っていうのもね。子どもってそんなにバカじゃないし、考える良い機会でもあると思うのです。
松本仁志のドーピング発言には呆れました。表現者の発言とは思えなかった。パフォーマンスの出来不出来が薬物の賜物かどうかなんて一体誰が正しく判断出来るんでしょうね。
長々と書いてしまってすみません。あまちゃんの再放送がもう見られないかと思うと悔しくてならないのです。どこかで吐き出したかった気持ちがここで出てしまいました。コメント削除しても構わないです。
日本のテレビは近い将来北◯鮮国営テレビみたいになるかもしれないですね。





2019/03/17 8:23 PM by ようこ
Hi, ようこさん!
まったくもって同感です。NHKは年々ヒドいことになってますよねぇ。ホント、中国や北朝鮮を笑えなくなってきました。
2019/03/17 11:55 PM by H. Shirahama

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4219

トラックバック

▲top