Hisashi Shirahama Official Blog


<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 気温はジェットコースター並みの乱高下 | TOP | 静かな休日 >>

2019.04.13 Saturday

春戻る

JUGEMテーマ:自然と共に生きる


↑ 東京 10:00 a.m 快晴 16℃ エアコン要らずの1日になりそうだ


ライブまであと1週間

プロジェクトの録音が一段落して
これから来週土曜のBeat Crossingに向けてリハだ
ボケっとしていると1週間なんてあっという間に過ぎる
(小学校の頃の1週間は今の10年くらいに感じたもんだが)
周りの仲間、知人のアーティストらは年間50〜100本くらいライブやっているけど
僕にはとても真似できない
彼等とどこがどう違うかというと、大抵の人はサポートミュージシャンとして引っ張りだこってことかな
僕はというと21世紀でサポートやったのなんてサイコデリシャスだけで
それ以降は一切やっていない
まぁやりたくてもこればっかりはね、オファーが無い限りどうもならんし
なにより性格が向いてないらしい
自分ぢゃそんなこと露ほども思っちゃいないんだけどね



↑ エルビス・コステロ「Ship Building」

アトラクションズ名義で1983年にリリースしたアルバム「Punch the Clock」に収録され
日本でのみシングルカットされた
コステロ個人は英国で出したかったんだろうけど
内容がフォークランド紛争に関してだったから断念したようだ
だがアルバムは大ヒット
チェット・ベイカーが参加していることでも注目を浴びた
余談になるけど2008年に出した「Momofuku」というアルバムタイトルは
先月までやってた朝ドラ「まんぷく」のモデルになった安藤百福からとっている
面白い人やね、コステロって
ちなみに「まんぷく」は久々に面白くて飛び飛びで観ていたな
(今やっている「なつぞら」は録画して観ている)



4.20 Beat Crossing #02 at ShowBoat

出演:白浜久、The Kids、The Leathers
ローソンチケットLコード:74421
   

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4252

トラックバック

▲top