Hisashi Shirahama Official Blog


<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< あったまくるなぁ・・ | TOP | プロジェクトライブ >>

2019.06.17 Monday

諦めた

JUGEMテーマ:音楽




1日無駄にしたわい

結局、cubase pro10もreasonも
和解案に応じず
どちらを捨てるかというと・・・
古いバージョンのreasonてことになるんだろうな
ま、フジロックが終わるまでは封印しとこう


Seven come eleven

↑はベニー・グッドマンとジョージ・ベンソンの7 come 11
二つのサイコロを振って足して7か11になれば勝ちとゆーゲームが
題名の由来らしい
この曲を最初に聴いたのはチャーリー・クリスチャンのバージョンだけど
ベンソンのプレイも凄まじいな

グッドマン人気が沸騰したのは1930年代
黒人の地位は恐ろしく低い時代ではあったけど
グッドマンはクリスチャンはじめライオネル・ハンプトン、テディ・ウイルソン
腕さえ達者ならすすんで黒人プレーヤーを起用した
もし僕が差別する側にいたとしたら
そんな勇気があっただろうか?
グッドマンでさえ何度となく危ない目に遭ったに違いないけど
その信念は決して揺るがなかった

こんな時間(午前3時)にグッドマンとクリスチャンが遺したアルバム
「The original guitar here」を聴いていると
「あ〜あ、60年間、何やってたんだろ!?」
って気分になる
ホント、クリスチャンのギターって
「これがあればあとは何も要らない」って思ってしまうほどだ

そーいえば村上春樹氏のジャズについて書いた著で
「ウエス・モンゴメリーが登場するまで、クリスチャンを越えるジャズギタリストは
(独創性において)ただの一人もいなかった」
と明言していたけど、なるほどなぁと納得してしまう
余談だけどブライアン・セッツァーってクリスチャンフリークなんだそう(知らんかった)
 

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://blog.pandars.net/trackback/4321

トラックバック

▲top